まじともさんの映画レビュー・感想・評価

まじとも

まじとも

大学生の映画中毒者。雑食です。なんでも見ます。
2017暫定ベストをマイベストに上げてます。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.8

「映画と原作。」

とくになんの情報も入れずに鑑賞。
↑これがとんでもない事態に。
解説は入るものの、完全に映画を理解できているのかわからない状態になりました。

完全なる予習不足です。

でも、構成
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.6

「よくも悪くもふつー。」

サークルで鑑賞。
原作があるらしいですね。

いや、とても表面的な映画でしたね。
なにか掘れそうなものをどんどん見せていき、結局なにも触れずにラストとそんな映画でしたね笑
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

「スターウォーズを作る難しさ。」

プレミアムナイトにて鑑賞。
なんだかんだでスターウォーズが今年1で楽しみでした。
妄想を膨らましまくって劇場行ってきました。

んーもったいない。

意外な話筋はと
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

「祝・アダムドライバー克服。」

時はスターウォーズエピソード7公開時。あれだけ格好良いスーツを着たカイロ・レンから出てきたのは、あまりかっこよくない男の人。
トラウマを抱え、僕は映画館へ向かいました
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.8

「いつまで夢を見てていいのだろうか。」

たまにひょんなとこで余韻が残る映画があります。
それは今の自分にタイムリーに心を動かす、共感できる作品です。

これはそんな作品でした。

大学へ通い、2年が
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.1

「やっとコイルが温まってきた。」

未見だと思っていたら、昔何回も見たアニメだった。
コミックは今読んでいるところです。
あまりに世界観に魅了されすぎて赤の丈短いジャケットを買ってしまうほど。

20
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.6

「等身大な大学生と井の頭公園の青春劇。」

ポスターに魅力を感じて劇場で見たかった。
何せ橋本愛に寄生獣から魅力を感じまくってるから。

全体的な雰囲気と発想はすごく面白かった!
あと役者が何しろ良か
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

「またもや、もう一歩。」

全く期待してなかった本作。因縁のマーベルっぽいオープニングからスタートいたします。

今回、DCの中では一番良作だったと思います。
ただ、大好きなザック・スナイダーの良さも
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.9

「2週間で作った映画。」

新星、小林監督の作品ですね。
ツイッターでのプロモ活動が盛んに行われていて、ジャスティス・リーグよりこっちを優先しました。

感想はただただぶっ飛んでた。

本当に主人公一
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.0

「とんでもなくジワジワくるww」

エンディングがツボすぎて笑いが止まらなくなった。笑
謎にとある動物に卑猥な感じのイメージがつく本作。武蔵野館でやってた上映を逃し、ようやく鑑賞しました。

これ舞台
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.5

「庶民派向け飯テロ映画。」

普段、全くドラマとか見なくて。それでも見れたんで映画も見てみました。

正直な感想は映画じゃなくていいw
ただドラマみたいにオムニバスになってるから区切って見てもなんの問
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.8

「ジョンボイエガを見る映画。」

なんじゃこりゃ笑
実習おわって、疲れてたから久しぶりの映画館。

SNSテーマで失敗するか。
脚本の練りこみ不足かな。これは。

SNSに対する監督の警告はすごく伝わ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

「過去は本当に良かったのか。」

映画仲間の中では評判の悪いウディアレン監督ですが、僕は好きです。
この映画も昔見たっきりでしたが、久しぶりに見返したら面白いのなんの。
これは”マジックインムーンライ
>>続きを読む

ディス・イズ・イングランド(2006年製作の映画)

4.1

「イギリス文化に浸る。」

あんま歴史に詳しくはないため、若干置いてけぼりにはなりつつも、大好きな作品。

なにが最高ってファッション。

これ見て、シャツにサスペンダーつけて、デニムの裾短めでマーチ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.3

「問いへの問い。」

記念すべき300本目です。
実は公開日に見てはいたのですが、300本目にどーしても持ってきたくて温めていました。

とても良かった。

良いところがありすぎて語りきれないのですが
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション(2016年製作の映画)

3.9

「アメコミ実写という難しさ。」

つまらないです。笑
アルティメットエディションということですが評価はさほど変わりません。

でも評価したいのはザックスナイダーがどれだけオタクであり、その知識、伝えた
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.5

「 果たしてオシャレとは。」

リアル版プラダですね。
ただ、アンハサ演じたコールさんはまじで画面の端に映るだけ。
主役はメリル・ストリープ演じた編集長とその補佐的な人。

題名はそこまで作品とは関係
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

「ルーザーズクラブ」

小学生時代、まだYouTubeが今ほど発展してない時代によく、怖いものを見てました。そこで見つけたのがドナルドの噂って動画。
あれで過去作、ITの存在を知り、10年が経ち。まさ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

「オープニングは必見。」

アメコミ読者からしたら、ソーのキャラは脳筋ではなく。映画との差に違和感を覚える方もいるかも知れません。
でも、この作品によってMCUが描くソー像がはっきりきまった気がします
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.8

「ベタながらも映画の基礎。」

恵比寿のリバイバルにて鑑賞してまいりました。

前半から歌、歌、歌の連続にイントゥザウッズで覚えた恐怖を感じました。
スタミナが持つか不安を感じながらも大丈夫でした笑
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

「セロン様を見るための映画。」

いやー予告を何度も見て興奮した。killer queenを使った例の作品です。
予告見る限り、スーサイドスクワッドを彷彿とさせてくるあの感じ。

まあスコア通りな感じ
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

1.0

「。。。。。」

いろいろあって見たんですが。
なんで見たのか意味わかりません。

監督仕事してww

これに尽きる。

うん。

それでは

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

「生理。」

大学生の立場としてはとても周りが騒いで、公開時はインスタで見まくっていた映画ですね。
正直、ただのオサレ映画なんじゃないかとしか思っていませんでした。

もちろん良き映画でした。

監督
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.1

「人生は喜劇だ。」

20世紀女性と同時上映で早稲田松竹にて鑑賞して参りました。
最近のウディアレン映画は個人的に外れ多かった印象でしたが今回はとても面白かった印象でした。

まず名画座でこの映画を見
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.9

「老朽化。」

二日連続でららぽ横浜に行って参りました。
昨日は銃声と気持ち良いほどの罵声を期待し劇場へ。

いやー、期待値を下回りましたね。

もっと聞きたいバカヤローは数も減り、弱々しく。

でも
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

「人が平等で協力する素晴らしさ。」

評判の良き本作を奥田民生になりたいボーイと天秤にかけ、こちらをチョイスしました。でも評判がいいから見たんではなく、宇宙ものが大好物なんです。

本作は女性の強さを
>>続きを読む

ワン カリフォルニア デイ(2007年製作の映画)

4.0

「見せられるストリートの美学。」

最近、ドキュメンタリーに密かにハマってます。
そこでチョイスしたのが本作。
サーファーたちを追ったドキュメンタリー映画です。

確かにおしゃれなんですが、何がおしゃ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.2

「一夜のキングになるために。」

軽くみ飛ばしてたので、改めてゆっくり見てみました。
一人の男がコメディの王を目指す、そんな話。
だけれども、純粋なわけがない。スコセッシだもの。

主人公も連れも狂っ
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

「マルコメのCM」

ずっと見ようと思ってた新海監督作品。
見るまで、こんなにも短いことは知らなかった。

設定はすごく好みでした。
主人公は学校にバカバカしさを感じる夢見る青年。
これが個人的には非
>>続きを読む

シン・シティ(2005年製作の映画)

4.2

「モノクロの中の赤。」

大好きフランクミラー原作の本作。
ネトフリ版デアデビル、BVS原作のバットマンリターンズなど多くの名作を世に送り出してきた鬼才です。
彼が自らの作品の監修をし、作り出した本作
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

「長距離走。」

やっと鑑賞できました。待ちに待ったノーラン最新作。
なんと、ノンフィクションの戦争映画。
しかも、戦いを描くのではなく脱出作戦を描く本作。
金欠でパンフが買えない今、ノーラン監督がな
>>続きを読む

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

3.7

「見所はただ一つ。」

キャストが豪華でワクワクしながら見ましたがガッカリ・・・

アクションコメディに仕上げたいのはわかる。わかるんだけど、なんとも半端。物語の説得力もコメディ要素も半端で既視感のあ
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

-

「オアシスって王道で平和なグループって思ってた・・・」

グループの好みがスコアに出てしまうため、スコアはエイトデイズアウィークに続き、無スコアで。

中学生の時に初めて聞いて以来、ずっと好きなアーテ
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.6

「映画を撮ってみたい人間に希望を与える。」

バイト中にジャケに魅力感じた作品。映画見るのは久しぶり。
雰囲気は群青劇なのかな。

とにかく売りはIphoneで撮影したこと。
色味も綺麗で、カットもい
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

「良くも悪くもゴールデンエイジテイスト。」

BVSに興奮を届けてくれたワンダーウーマン。満を持してついに単独映画の公開ですね。正直なところ普段からアメコミを読む僕はあまりワンダーウーマンのコミックを
>>続きを読む

座頭市(1989年製作の映画)

4.0

「人柄が映画に。」

夏に新しい挑戦。なかなか見なかった時代劇へ興味を向けてみました。と言ってもこれはまだまだエンターテイメント作品。伝説の勝新をみたかったというのが正直なところ。

この映画、すごい
>>続きを読む

>|