EditingTellUsさんの映画レビュー・感想・評価

EditingTellUs

EditingTellUs

Ishibashi Yuta
石橋悠太

Instagram: Editing Tell Us
twitter: Editing Tell Us
YouTube: Yuta Ishibashi
Facebook: Yuta Ishibashi

映画(354)
ドラマ(64)

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

3.7

本日の作品は、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアとその活動について描いた作品をご紹介します。

時代も時代、ようやく人種間の問題や男女間の問題
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

4.1

今日の映画は、2016年のアカデミー賞外国語映画賞やカンヌ国際映画祭グランプリを獲得した、ハンガリー映画です。

題材は第二次世界大戦でユダヤ人の大量虐殺が行われた、アウシュビッツ刑務所。感想は賛否両
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.8

今回紹介するのは、アニメーション会社Laikaが製作した、最新作をご紹介。



Laikaといえば、ストップモーションの技術を現代的に発展させながらも、原型を受け継いでいる数少ない長編映画ストップモ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

本日の作品は、第89回アカデミー賞で作品賞にもノミネートされたオーストラリアの作品です。

率直な感想として、今年見た最近の映画の中でも一番の出来といってもいい。とても素晴らしい作品でした。

今作品
>>続きを読む

レベッカ(1940年製作の映画)

4.0

今夜も石橋秋のヒッチコック祭りです!
今作で、4作目となるヒッチコック作品。少しずつ奥深くまで入っていきましょう!

今日のテーマはヒッチコックが描くキャラクターのパワーバランスを見ていきましょう。
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.6

今日の作品は、2015年のアイルランドを舞台にした映画です。



この作品を用いて私が紹介したい映画の要素は、カメラのアングルについて。



まず最初にこの作品でどのシーンがカメラアングルが素晴ら
>>続きを読む

ザ・ファイター(2010年製作の映画)

4.3

今日紹介するのは、私の一番大好きな監督の一人でもある、#デイヴィッドOラッセル (#DavidORussell)監督の作品です!





デイヴィッドOラッセル監督といえば、#世界にひとつだけのプレ
>>続きを読む

ザ・レイド(2011年製作の映画)

3.1

今回の作品は、インドネシア映画です。

アジア映画の一つの特徴でもある、格闘技をふんだんに使ったアクション映画をご紹介。



アメリカでいうアクションといえば、スーパーヒーローだったり、車や乗り物を
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

今作は、#ウェスアンダーソン (#WesAnderson) 監督のアニメーション映画、#犬ヶ島 を取り上げます。

この映画はなんと驚き、ストップモーションで撮られた作品です。つまりは、数万枚の写真を
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.8

”The Master of Suspense”のヒッチコック先生の一番の傑作とも言われる作品を今日は取り上げましょう!



#めまい はヒッチコック作品の中でも最もストーリーが複雑かつ、サブストー
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

第90回アカデミー賞シリーズ。今作は、作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞に輝いた、#ギレルモデルトロ (#GuillerodelToro) 監督の作品をご紹介!



日本でも、かなりの人がアカデミー賞作
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.1

第90回アカデミー賞で、主演男優賞と、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。



今作で取り上げたいことは、バイオグラフィーというジャンルについて。



この作品は、第二次世界大戦ごろの
>>続きを読む

(1963年製作の映画)

4.2

#アルフレッドヒッチコック (#AlfredHitchcock) 映画シリーズ第2弾。





今回取り上げるヒッチコック作品の特徴は、スペース。

ここでいうスペースは、時間的スペースで、視聴者が
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.2

君の名前で僕を呼んで “Call Me by Your Name (2017)”



アカデミー賞で色々とノミネートされ、脚色賞では受賞を果たした、最新作品。



さて、第90回アカデミー賞シリー
>>続きを読む

シン・シティ(2005年製作の映画)

3.6

デジタル映画界の異端児#ロバートロドリゲス (#RobertRodriguez) が手がけた、フィルム時代の映画に喧嘩を売った新たな時代の革命的作品。



今回取り上げるのは、デジタル映画というもの
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.8

#マーティン・スコセッシ (#Martin Scorsese)監督の興行収入失敗作。

なんと悲しいことか。これが21世紀の映画界なんですね。こんなに歴史的にも、エンターテインメント的にも素晴らしい作
>>続きを読む

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

4.0

The Master of Suspenseと称される、世界で最も有名な映画監督の一人、アルフレッド・ヒッチコック (Alfred Hitchcock)が今日の先生です!



彼の映画制作における技
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.2

1982年のブレードランナーから35年。伝説となっている作品の待望の続編として、巨額な予算を使って作られた作品が、この作品ですね。



今日取り上げたいのは、これまでに13回もノミネートされながら、
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

アニメーションも映画界を盛り上げる大きなジャンルの一つです。

今となっては、ディズニーやピクサー、ドリームワークス・アニメーションが3DCGの技術を躍進させ、ますますハリウッドアニメーション界の勢い
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.4

最初はアメリカの数館だけでの公開だったが、口コミにより来場者数がのび、アメリカ全土で公開されました。日本でも、今年の夏に公開されていたみたいですね。

最新のドラマ映画。
ドラマ映画というのはその時代
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.8

ビッグ・アイズ “Big Eyes (2014)” Based on True Story「これは真実に基づいたお話」

この決まり文句は何百回も聞きましたよね。でも毎回この台詞で、集中力が掻き立てら
>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.4

軒並みみんさんの評価が低いこの作品。
私の率直な感想も、皆さんほど低くないですが、さほど高くはないです。

その原因はなんなんだと考えて見ると、やっぱ今作は脚本がよくなかった。
漫画原作の作品を実写化
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.8

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥとエマニュエル・ルベツキの最新長編作品ですね。メキシコの鬼才コンビが今回も飛び抜けた作品を作ってくれました。

今回注目したいのは、撮影。毎回エマニュエル・ルベツ
>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.6

株とお金。それがデジタルで取引され、アナログな世界にいる我々には手の届かないところで浮遊しているみたいだ。

今日の映画は、ジョディフォスター監督のマネーモンスター。
世間の評価はあまりよくない。あり
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

ホラー映画なんて人生で1本見たかどうか。それでも、みなさんこの作品はホラーではないというし、先生もごり押ししてきたから、友達と見ました。結果、ホラーだった。ビビりまくりの吠えまくり。でも、素直にエンタ>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

カメラは意志を持つ。
映画にしか存在しない画角。それが映画の魔法。
魔法を人を怖がらせるのに使うなんて趣味が悪いわ!
さすがKubrick

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.8

時代が語る
無駄なものを削ぎ落とした、シンプルな作りなだけに、こんだけの人物のキャラクターを描くのは難しい。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.1

ノンフィクションの名匠がまた新たな名作を生み出した。

この作品の素晴らしいところは90分におさめたというところ。ヒューマンドラマ作品はどうしても長くなる。人物の背景、人間関係図、そして事件の詳しい説
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.7

統一されたカメラワーク。視点を自在に移動する編集。
リズムとムードを高める音響編集。
戦争映画と言いながら、かなり狭い環境で描かれる手法で新たなジャンルを感じた。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.6

見事な王道原作。
どの映画的要素を見ても欠点が見つからない作品。というよりむしろ、全ての要素がうまくシンクロし、オーケストラのように1つとなってシンフォニーを奏でているよう。
難しい宗教的な面もあるが
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.0

見事な脚本。こんだけの人物の過去と未来、時間経過、ドラマを120分に納める能力。そして、主役のキャラクターアークを隠すほどの複雑な設定は素晴らしかった。
個人的には物語を紐解いて行くことに集中させられ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

格が違う
是枝監督の特徴がキャラクターに前面に出ていながら、テーマを外さないあたり、素晴らしい。
シーンの切れ目が少し気になったが、120分の映画として見事に完成されている
ミステリーを軸にする展開も
>>続きを読む

Adrift(原題)(2018年製作の映画)

3.6

面白い構成と編集
けど、そこから発展しなかった。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.3

Jennifer Lawrence のキャラクターが感じ取るのが難しかった。
Joel Edgartonのキャラクターには入り込めなかったのが失敗か

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

パロディは大好き
映像も素晴らしい。
でも、なんか難しい設定だった。

あさひなぐ(2017年製作の映画)

2.7

乃木坂の乃木坂による乃木坂ファンのための作品

>|