Vaporwaverさんの映画レビュー・感想・評価

Vaporwaver

Vaporwaver

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

阪東妻三郎から引き継がれる殺陣の文化を三船敏郎が更に昇華し、早川文雄の重厚な音が絵を動かしている。

それもこれもアキラの策略。

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

5.0

恋する女性へ上からたたみかけるような二人称の歌詞はぼくらへのアンセムなのかもしれない。

これと一緒にビースティボーイズのドキュメンタリーもおすすめです😊

里見八犬伝(1983年製作の映画)

5.0

やくしまるえつこ、じゃなくてひろ子さんも綺麗です。

ただ京本正樹さんの殺陣がホンモノすぎてカッコいいです。

昔から歌舞伎や草子のテーマになってきた作品。

ベイマックス(2014年製作の映画)

5.0

ベイマックスと友達になりたい。

もし続編を作るならワサビ・ノ・ジンジャー(日本刀の達人)を登場させてほしい。

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

5.0

70年代後半から80年代にかけて日本各地で作られた「集合団地」に生きる若者をテーマにした作品。

かわいそうなんだけど、腹かかえて笑えます。

濱田岳のイモくささと波瑠のビッチっぷりがツボ♪

恐らく
>>続きを読む

フェノミナン(1996年製作の映画)

5.0

映像に吸い込まれるような不思議な力を持った映画。

大ヒットしたベイビーフェイス作曲の”Change the World”が良く合っている。エリッククラプトンは嫌いだけど

SFロマンスとでもいうので
>>続きを読む

ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜(2010年製作の映画)

5.0

ドイツ文学の名作「若きウェルテルの悩み」をモチーフにしている。

ただ拳銃自殺するウェルテルとは違い、ゲーテは失恋すれば、すぐ違う恋に流れることのできる人物 笑

「しょーもないことで自殺したあかんで
>>続きを読む

不滅の恋/ベートーヴェン(1994年製作の映画)

5.0

通称「月光ソナタ」
彼が恋したジュリエッタ(ベートーベン自身の生徒)のために。

これだけ恋に人生を捧げることができる人間って素晴らしいと思う。

小さいときにこれを観たせいか、自分もやたら恋愛体質に
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

5.0

ティムバートン指揮、なんとプリンスがサントラを担当した大ヒット作。


バットマンの映像化は何度もわたって行われていますが、おそらくオールタイムで一番ヒットしたのは今作ではないでしょうか。

ジャック
>>続きを読む

走れ!イチロー(2001年製作の映画)

5.0

阪神大震災の翌年に神戸のオリックスブルーウェーブを日本一に導いたイチロー。

カジュアリティーズ(1989年製作の映画)

5.0

ベトナム戦争を「バックトゥザ・フューチャー」で有名なマイケルJフォックスとショーンペンを起用し、ブライアンデパルマがメガホンをとった作品。

極限状態の中でどんどん正気を失っていく兵士の描写がリアルで
>>続きを読む

トロン(1982年製作の映画)

5.0

好きすぎて。。
SF好きには定番ですよね。
元祖サイバーパンク!

アラビアのロレンス/完全版(1988年製作の映画)

5.0

スパイとして中東に送りこまれたロレンス。
まるで星の王様のような風貌とは裏腹にイギリスの二枚舌外交と「変わろうとしないアラブ人」達の板挟みにあう。

果たしてロレンスは現在言われるような「裏切り者」で
>>続きを読む

夢二(1991年製作の映画)

5.0

「社会の敵」
「革命家」
「孤高」

今の日本人は「人にどう思われるか」を気にしすぎてる。

わかってあえてルールを破るという表現活動は時に「社会全体」を動かす力になる。

パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒(2016年製作の映画)

5.0

最近自分が撮る写真には「自己主張」しかなくって、被写体をいかすということを忘れているような気がしました。

この映画を観てもっと「謙虚な表現者」になることを学ぼうとおもいました。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

2.0

映画のレビューではありません。

日本の軍事力を前にしては太刀打ちできないと思った西欧列強がキリスト教を「利用」して「思想」的に日本を侵略しようとしていた
ということを知らずにキリスト教を信仰「させら
>>続きを読む

タイ・カップ(1995年製作の映画)

5.0

三度の4割、盗塁、最多安打、

そして、勝つためには手段を選ばない。

ホームランが美徳とされた時代に独特の打法と狂気じみたスピードでカルト的な人気を誇ったタイカップ。そのスタイルはのちのイチローにも
>>続きを読む

エア・ストライク(2018年製作の映画)

5.0

日本人は近代史に疎すぎる。
重慶爆撃を知らない日本人が多すぎる。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.0

まずクラッシックロックのアーティストを知らない人は「500日 のサマー」を理解できなかったくらい分からないかも。

例えばデヴィッドボウイとかルーリードとか。。

雰囲気は90年代アメリカ映画のホッと
>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

5.0

なんだろう懐かしくないはずなのに懐かしい。

90年代に作られた映画なのだが、舞台はYMOのライディーンが街角から流れる80年代と、原作の60年代とをいったりきたりする当時は画期的だっただろうストーリ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ 完全版(1987年製作の映画)

5.0

80年代的ドイツ表現主義を感じる。
とにかくクセになるサントラやゆっくりとしたストーリーでハリウッドとは一線を画して「ミニシアターブーム」をおこした不朽の名作。

ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年製作の映画)

5.0

いわゆる錬金術や魔女狩りといった中世ヨーロッパのダークな雰囲気とオリジナルドラえもんメンバーのいつメンが。。。

劇場版ドラえもんシリーズならではのスネ夫のブレインっぷりが好き。

>|