マッターホルンさんの映画レビュー・感想・評価

マッターホルン

マッターホルン

映画(10)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018 「ロミオとジュリエット」(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ボリショイバレエはこれまで最高の技と、統一性、伝統を生かした美しい衣装など、どこをとってもため息しか出ない感嘆の舞台しか見たことがなかったが、これはちがった。例えて言うなら、フィギュアスケートのエキシ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

面白かった❗なにも考えずただ笑いのなかにいくこの幸せ。
パディントンが愛らしくて、そしてブラウンファミリーが心暖かで、何もかも忘れて没頭できる。ロンドン行きたいな。礼儀正しい英語も素敵。

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

かなり泣いてしまった。別れは辛い。しかも戦争の悲劇は心をえぐる。
でも最後は少し救われるけど、あの時代あの場所に生まれるのは辛いな。時代が古くなるとよくこの手の男女の問題はあったと思うけど、やはり宗教
>>続きを読む

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.0

知らなかった、この映画は長らく名前だけ目にしていたが、ケンブリッジfiveの話だったとは。なんと単純な動機。歴史になを残す人は多々あれど、この劣等感たるや国を揺るがすまでに発展するとは。親子の情愛は後>>続きを読む

アクトレス 女たちの舞台(2014年製作の映画)

4.0

老いと若さ、嫉妬、自己中心的、別れ、ほとんどすべての人生がつまっている。何もなくとも目が離せないぎっしりつまった映画だ。
何がいいかって、やはりジュリエットビノシュ。演技なのか素なのかわからない技。美
>>続きを読む

ダンシング・ベートーヴェン(2016年製作の映画)

5.0

ベジャールにも第九にも詳しくないが、ただバレエというだけで見る。
この世界に努力する喜び、完成する喜び、思い出せないけど、様々な喜びが溢れていることを再確認させてくれる素晴らしい映画だった。芸術は何も
>>続きを読む

最高の花婿(2014年製作の映画)

3.5

ユダヤ、アラブ、中国そしてアフリカン。これが今のフランスを象徴する移民の民族であり、主要な社会構成でもあるのか。日本人像と中国が混乱している気もするのだが、単純に笑える。それにしても南仏のせいかつが素>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

中年にさしかかった人には痛いほど共感できる問題。あー私は何をしてるのだ、そして若さへの郷愁。しかし、残念ながらこの映画、面白さはあんまりないし、深刻に考えさせてくれるところもなんとなくおちゃらけるし、>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

どれだけこの映画を楽しみにしていたことか!しかし、期待は大概見る目を曇らせて外れになる。コリンファースの魅力をしても、このバラバラな感が否めない作品を満点にはしてくれなかった。ジュリアンムーアがいい人>>続きを読む