ハリヲさんの映画レビュー・感想・評価

ハリヲ

ハリヲ

映画(108)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 108Marks
  • 17Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ロスト・ボディ ~消失~(2020年製作の映画)

2.4

男女二人の会話劇で構成されている、風変わりなサイコサスペンス。

会話劇とイメージ映像が大部分を占める本作で、そもそも会話が面白くないのが致命的。サスペンスらしい嘘や駆け引きを期待していたものの、女性
>>続きを読む

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(2021年製作の映画)

3.2

超人気ホラーゲームの再実写化。ミラ・ジョヴォヴィッチが無双してない方。原作でいうと1と2を合体させたストーリーがベース。

ウェスカーが登場したあたりから嫌な予感はしていたものの、ここまで突き抜けてく
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.6

ファッションデザイナーを目指す女学生が主人公。ある晩より、夢の中で60年代のロンドンへタイムスリップするようになる。憧れの世界でのきらびやかな体験は、自身の日常にも影響を及ぼすが……。

大まかな展開
>>続きを読む

アンテベラム(2020年製作の映画)

2.7

片や作家として成功を収め、片や農園で過酷な労働を強いられる、対照的な境遇の黒人女性が主人公。

作品に仕掛けられた“真実”には驚愕したし、それまでに感じていた違和感を伏線として落とし込むのが巧い。しか
>>続きを読む

ダーク・アンド・ウィケッド(2020年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

父の病状が芳しくないと聞き、実家の農場へとやってきた姉弟。父の看病を続けていた母の様子までもがおかしく、一家は悪夢のような出来事に巻き込まれていく。

農場の静けさと薄暗さ、凄惨なビジュアルはホラーと
>>続きを読む

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)

3.7

妄想に取り憑かれた男が、自分の娘の行方を探してさまよう物語。

深く静かに心を抉る映画。鳴り止まないラジオのノイズ、何者かの声といった幻聴に苦しむ主人公。淡々とした映像からは、登場人物の心情を推し量る
>>続きを読む

キャンディマン(2021年製作の映画)

2.7

鏡の前でその名を5回唱えると死ぬ。画家である主人公は都市伝説「キャンディマン」を絵の題材にすると決め、その謎を追う。

旧作未視聴。本編中で旧作のあらすじは説明してくれるものの、続編と知らずに観てしま
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

2.9

若者たちが軽いノリで「Zoom交霊会」をやったら、取り返しのつかないことに……。

Web会議ホラーといえば『アンフレンデッド』(2014)が有名だが、本作も基本構成は同じ。ただし『ズーム』はPCのク
>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.1

アルツハイマー病を患う老女、デボラ・ローガンを取材する学生たち。ドキュメンタリー制作は順調に思えたが、病のせいでは説明がつかないほど、デボラの様子がおかしくなっていく。

前半と後半でジャンルがガラリ
>>続きを読む

死霊探偵~俺たちゴーストハンターズ~(2018年製作の映画)

3.2

心霊番組の撮影のため、幽霊屋敷と呼ばれる一軒家へやってきたスタッフ一行。いつもどおりヤラセの準備をしていたら、本物の怪奇現象が起こり始めて……。

愉快なドタバタホラーコメディ。序盤はやや退屈だが、悪
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.8

老化が急速に進行するビーチに閉じ込められたという設定のサバイバルスリラー。

老化への恐怖と家族ドラマが良い塩梅で描かれていて面白い。老化は外見の変化が顕著だが、どちらかといえば精神面での変化が作品の
>>続きを読む

キラー・ジーンズ(2020年製作の映画)

3.1

ジーンズが人間を襲う!食らう!踊る!

出オチかと思いきや、良い意味で予想を裏切られた。殺害手段がバリエーション豊富で、ゴア表現もなかなかのもの。テンポの良さと、クズキャラに振り切った店長の憎めなさで
>>続きを読む

スパークス・ブラザーズ(2021年製作の映画)

4.3

半世紀以上活動を続けるロックバンド、スパークスのドキュメンタリー。

膨大な作品数にも関わらず、1枚1枚の作品を丁寧に掘り下げてくれているところが嬉しい。商業的に失敗したアルバムはあれど、すべての作品
>>続きを読む

デス・アプリ 死へのカウントダウン(2018年製作の映画)

2.7

インストールされたら24時間後に死ぬアプリ。他人に呪いを拡散し続けるか、さもなくば死か。

イタリア産のルール系ホラー。着眼点は面白い。スマホが身近な道具として当たり前になった昨今、呪いのシェアもお手
>>続きを読む

アンチヴァイラル(2012年製作の映画)

3.1

舞台は近未来。セレブ人気が過熱するあまり、セレブのウイルスやセレブの細胞からつくられた肉が大流行というトンデモ設定なSF。

登場人物の性的嗜好が特殊すぎて共感は難しいが、ストーリー自体は複雑ではない
>>続きを読む

レリック ー遺物ー(2020年製作の映画)

3.3

認知症をテーマにしたホラー。

あっと驚くような衝撃はなくとも、日常を蝕む恐怖感が良い。祖母の異常性が次第にエスカレートし、家そのものまで巻き込んでいくという、始終「家族」や「家」にフォーカスした撮り
>>続きを読む

クライモリ(2021年製作の映画)

2.5

2003年製作の同名映画のリブート版。脚本はオリジナル版と同じくアラン・B・マッケルロイが担当したが、内容は全くの別物。

情け容赦ないゴア表現は受け継がれているものの、オリジナル版のような殺人鬼は登
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.1

スタジオA24がおくるサイコスリラー。ベテランと新人、2人の灯台守が孤島で外界から隔絶され、精神を蝕まれていく。

妄想と現実が混ざり合う系の作品は観ているだけで気疲れするものもあるが、本作は全編モノ
>>続きを読む

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2021年製作の映画)

3.3

ウォーレン夫妻が心霊現象の解明に挑む『死霊館』シリーズ8作目。今回のテーマは“悪魔の証明”(文字通りの意味)。

ジャンプスケアを多用した恐怖演出がややマンネリ化しているものの、ストーリー構成は練られ
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.8

1981年の実話をベースにした映画。ジャングルの奥深くに取り残され、飢えや孤独感に苛まれつつ生き延びなければならない……。

雄大な自然の美しさと過酷さを表現するロケーションが素晴らしく、景色だけでも
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.4

主人公は亀梨和也演じる売れない芸人。TVバラエティ企画の一環として事故物件での生活を始め、不可解な事象に巻き込まれていくストーリー。

ホラーとしての恐怖感はほぼ皆無。「なんか変わったメイクしてる人だ
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.7

人気ホラーゲーム原作の映画版。原作は台湾の白色テロという異色の題材で緻密に構成された物語が注目を集め、ホラーファンに留まらず高く評価されている。

原作を忠実に再現しつつ、よりわかりやすく再構築したの
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.1

部屋から脱出できなければ死あるのみ。6人の男女が命懸けのゲームに挑む、シチュエーション・スリラー。

視覚的な面白さは期待以上。やっぱりこの手の映画はギミックにこだわりがないと。『SAW』シリーズのよ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

2.7

最強の盲目老人シリーズ2作目。

今作では敵もプロなだけあって、お互いに行動を読み合う駆け引きや、格闘におけるギリギリ感は数段パワーアップ。家の中での攻防やアクションは良かった。

しかしながら、シリ
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.5

ブチギレ中年暴走劇のハードボイルド・アクション。

ストーリー進行は全体的にテンポ良く、主人公が次々と悪党に制裁を加えていく展開が痛快。単純に無双するのではなく、やられてもやり返す姿勢がカッコイイ。ト
>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

原作は海外で人気の対戦格闘ゲーム。95年にポール・W・S・アンダーソンが監督を務めて初映画化されたが、本作との繋がりはない。

特殊効果がふんだんに使用された戦闘シーンが見どころ。ド派手でカッコイイ!
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.2

殺人現場の犯行の瞬間を目撃するという奇妙な悪夢に苛まれる主人公。その事件には、自身の過去が関係していると明らかになり……。

R18+は伊達じゃない!80年代のカルト・ホラー的なノリに最新鋭の映像技術
>>続きを読む

ヨコクソン(2018年製作の映画)

3.4

オリジナル版は1986年製作。韓国時代劇ホラーのリメイク作。

馴染みの薄いジャンルなので、世界観や用語の理解に苦労したものの、あらすじは至ってオーソドックスな悪霊祓いもの。ストーリーはざっくりと追い
>>続きを読む

呪われた老人の館(2021年製作の映画)

3.2

ブラムハウス制作のアマゾンオリジナル作品。

養護施設へ入所した老婦人。外出も満足にできず厳しく管理される生活に不満を募らせる最中、夜な夜な不気味な気配を感じ取るように……。

老人を主役にしたホラー
>>続きを読む

>|