varyさんの映画レビュー・感想・評価

vary

vary

フォローユーザーさんのレビューを見て、映画館で見るかを決めることが多いです!みなさんのレビュー楽しみにしてます!

マトリックス(1999年製作の映画)

3.8

January 13th

遅ればせながら、やっと最初から最後まで見ました。
うん。カルト的人気が出るのも納得できるし、一般受けするのも納得できるすばらしいアクション作品。
アクション作品といえば、マ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.5

January 12th

MCUひさしぶりすぎて、なんか変な感じになった。
最近は、MarvelもDCもテレビシリーズをみることしかなかったから、その1時間もっと言えば45分のながさに頭が慣れてしま
>>続きを読む

イヴの総て(1950年製作の映画)

-

January 11th

滑らかな主人公の移り変わり。ナレーターベースで進んで行く物語だが、そのナレーションが誰なのかに注目して行くと、各幕でだれが主人公として物語が流れて行くのかがわかる。
現代の
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.4

January 10th

スクリーンプレイが素晴らしい。
キャラは全然少なくないのに、それぞれのキャラの問題と欲求がはっきりしていて、無理なく絡み合うところは素晴らしい。
誰を主人公にしても一つの映
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.3

January 9th

わかりやすすぎてちょっとつまんなかったかな。
ストーリーストラクチャーとしては、主役の問題も三幕構成もインサイトインシデントもわかりやすくて中学生が見るにはいいかもって感じの
>>続きを読む

ゲット・ショーティ(1995年製作の映画)

3.6

January 8th

脚本が光る作品。映画好きの取り立て屋というトリッキーなキャラクター設定だが、なんだか吸い込まれるように違和感が取り除かれていく。
わかりやすいヒーロ映画のような構成と癖の強い
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.3

January 7th

やっと見ました。
このポスターは何度も見たことあって、アカデミー賞で作品賞と監督賞を同時受賞したってのも知ってました。けど、こんな物語だったとは知りませんでした。
ノンフィク
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.2

January 6th

何度目かわからないが、このタイミングでもう一回見たのでレビュー。
邦画歴代興行収入1位。この揺るぎない事実は、この映画の価値を体現している。

絵の美しさは今までに何度も述べ
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.2

January 5th


Christopher Nolan監督2006年作品。
いわゆる、時間軸を操るという手法はこの作品でも健在。2年後の2008年には伝説的な"The Dark Knight"
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.6

January 4th

完璧に近いストーリー構成。
設定自体は聞いたことありそうな内容ではあるが、最後まで一つのストーリーラインで持っていくことができるのはすごい。

ロングレンズを使ったフレーミン
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.3

January 3rd

コンセプトディベロップメントとして、教科書のような作品。
わかりやすい主役と脇役の関係性。三幕構成。ハッピーエンドへの道のり。
これらが綺麗な間隔で配列されている作品。

>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

3.4

January 2nd

78年の映画だが、61年の"West Side Story"とあまり違いを感じられなかった。少なくともこのタイプの映画の作りとして。時代背景を踏まえたとしても、いまのミュージ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

January 1st

Tim Burton監督はとてもユーモアに富んだ監督で、本作もファンタジー要素と所々散りばめられる小ネタが心をくすぐる。

彼の世界観には、いろいろな映画的要素があり、それが
>>続きを読む

ロジャー・ラビット(1988年製作の映画)

-

Tuesday Academy Awards

Best Visual Effects
Best Film Editing
Best Sound Effect Editing

革命的な映画。ディズニ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

-

Monday Drama

脚本がとても魅力的。ストーリが進むテンポ感がストーリの展開とマッチしていて、どんどん引き込まれていった。誰が主演かなんてわからないほど、Globeの記者とそれに関わる人たち
>>続きを読む

ブライト(2017年製作の映画)

-

Sunday Action

David Ayer監督とWill Smithの"Suicide Squad"以来のコンビ作品。Netflix作品の映画はどうしても、監督が何をしたいのかが露骨に出てしま
>>続きを読む

メトロポリス(1926年製作の映画)

-

Saturday Classics

白黒映画としてかなり精巧に作られた作品。ライティングも白黒映画用に構成されているし、ディゾルブなんかも白黒ならではな部分が多い。
これが、いわゆるSF映画の飛躍を
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

-

Friday Suspense

David Fincherが描く女性には、かなり芯がある。どの作品でもそうだが、夫婦やバディなど、1対1の関係性を描くのが彼の特徴。
本作品では、その1対1が今までの
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

Tuesday


Disneyが20th Century Foxを買収記念。
Marvelシリーズで、"Deadpool"で素晴らしい興業収入を得たつながりで、本作もR15で大成功した作品。
Hug
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

-

Martin Scorsese Week Monday

サイコスリラー映画として、彼の本領を発揮している。相変わらず、宗教とか聖書とかが出てきて、我々日本人には少し難しい内容であったが、それを補うス
>>続きを読む

ミーン・ストリート(1973年製作の映画)

-

Martin Scorsese Week Sunday

彼の音楽の特徴はこの当時からあったのか。かなり統一されたテイストで映画の雰囲気を支配する音楽の使い方はとてもおもしろい。音楽もそれの一つとして
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

Martin Scorsese week? Saturday

かなり良くできていると思った。脚本としての抜け目がないのもそうだが、映画として取りこぼしがないように色々な工夫がされている。
オープンエ
>>続きを読む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

-

Friday Suspense or Action

全然サスペンスじゃなかった。
Martin Scorsese監督を知りたくて見てみた。今後どんどんわかって来ると思うが、舞台設定と歴史的背景にとて
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

-

Thursday Foreign Films

何作目だっけ?21作目か。なかなか難しい立場にあるシークエンスとしての作品。悪くなかったんじゃない?黒づくめに触れることもなく、あまりたくさんのキャラを
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

-

Saturday Action

箸休めにでもと思っていたが、いいもの見れた。火事系といえば、ユニバで絶大な人気を誇り、創業以来不動の動員数1位を獲得している(自分の中だけで)”Backdraft”が
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

-

Director Tribute Film for Visual Storytelling & Aesthet and Introduction to Digital Film Editing on >>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

-

Quentin Tarantino Week Thursday

むずかった。無駄話じゃないんだもの今回。らしくないといえばそれまでか

もう一回ちゃんと見なあかんな。

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

-

Quentin Tarantino Week Wednesday

Tarantino監督は、基本に忠実にできるからこそ、そのルールを破ることができる。それが緩急となり、彼のブランドとなり、多くの熱狂
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

-

Quentin Tarantino Week Tuesday


斬新。この文字そのもの。誰もやってこなかったことをやらせるならタラちゃんしかない。彼がパイオニアとなったシーンはたくさんある。彼が最初
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

-

Visual Storytelling & Aesthetics's

ディゾルブが少しばかりうざかったかな。
話の内容的にも、近年数多く作られるSF良作に比べると、少し劣るかなというイメージ。だが、
>>続きを読む

フォー・ルームス(1995年製作の映画)

-

Quentin Tarantino Week Monday

これまたおもろいことするね。
こうなると彼の特徴が目に見える。
Robert Rodriguezもけっこういい味出してる。
それにしてもT
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

-

Quentin Tarantino Week Sunday

Tarantinoの作品はこういうことか。題名も然りだが、表面的な描き方で立体的な作品を作るわけか。これはなんかすごい香りがするわ。いくつ
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

-

Quentin Tarantino Week Saturday

胸糞悪い映画だったなー。
Apocalypse Nowの後だったからかな。
タランティーノのとっかかりには向いてなかったかも、でもタラ
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

-

Friday Suspense or Action
For Film Studies Debate

さすが。Coppola。
規模がえげつなさすぎて、後半からテーマが変わってる。むしろテーマがわから
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

-

Thursday Foreign

Dolanのなかで1番難しかった。
アート的な面からマクガフィンを上手く捉えられなかった印象。
あとはフランス語の音楽が感情の手前で踏みとどまった感じ