Lapinさんの映画レビュー・感想・評価

Lapin

Lapin

自分自身の鑑賞記録として最近始めました。もっと早くに知っていればよかった......
最近は自宅での鑑賞が多いですが、映画はやはり世界に浸ることができるので大好きです。
これからの作品はタイムリーに、今まで観てきた作品は思い出しながら徐々に残していこうと思います。

映画(75)
ドラマ(0)

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.7

YouTubeのおすすめ動画にこのアカペラ女子グループ様が出てきて、気になって観てみました。
よくある勝利のために女同士がぶつかりながらもお互い理解を得て、最後に成功するサクセスストーリーですが、ミュ
>>続きを読む

なくもんか(2009年製作の映画)

3.4

阿部サダヲさんはやっぱりクドカンの脚本に合っていますね。
笑いもありシュールさもあり、涙もありの作品です。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

前作に引き続きもふもふ可愛さが健在のパディントン。ブラウン一家とパディントンドジっぷりも健在。
ヒュー・グラントの落ち目の俳優役がピッタリ。若かりし頃の写真も飾ってあったり小ネタも沢山あり楽しめました
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

そういえばパディントン1作目が2018年1作目でした。
もふもふのパディントンが可愛すぎました。ブラウン一家と暮らす中で徐々に打ち解けていき、試練に立ち向かう。
子供向けのストーリーかと思いきや、大人
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.5

最高のおもてなしのレシピを考案するために満州国にやってきた夫婦。その夫婦と二宮和也のお話。
途中で展開が読めてしまいましたが、現在と過去を行き来しながら進む物語は面白かったです。
二宮さんは、あの何も
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

極秘プロジェクトとして、市を上げて元受刑者(殺人)6人の受け入れをすることになり、その担当となった月末(錦戸亮)。彼の同級生で最近地元に戻ってきた文(木村文乃)。この2人と元受刑者を中心に物語は進みま>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

北村一輝が出演しているので楽しみに鑑賞したら、うん、よかったです。
岩田剛典演じるフリーライター耶雲と山本美月演じる婚約者、そして猟奇的な役がとても似合う天才的カメラマンと言われる斎藤工。何であの人は
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

WOWOWでの鑑賞。
モノクロでの綾瀬はるかと、北村一輝の出演ということで楽しみにしていました。
モノクロでの綾瀬はるかちゃん、とても可愛かったー衣装もレトロでよかったです。オードリー・ヘップバーンを
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

観よう観ようと思ってここまできてWOWOW鑑賞。
やっぱり音楽が好きなので、Singは私の中では結構上位でした。
昔は繁盛していたけれど、今は融資も受けられず潰れかけた劇場のオーナーのコアラさんと、一
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.7

「ある公爵夫人の生涯」を鑑賞後に思い出したので残します。

エリザベス一世の母、アン・ブーリンとその妹の人生を描いた実話に基づくお話。
皆様も仰っている通り、アン演じるナタリー・ポートマンとその妹メア
>>続きを読む

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.7

以前レンタルで鑑賞したものを、WOWOWで入ったので再観賞。

この時代のイギリスや公爵家の生涯を忠実に再現しているんですよね。なので、この夫人の不憫な人生と、公爵の下衆な部分が、自分が現代社会で生き
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.9

私事ですが、初めてハワイに行った次の年に観たため、またハワイに行きたくなり、強行突破させた作品です。それくらい海が綺麗でワクワクさせてくれました。映像技術が素晴らしいです。さすがディズニー作品、音楽も>>続きを読む

少女(2016年製作の映画)

3.1

湊かなえ作品ということで、原作を読んだ後に鑑賞。
一緒に行った友人は原作未読だったのですが、内容がたまにわからない部分があったそうです。省きすぎているのか、そもそも違うのか、私もよくわかりませんでした
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

吹替と字幕両方観ましたが、どちらもどちらの良さもありましたー。
以下ディズニー贔屓のレビューです......

元々ディズニープリンセスが大好きで、実写化は最初はとても抵抗がありましたが、過去に実写化
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.7

WOWOWでの鑑賞。
結婚を約束した尚志と麻衣、幸せの絶頂からどん底に落ちた2人。卵巣腫瘍による抗体が脳に異常をきたし、昏睡状態となってしまった麻衣を、ひたすら愛し待ち続ける尚志。土屋太鳳さんと佐藤健
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーに焦点を置いた作品です。
クイーンの歌は知っていても、フレディの末路は知っていても、そこに至る物語はフィクションもあるかもしれませんが、知ることができてよ
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.1

WOWOWでのながら鑑賞でしたが、門脇麦ちゃんの演技が可愛くてツボでした。
高校の途中から引きこもってしまい、その後バイトで何とか外の世界に飛び出しましたが、怪我でクビになり、新しくひたすらゲーをしな
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

WOWOW鑑賞。
偉大な数学者の娘メアリーと、その母亡き後、6年半共に生活をしてきた叔父フランクの物語。この叔父と姪の関係が時にはとても微笑ましくもあり、時にはとても危うくもあり、最後まで目が離せませ
>>続きを読む

ダイアナ(2013年製作の映画)

3.1

ダイアナが亡くなる前2年間のお話。
優秀な外科医ハスナットとの恋愛の裏で起こっている様々なことが描かれていました。
ロイヤル感はあまりありませんでした。最期の悲劇までの2年間という感じです。
ナオミ・
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

WOWOWで鑑賞。
DAIGOにビックリしましたが笑、それはさておいて。
長澤まさみ演じるゆかりが5年間連れ添った男(高橋一生)は、嘘だらけの人で、倒れたことをきっかけに過去の真相に向かって歩いていく
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.6

皆様が言っているとおり、エディ・レッドメインの演技は素晴らしいものでした。
スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた作品でしたが、博士の功績よりも、家族やそれを取り巻く人物達との物語の色が強かったで
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

4.0

誰が悪いわけでもないのに、悪者にされてしまう人がいる。社会の中での生きにくさ、理不尽さをきちんと描いていた作品でした。ゲイツがいい人過ぎて見終わった後、何もしたくなくなりました。

余談ですが、生田斗
>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.1

原作を読んでいたので、内容は入りやすかったですが、細かい説明等が省かれている部分もあるため、読んでいないと難しいかと思います。
俳優陣が豪華すぎて目の保養になりました。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

ザ・ミュージカル映画でした。
ヒュージャックマン演じる主人公バーナム氏が挫折と成功を繰り返す中で、家族との愛、仲間との信頼を描いた作品。
私はミュージカルが好きなので、急に歌い出してもおーきたきたとワ
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.0

松潤がどっちつかずすぎていーらいーら、坂口健太郎がそのせいででもないけどメンヘラ男子というか、ん?サイコか?って感じでだんだん可哀想になってきて、あんなこという男なんて最低なんだけど、ちょっと同情しち>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.8

プロのバレリーナの世界って想像できないけれど、再現度は凄いんだなと思い鑑賞しました。
人間の内面に潜む白と黒の精神感情がとてもリアルに表現されていて、圧巻でした。悲劇だけど美しい作品だと思います。
>>続きを読む

俺物語!!(2015年製作の映画)

3.6

原作は読んだことありませんが、鈴木亮平さん目当てで拝観しました。
声を出して笑ってしまう部分もあり、ほっこりうるっとする部分も沢山あり、見応えありました。
男の友情も良かったです。外見だけで判断するな
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.7

ごくありふれたストーリーだけど、最後まで楽しい、そして出てくる料理がどれも美味しそうで食べてみたくなりました。特にキューバサンドイッチ?作って食べてみたい。

怒り(2016年製作の映画)

4.0

犯人と思わせる3人の俳優さんが素晴らしすぎて、最後まで楽しく観ることができました。
親子の絆もあるし、恋人同士の絆もあるし、観たあとに大切な人を思ってしまう作品です。
好きだからこそ、大切だからこそ信
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.1

WOWOWでの鑑賞。
レビューを読んで少し情報を取り入れてから観ました。
始終心が休まることがなかった作品でした(^^;)
何か嬉しいことがあっても、きっとこれも破滅の始まりなんだろうなっていう思いが
>>続きを読む

幸せになるための27のドレス(2008年製作の映画)

3.8

ラブコメにハマっていた時期にお気に入りだった作品です。
女性としてはイタい部分もあるけれど、仕事も恋も楽しみたいという主人公はとても輝いて見えます。
キャサリンハイグルがとても上手!

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.0

長編作品ですが、一気に観れました。
初めて大学生活で一人暮らしを初めて、ホームシックにかかっている最中に拝観したため、見終わったあとは立ち直れないかと思いました。それくらい理不尽というか、救われないと
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.6

湊かなえ作品は本を読んでからと自分の中で勝手に決めているんですが、これは先に映画から入りました。
素直に、面白かったです!井上真央さんの表情での演技がすごかった。
現代社会の歪み、SNSってそれだけで
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.9

女子が憧れる作品だと思います。ダサダサの女子があそこまで輝くのかーとか、歩いて通勤しながらコーヒー飲みたいわーとか、そんなことを思わせる作品。
アン・ハサウェイがプリティ・プリンセス同様素晴らしい変身
>>続きを読む

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング(2004年製作の映画)

4.0

前作に引き続き、アン・ハサウェイが可愛すぎます。こんなチャーミングなプリンセスがいたら、老若男女から好かれますよね。そしてジュリー・アンドリュースも相変わらずお綺麗ですが、厳しくも、やはりそこはおばあ>>続きを読む

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

4.0

高校生の時に映画館で観て、こんなシンデレラストーリー日本ではありえないと冷めた感情を抱きながらも、それでもディズニー映画はやっぱり大好きで、それから何度も何度も観ているお気に入りの作品です。
ジュリー
>>続きを読む

>|