びんごさんの映画レビュー・感想・評価

びんご

びんご

映画(32)
ドラマ(0)

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本当に目覚めたら最悪と思ったのですが、そこは流石でした。泣きました。
最初の男の子の移植前の出会いも良かった。
さすが東野圭吾、好きな演出だなあと感心してしてたら監督も堤幸彦さんだった^ ^

souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~(2018年製作の映画)

5.0

竹内まりや聴くの超久しぶりだし、初めての曲も多かったけど、彼女の声大好きだわ… 「駅」は自分史上最高の曲かも

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

スリリングで150分が全然長く感じなかった。初めてタイ映画見たけど全然違和感なかった。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

これは男と女で全く感想が異なる映画だな… 心のダメージが大きい… 自分が亮平ならどうする…

台所で朝子の告白に対し亮平が知ってて、朝子が抱きついたとき泣きそうになった

朝子がタクシーで「行って
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.2

まず二人の演技が上手い!
中盤にすごく面白くなりそうな感じがしたのに、最後はあれで終わるのか…って感じでした

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

酔いやすい人、血が苦手な人は、後ろの方の席にするとか気をつけて下さい。でもだからと言って観るのをやめるのはもったないので是非観てください!!

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.2

かっこいい
あの5人ひたすらかっこいいよ
主題歌(ミスチルのHANABI)を変えなかったことだけでも高評価!

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

大きな組織ってあんなもんですよね…
もちろん最後は予想通りなのですが、
あの報道がなされたからといって
会社が立て直せるほどなのかな?
と思いますし、また大企業側の社員も
喜んでましたが、会社潰れるか
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

切ないなあ
みんなに希望が見えるようにしてもらえたら良かったのだが…
特にりんちゃん。最後はしょうたが迎えに来たと思いたい

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.4

青春! いいね!
だからこそなぜ主題歌をFLASHから
変えたんだ(怒)!!

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

映像は綺麗。カーチェイスシーン凄い。アフリカの大地を未来の飛行船が飛んでるのいい感じ。ももクロの夏菜子が声優をしているという理由だけで見に行きましたが、自分はやっぱり邦画が好きなのかな。内輪揉めを見せ>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

決着つかないんかーい!

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう普通の話では感動できなくなってしまったんだと思い知らされた…

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.1

夫婦で観に行ったけど正解!
観終わってほっこりする
原作知らないけど配役が完璧
高畑充希かわいい
安藤サクラおもろい
絵が綺麗なので映画館で観るべきでしょう

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

松岡茉優のPV
笑える箇所多数
今はこんな子多いんだろうな…

ナラタージュ(2017年製作の映画)

1.0

誰にも共感できなくてイライラする 妻と二人で終わってから文句言い合った

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

4.6

ストーリー面白い
藤原竜也のすごさを知った
戸田恵梨香のかわいさを知った

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

1.0

デスノートの歴史を汚す駄作
天才vs天才の戦いが最高だったのに、
バカvsバカの戦いになってる

7冊の意味なし
戸田恵梨香の無駄遣い

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館で2回視聴 最後電車ですれ違うところで自動的に涙が溢れるようになった

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

170818 3回目視聴 小説も2回読んだ 現代の描写はいらなくて小説の方がストーリーはいいけど、浜辺美波が全てを超越してる 特にあの声でのナレーションが素晴らし過ぎる