anguishさんの映画レビュー・感想・評価

anguish

anguish

映画(208)
ドラマ(2)

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(2020年製作の映画)

2.3

TVシリーズが衝撃的な終わりを向かえての続き。

01 Ziggurat Capture part 1
02 Ziggurat Capture part 2
03 Rainy day,and

公安局
>>続きを読む

赤毛のアン 卒業(2017年製作の映画)

2.8

「幸せは失うまで気づかない」

14歳になったアン・シャーリーの青春。教職に就くことが夢だった、その夢が現実を帯びていき彼女は進学することに。

わかっていても泣いてしまいます。

「神様は天におられ
>>続きを読む

赤毛のアン 初恋(2016年製作の映画)

2.0

エラ・バレンタイン主演の2作目

日本アニメーション製作 世界名作劇場「赤毛のアン」が好きですと言うことで原作は未読。調べてはいないけどアニメに有ったアンのドジっ子エピソードは網羅していたんじゃないか
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.7

キーワード:ピアノ

☆90歳のゼヴ・グッドマンは介護施設で暮らし、一週間前に妻のルースが亡くなっている事すら忘れてしまう、認知症を患っていた。マックスから一通の手紙を託される。

wiki(情報)は
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.2

★良い噂を聞かなかったからどうかなって観たら、映画よりOVAでいいんじゃないかな😅 くんちゃんが我儘言うと不思議な事が起こる、そして気付く様に導いてくれる、全体的になんか中途半端。キャラクターに固有名>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

2.7

平和を望むら、戦いに備えよ(シ・ヴィス・バケム・パラベラム)

真剣なのに何処かヘンテコなジョナサン・ワールドのCHAPTER3 荒唐無稽なストーリーを楽しめる、怪しさが更に加速する。けじめ、忠誠心、
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

1.3

実話に基づく

◎なんだろう、ずっとぼやっとしていてテーマがあるんだけど見出せない、下手をしたらキーワードを見逃すと何を見ているのか分からなくなって迷子になりそう。後半に施設の事が問題に上がり始めて「
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

1.6

毎回推理よりアクションを重点にしている作品。今回は卓上の話が多めだが結局、大規模な救出と言う名のミッションをやってのける。リアル主要人物の背景繋がりでガ○ダムのネタをリスペクトしたんだろう、もう無茶苦>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

1.8

「手紙を書きませんか…手紙だと届けられるのです、普段言えない心の内も」

戦争で兵士として戦い、両腕を失い名前も無い少女。終結後、愛も知らずただ逢いたい人を想い新たなる人生を与えられ自動手記人形として
>>続きを読む

フロンティア(2007年製作の映画)

1.1

大統領選挙の暴動の最中、5人の男女が現金を手に入れた。先行する二人が国境付近の宿屋に宿泊をする事が凄惨な悲劇のはじまりだった。

☆「悪魔のいけにえ」系のおかしな猟奇的、カニバリズム家族(女性たちの関
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

1.9

名前のエピソード(何となく解っていたけどしょーもない)チューバッカ、ミレニアム・ファルコンとの出合い、カルリジアン(私は紳士なイメージなんだが)との初めての交流が描かれる。

「ローグ・ワン」は本編を
>>続きを読む

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

2.4

キーワード:ペパーミント

◎前半に微妙なキャラクターがいて「あ、こいつ…」って猪口才に視点ずらししてやんの( ;゚ω゚) 不意を突かれた「其処に行くか!?」って言うくらい今までに無い展開、マジなのか
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

1.9

前作が面白かったと思う、キャラクターも内容も薄っぺらい感じがした。お約束は消化しているけど、エヴァンゲリオンにはじまり日本の特撮をリスペクトしているのか演出が見られた。英語圏内で母国語を強行している姿>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

2.5

Marvel Cinematic Universe

偉大なる英雄の轍、託されし者の逡巡
Avengers: Endgameのその後から始まる。スパイダーマンだけが独立した作品ではなく外伝的扱いになっ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

2.7

Marvel Cinematic Universe

●スパイダーマン3代目。
アヴェンジャーズが深く入り込んでいて純粋なスパイダーマンのストーリーでは無い印象、再リブートと謳っているがスパイダーマン
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

1.5

12才の誕生日を迎えたブランドンは猟奇的な行動をするようになる、そして「奪え」と囁きが聞こえる… 

●咎落ちしたスー○ーマン(愛情注いでも本能に勝てないのか)まさにB級映画、突っ込みどころ満載でグロ
>>続きを読む

ロスト・マネー 偽りの報酬(2018年製作の映画)

3.1

日本劇場公開中止

最愛の家族を失ったことで人生の歯車が軋みだす…

◎軽い気持ちで観始めたら予想だにしていない展開で結構楽しめた、シリアスな話で笑いはない、途中「やっぱりな」ってつぶやくかも。

マイル22(2018年製作の映画)

2.1

「後悔するぞ」

◎シルバの病的な早口と嫌味を我慢すれば程よい緊張感があって面白い。敵が形振り構わずで襲ってくるので激しいバイオレス描写となっている。銃撃戦があり、民間人(子供)を巻き込んだりするので
>>続きを読む

アニマルズ 愛のケダモノ(2016年製作の映画)

2.2

1986年にオーストラリアで起きた夫婦による連続強姦殺人事件「バーニー事件」に基く

☆最初に1つの事件を映し出し夫婦が手馴れている様子が伺え、二人の距離感がわかる様に丁寧に描写されていました。ジョン
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

1.7

☆トムは亡くなったギョームの葬儀の為に彼の故郷の農園を訪れる、そこには母アガットと兄フランシスが住んでいた。その夜、就寝中にフランシスは母親に真実を話さず、事が済んだら早々に立ち去るように脅される。>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.3

DC Extended Universe

●灯台守の父と海の女王との子、半海底人アーサー。異父弟アトランティスの王オームの野望を阻止するためにアクアマンの名のもとに戦うことになる。

ほぼCGで出来
>>続きを読む

ノー・マンズ・ランド(2001年製作の映画)

2.0

☆ひょんな事から敵対する2人が中立地帯で一触即発の事態になりその場に釘付けになってしまう、そしてマスコミを巻き込んだ事件へと発展する。

戦争を別の角度から批判。ジャンルがコメディとなっているが前半こ
>>続きを読む

ワイルド・ストーム(2018年製作の映画)

2.9

キーワード:レッドドッグ・オマハ・22

◎ワロタ、パニックムービーだと思っていたらクライムアクションだった。原題が暴風強盗だもんね、ただの火事場泥棒。兄弟の絆らしきものはあるけど行き当たりばったりで
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.4

Marvel Cinematic Universe

プロジェクト・アベンジャーズ
●期待していなかったし、前情報も無しで観ました。
程よく笑いがあり、ほのかな暖かさ有りで深く考えず観れました。視聴者
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

1.8

TSUTAYA先行(2019.07.02)

「その踊りは、死を招く。」

リメイクといってもダリオ・アルジェント版とは違います。サスペンスタッチで主人公スージー・バニヨンを演じたジェシカ・ハーパーも
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

2.7

うーん、前作と違って怖さがあまりなくパーティ要素が強いかな。ゾンビ愛好家には物足りない、皮肉の言い合いになっていてテンションが削がれた。
『マーレる』お見逃しなく!

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.3

ジャッジメント・デイの正当なる続編と言いつつ前作を否定している印象を受けました。この話の時間が正しいのであれば未来は絶望しかないような…T2が完成されていてもう続編を作る隙が無い事が改めて証明されたよ>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.0

Marvel Cinematic Universe

戦士たちの黄昏…
考えていたのとは全く違うストーリーでした、何でもありかなぁって思っちゃった。抜けていたピースが補われる物語。

別れとそれを受け
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

Marvel Cinematic Universe

サノスたんがインフィニティ・ストーンを6個集めて人類の半分を根絶やしにしようとしちゃうけど邪魔が入っちゃって困るストーリー、始めから最後までガンガ
>>続きを読む

A.I.ライジング(2018年製作の映画)

1.0

渋い小父さんが高性能アンドロイドを育成する。

◎登場人物は僅か3人。イチャイチャして、お預け食らわされて泣いちゃう小父さん。映像がチカチカして見辛く、まるでビデオクリップの様にお洒落な仕上がり。映画
>>続きを読む

ストレンジャーズ 地獄からの訪問者(2018年製作の映画)

1.1

◎加害者、特に被害者の次の行動のチョイスがおかしい、視聴者がイライラするために観る映画、兎にも角にも別々に行動したがるのは何故なのか。

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者
https://filmark
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.0

●恋人クリスチャンとうまくいっていないダニーは不幸があり心身ともに疲れていた。そんな時、友人のペレの招待によりスウェーデンの田舎ホルガにダニーを含めた5人で行く事になる。

大きな動きがあるまでは「ど
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

実話に基づく

☆合理的で偏屈な数学者アラン・チューリングが仲間と共にドイツのエニグマ暗号機の解読に挑戦する話。チューリング邸に賊が入られて警察が調査に訪れる所から始まる。アランは何も盗られていないと
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

1.2

☆様々な人たちの生活や行動をシチュエーションを切り替えて話が進んでいく。すれ違ったり、関わったりして視聴している者の心に漣を起こす。時間や出来事、昨日無事だからといって今日あるとは限らない、居なければ>>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

2.9

実話に基づく

アレグザンダー・スーパートランプはアラスカを目指した

☆クリストファー・ジョンソン・マッカンドレスは優秀な成績で大学を卒業するも家族に音沙汰もなく個人を特定するものを全て捨て旅立った
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

1.5

グリーティングカード会社で働くトムは掴みどころのないサマーに一目惚れし交流が始まるが、彼女は友達以上の関係を望まなかった。

★クセのある映画で日付を行ったり戻ったり、光と影をランダムに切り替わってい
>>続きを読む

>|