和さんの映画レビュー・感想・評価

和

映画(363)
ドラマ(0)

スキャンダル(2019年製作の映画)

-

マーゴットロビーをクルクル回し、スカートをめくりあげさせる。そんなシーンにドキドキしてる、あなた。まあ自分もそのうちの一人だけれども。

あなたはセクハラ予備軍なんだぞ。

斬新な切り口な映画だったの
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

怖すぎるだろ…。
自分が伝令兵なら塹壕から出ることもできないでしょう。ホラー映画と同じくらいにドギマギしながら如何に自分がビビりかってことを再確認。
そんな自分でも終盤は軽い砲弾ショックになって恐怖が
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

-

ジョージルーカスが公言してしまった9部作発言を実現させてくれたことに、まずは感謝。

自分にとっては映画好きの入り口になったような思い入れ深いシリーズです。
色んな人が色んな思いを抱えているシリーズが
>>続きを読む

天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~(2019年製作の映画)

-

映画の評価が星となって答えになってしまうサイトの利用者にはウケない内容。

答えのない問に挑むドキュメンタリー。個人的には好き。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト(1968年製作の映画)

-

昔々、この作品を父上と見た時に序盤から長々としたカットの連続に思わず無駄と吐き捨ててしまった…
そんな少年もいつか青年となって、映画館で観れることに喜びを感じながら父上に前売りをプレゼントするくらいに
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

-

今週で終わりらしいので滑り込み。

マイケルムーア、アダムマッケイなど洋画での政治批判は記憶に新しい。海外では俳優、監督が政治に対してバチバチと論争を繰り広げていることは珍しくない。
対して、日本では
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

-

最近、アニメ映画には普段は映画しか見ないよ…という人種には飲み込めないものもあるのだという事を思い知らされた次第であります。
蛇足は置いておいて

前作から早3年。当時は公開日に監督の挨拶付き上映を渋
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

-

いや驚いた。こんなにも今っぽい空気感を90年代に描いた漫画があるなんて。

この空虚な空気感。
なにかになりたいけど、何を目指せばよいのかわからない。空っぽの世界でイケてる仲間とイケてる自分を演じる。
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

-

芸能系声優にエグザイル族の奏でるミュージック、映画オタクが拒絶反応を引き起こしサザンもビックリの荒波が起きている…

僕はこの波に乗れるのだろうか…

結果はもちろん、溺死。

別にそんなに悪いとは思
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

-

誰か良さを教えてちょ。

地元の映画館公開終了回に滑り込み。
ポスターの色味といい、これは見なきゃ何となく後悔してしまうと感じた時にはチケットを買っていた。

いつも通り、パンフを買おうとした瞬間に人
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

EGを最高点にして、すっかりブランド化してしまったなという印象のMCU。しっかり批判する人がいないというか、良いレストランで出てくる料理はどれも美味いだろ!と言わんばかりの絶賛の嵐。最近は正直冷めてい>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

-

残念な出来…

申し訳ないがスパイディよりもこっちを先に見たのはコケて早めに劇場で見れなくなるのを恐れたから。
実際にガラガラのレイトで鑑賞。

大好きなシリーズのクライマックスというわけだけど、人間
>>続きを読む

チェイシング・エイミー(1997年製作の映画)

4.3

なんという天才的な脚本。
雰囲気で持ってくタイプだと思ってたケビンスミスの印象が180°変わった。
元々、人が好きなんだなって思ってはいたけど同時に天才であったことに驚いてしまった。

LGBTをしっ
>>続きを読む

パラサイト(1998年製作の映画)

3.9

これもあたり。

全く期待はしていなかったものの、ティーン映画に強い興味を感じる今、"すてきな片思い"がTSUTAYAにない今、見た作品。

ジョンヒューズ映画の真髄に、彼の大好きなグラインドハウスの
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

4.0

最近、不発ばかりの中のあたり。
完全なるファッション目当てで見ただけにかなり度肝を抜かれる作品だった。

黒人のための映画をつくる。
スパイクリーのモットーですが、しっかりと客観的に描かれていることが
>>続きを読む

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語(2017年製作の映画)

-

これは俺の映画かもしれない。
予告を見て、自分もそんな風に思ってしまうボンクラの一人。

何故、モリッシーは音楽の道へ進んだのか。そこの描写がもっと欲しかった。
憧れ・妬みが伝わってこない、それがある
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

-

最近までずっと幻の作品だった"KIDS"の現代版。古めかしさはなくなり映像はもっと美しく夜の街を映し出していることに時代の流れを感じざるを得ない。

ほぼドキュメンタリーのような構成なのにも関わらずに
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

-

間違いなく、今年見た映画で一番の邦画。

若松監督は映画史をちょっとかじる上で耳にはしていましたが知識もなく、失礼ながら見たこともないという具合。
過小評価ではないかというくらいにスコアでは感じますが
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

-

シャザムとか名探偵ピカチュウとかとか見たいものは山のようにあるけれども、時間の関係でこれになってしまった。

殺陣、エンディングなどなど"るろうに剣心"が比較対象にならざるを得ない本作。

大沢たかお
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

ずるいんだけど、めちゃめちゃ良い。
インフィニティウォーは正直好かんかったけど、このまとめ方はルッソ監督っぽくないけど大正解なまとめ方をしたのではないかな。
ネタバレ怖いんでここまでにしときます。
>>続きを読む

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード(2015年製作の映画)

-

ジャズにはまりだしたのは最近のこと。
ビルエバンスのaloneから本格的にジャズにはまり始めてしまった。
タイムリーにドキュメンタリーが公開されるだなんてついてるなって思いながら鑑賞。
どこか彼のタイ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.7

面白いと聞いて遂に鑑賞。
序盤が眠い眠い…そこにタランティーノ映画から飛び出してきたようなサミュエルLジャクソン。不意にテンションが上がってしまった。しかし、それも中盤まで。
他の見所といったら、監督
>>続きを読む

ブレイド2(2002年製作の映画)

-

Tシャツ買ったんで再鑑賞。

デルトロに脚本は現在DCで働き、一度ノーランとタッグも組んだデビッドSゴイヤー。キャストにドニーイェンやノーマンも追加してなんとも豪華な作品。

ギレルモデルトロが好き勝
>>続きを読む

We Margiela マルジェラと私たち(2017年製作の映画)

3.6

良くも悪くも期待を裏切られた映画。
決してマルジェラのファッション的な感性を映す作品ではありません。
彼がどういう人間か周りの証言から明らかにしていくというそんな話。
流行を生み出す、人の心を動かす、
>>続きを読む

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

3.3

こいつほんまに音楽好きなの?
UKカルチャー映画が引き合いにだされるのが何故かわかる映画でした。
アッパー系ドラッグでハイになってアップなソウルで踊り続けていたUKの労働階級カルチャーのおはなし。
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

コミックファンにはちょっとボリューム不足。でも実はわかってるんです。
映画に入れるには無茶な内容。
音楽よし、グラフィックアートよし、ステッカーを適当に貼る描写などなど極一般の青年がスパイディになる原
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.1

ただの黒人可哀想映画ではない。
今までの作品で描かれなかった白人差別。
ブラックパワーにホワイトパワーが対比で見せられる皮肉。
kkkと現実の白人至上主義を映すからこそ見せられる新しい視点。
憎しみか
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.3

安定してますね。さすがイーストウッド監督。
重なる主人公と現実のイーストウッド。
仕事を第一に置き、忘れてきた大事なもの。
いくら働いて、稼いでも買うことのできないもの。

年老いても絶望するし、学ぶ
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

-

「二階堂ふみのおっぱいを見る映画」

行定監督の作風が合わないのか、ジムノペディから見た本作も好きじゃない。近い作品なら桐島の方が余裕で面白い。つか、こんな学校あるわけないやん。笑

ローライフ(2017年製作の映画)

4.1

久しぶりに面白い映画を見た。
タランティーノほど緻密でも抜けてるわけでもないけど、光を感じましたね。
この映画のローライフたちのように。

詳しくはインスタの方にあげたんでここでは省略しますが面白いで
>>続きを読む

銀の匙 Silver Spoon(2013年製作の映画)

3.8

「演技が揃って若いんじゃあ。」

不意に見た一本。
命の大切さについて堅苦しく語るのかと思いきや意外にもライト。
等身大の高校生を描けていて割と好印象。

しかし、不自然にもブチ込まれているツンデレキ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

「最近流行りの良い子ちゃんヴィラン。」

実は日本最速上映で鑑賞済みだった。
アメコミを嗜む中で一番好きなキャラは実はヴェノム。マーベルキャラでもかなり異質な彼の存在に魅了され続けてきたわけです。
>>続きを読む

>|