Lapinさんの映画レビュー・感想・評価

Lapin

Lapin

映画(110)
ドラマ(0)

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.6

シャーリーズ・セロンが再び容姿を変えて三児の母となり、産後の中肉中背の体型が本当にリアルでした。
どうしてこの方はここまで役のためになれるのか……感服

ストーリー的には旦那にもう少ししっかりしろよと
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

遺伝子の病気で生まれてから27回の顔の手術をしたオギー。
前を向いて歩いたらみんなに見られるのが当たり前。だからいつも下を向いて歩く。
そんなオギーの特技は靴を見ただけでその人がどんな人間かわかること
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.1

TSUTAYAで気になっていた作品で、WOWOWで放映されるとのことで吹替えで鑑賞。

自己肯定感の低い女性が自信を持つことができるって、とても素晴らしいことなんだなと思います。
このエイミー・シュー
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.0

新入社員である波瑠さんが、夢と希望を抱きつつド田舎の遊園地で働くが、現実は上手くいかず、彼氏にも社会人なんだからと言われ挫折するが、仲間や上司に助けられながら成長していくストーリー。
とてもわかりやす
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.9

アンジーのマレフィセントはやはりお美しい!
冒頭から映像美に目を奪われ、オーロラ姫や妖精たちに癒され、頼りないフィリップ王子に若干の不安を抱いていた時に現れたマレフィセントが偉大で安定感MAX。そして
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

2.9

途中まで主演が妻夫木聡かと思うほどでした。岡田さん、薄かったな。
霊的なホラー感覚は少なかったですが、エンターテイメント性はありました。
除霊のシーンは映画館で観たら迫力があったんだろうなぁ。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.2

エミリーブラントとジョンクラシンスキーが実夫婦だからこそ出せる雰囲気がありました。サバイバル化した中でもエミリーは美しかった。そして長女のリーガン役の子も素晴らしかった。

音に反応し人間を襲う何か。
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.5

公開時に映画館で鑑賞し、今回2を見る前におさらいとしてもう一度。
最強ヴィランズの一人マレフィセントの真実の物語って何なんだ.......愛とか夢とかそんな欠片もない魔女を主役にしてどうするのかと思い
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

やっと観ました。
私的にはファンタジーさが1作目より少ない気がして、少し残念でしたが、ニュートとダンブルドア、グリンデルバルドとの関係性が明らかになって、面白かったです。
前作を観ていないと物語にはつ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

子供の頃に初めてアラジンを母に見せられて、ジャスミンに魅了され、でも売られているプリンセスのほとんどはシンデレラ、白雪姫、ベル.......そして最強のライバル、ラプンツェル、アナとエルサが出現!笑>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.2

アムステルダムからパリに行く列車内で起きた銃撃事件の実話であり、主人公の3人や犯人に撃たれた被害者も本人が演じていると言うのだから驚きです。

最後銃撃犯を取り押さえるシーンはわずかな時間で、そこまで
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.4

人の死とは何かを考えさせられました。
心臓死と脳死。脳死という概念があるからこそ心臓移植が成り立つわけで。
自分の立場だったらどうするか.......
人は二度死なないという言葉にはっとしました。

ディセンダント2(2017年製作の映画)

3.6

個人的には前作より好きです。

マルがいい子になりきれなくて、プリンセスになるのが怖くて逃げ出すストーリー。
親友のイヴィも可愛くて素敵だし、いつも一緒にいたカルロスとジェイの男女を越えた友情も微笑ま
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.3

前作も吹替版を観たため、今回も吹替。
今回は仕事の依頼を受けたママ=イラスティガールの代わりに、パパ=Mr.インクレディブルが子育てに奮闘。
でもやっぱり最後はファミリー全員でヒーローになり悪者をやっ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

全員が全員、血の繋がりがある訳では無いけれど、祖母の少ない年金と万引きをする生活の中で、家族以上の繋がりを持つ。
全ての役者さんがとても素晴らしかった。
子役の2人にも引き込まれる。
そしてやはり、樹
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.8

松坂桃李目的で観ました。
超能力で不可解な死に方をするお話。
最後心理戦とかでどうにかこうにかお話がまとまると思っていましたが、結末が少しもやっとしました。
原作は少し違うのかな.......

松坂
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.1

バツイチのじゅんさんと結婚したちえさん。毎日じゅんさんが帰ると、あれこれ小道具を使って死んだフリをしているちえさん。榮倉奈々ちゃんがそんなちえさんを可愛く演じていて愛らしかったです。
ちえさんが終始じ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.1

複数のストーリーが同時に進行していく形。
友達だから.......という台詞がありますが、友達になる過程が薄いように思いました。
出演者が過去に縛られながら生きていく様を、俳優陣が見事に演じていると思
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.9

前作同様楽しめました。
べラーズにさらなる強敵が現れて、一時はアカペラ界から抹消される危機に陥りましたが、そこを持ち前の明るさと仲間同士の絆で乗り越える。
歌は絆ですね!そう心から思える作品です。やは
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.1

やっと観ましたバーレスク。
わかりやすいサクセスストーリーですが、ミュージカル好きにはたまらない要素が沢山。ありきたりでいいんです、わかりやすくていい、単純でいいんです(笑)

クリスティーナ・アギレ
>>続きを読む

モンスター(2003年製作の映画)

3.4

今回二度目の拝観。
昔観た時にシャーリーズ・セロンの変貌と演技に驚愕したのを思い出しました。
実在の女性を演じるということ、しかも凶悪な殺人者のためとても難しく悩んだこともあったと思いますが、さすがセ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.7

WOWOW鑑賞。
一つの事故をきっかけに、中小企業の社長が戦う社会派ドラマ。
出演俳優が素晴らしく、飽きずに観ることができました。
ディーン・フジオカさんの立ち位置が、もどかしくもあり、企業の駒とはこ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.3

母とこの原作の話になり、私は原作は未読ですが、早速レンタルしてきて拝観。
松坂桃李のあっちの世界にイッちゃってる時の表情に狂気を感じます。
そして吉高由里子の闇(病みなのか)演技と、松山ケンイチの闇演
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.1

東野圭吾さんの作品で楽しみにしていましたが、たぶん主役の櫻井くんが私の中ではあんまり·····だったのか何なのか、物語がかすれてしまいました。
原作を読んでいないため何とも言えないので、原作を読もう!
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.8

今まで見えていたものが見えなくなる恐怖って想像できません。
実は先天的な目の病気があって、これからという時に発症し、その障害を隠して五つ星ホテルで働くことを夢見る青年のサクセスストーリー。
何となく見
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.9

生きてきた年数=彼女いない歴の真面目な市役所勤めの星野源さん。そんな彼と恋に落ちる盲目の箱入り娘、夏帆ちゃん。
ピュアな2人だからこそ、むず痒くてそれでいてとても微笑ましい作品でした!
クスクス笑って
>>続きを読む

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

3.4

訳ありの数合わせのテーブルに座った人達の勇姿の物語とでもいいましょうか。
ハッピーウエディングなはずなのに、みんなそれぞれの事情により省かれてしまった人達。そのテーブルに座った人達が徐々に仲良くなり一
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

皆様も仰っているとおり、ストーリーの展開が飛びすぎて、今そうなるのか!と思う部分が多く、やはり漫画を2時間枠で映画にするのは難しいよなと思いました。

遊は最初金髪で、漫画は白抜きの色だったのでまぁ金
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

うささん大好き人間には、とても楽しめる作品です!
皆さんがおっしゃっているように、うさぎのもふもふ感、お鼻のひくひく、落ち込んでいる時の毛並みやうさ耳のたれ具合まで、リアルで可愛くてもうキュンキュンで
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

最寄りの映画館では吹替しかなく、まず初日にそちらを鑑賞。時間が無く、まだ字幕版は観ることができていませんが、絶対字幕版も観たいと思う作品でした。
前作をみていなくても楽しめますが、前作からの小話や小ネ
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.2

銀行に務める父と、社会運動に精を出す母、そしてその子供たちである姉弟の家政婦としてやってくるメリーポピンズ。
メリーポピンズは魔法使いなのかただの家政婦なのか。姉弟の前で次々と不思議なことをやってのけ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

メキシコの伝統文化である死者の日をテーマにしたある一家のお話。
先祖代々音楽を禁止された中で生活してきたが、実は音楽が大好きでミュージシャンになることが夢である主人公の少年ミゲルと、ひいひいおばあちゃ
>>続きを読む

ディセンダント(2015年製作の映画)

3.3

ディズニーチャンネルの作品で、ディズニー長編映画の悪役、ヴィランズの子孫達のお話。ヴィランズ好き、ミュージカル好きなら楽しめる映画だと思います。

やはり、ディズニー音楽は惹かれるし、見ていて微笑まし
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.7

YouTubeのおすすめ動画にこのアカペラ女子グループ様が出てきて、気になって観てみました。
よくある勝利のために女同士がぶつかりながらもお互い理解を得て、最後に成功するサクセスストーリーですが、ミュ
>>続きを読む

>|