みぞポンさんの映画レビュー・感想・評価

みぞポン

みぞポン

2017/05/05〜
何でもかんでもいいねする人は嫌いです。

ミザリー(1990年製作の映画)

3.9

足潰しの刑ってグロ過ぎて、メンヘラ具合も怖すぎる。

鎮痛剤入りのワインこぼしたシーンの膝から崩れ落ちるような表情。

怖かったです。

アルゴ(2012年製作の映画)

3.9

リスクの伴う救出作戦。

最後の領空を抜けたシーンは一緒に居るような感動が。

強行するにあたり航空券を大統領に頼んで再手配するシーンはチームプレイとしてかっこよすぎでした。

コンカッション(2015年製作の映画)

3.7

脳への衝撃がある事実に対して、事実を曲げる社会。

そんな戦いを1人に任せて、とても大変な、ウィルスミスが近未来にもいかず演技でまとめ上げる作品です。

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.7

タイトルとジャケ詐欺作品。
フーシが悲しすぎる。
なんなんだあのクソ女は。

感情移入させられる作品である事は確かです。

ダメ男に復讐する方法(2014年製作の映画)

4.0

こういうキャメロンディアス好き好き。
ちっちゃい復讐シーンはクスクス笑えるし、最後の後日談みたいな演出は結構好きで、テンポも良いしスケールもデカイ。

ガールズガールズし過ぎてなくてとてもフラットでこ
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.0

実話。
最後のシーンで自分自身が生き延びる為に偏見と制度と戦った結果がHIV患者のヒーローとしての象徴になって拍手が送られるシーンが良かった。

なんか苦手な自己中野郎で観てて辛かったんだけど、最後の
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.6

サントラから入った映画。
差別に対する怒り、理解されない承認不足の怒りとかがあって、その中で4ドルの昇給で承認欲求満たしていてバットボーイの象徴。

ディスコサウンド良いですね。

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

4.0

最終局面に向かっている感じが良い。
子供じゃないし、大人でもない葛藤。
仲間という葛藤。
太一はやっぱり主人公。

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.4

火星人の攻撃がポップで可愛いなって思いました。
当時のCGだとしたら綺麗。

推理作家ポー 最期の5日間(2012年製作の映画)

3.0

内容はサスペンス。

エンディングはかっこよすぎてびびった。
珍しいエンドロール。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.0

ルーニー・マーラの最後のシーンめっちゃ切ない。

事件の解決だけで終わらないストーリーが起承転結の次という普通なら蛇足に感じるべき構成のはずがとても良く感じました。

パラサイト(1998年製作の映画)

3.5

ナードのサクセスストーリー。

嫌いじゃないです。

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.3

キラキラしてる話の内容かなって思ったけど、ぶっ飛んでるわけでもなく。

日本語吹き替えの歌の和訳とのマッチ感が好きです。

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」(2016年製作の映画)

3.8

連続で鑑賞。
昔のデジモンと一緒にストーリーが進むという展開より、登場人物の成長や内面的な成長や葛藤がメインかと思いきや、究極体への進化シーンのかっこよさ。

良作です。

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」(2015年製作の映画)

3.8

最高の続編。
太一、大和の成長したことによる色々考えて行動する昔の子供心全開ではないところが逆に良かった。
次々見ます。

きみといた2日間(2014年製作の映画)

3.8

出会い系から始まる最悪な出会いから一転、最後は良い終わり方。

建設的なSEX指南のシーンが結構好きです。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

いい世界観。
2019年って来年か。

東京オリンピックとかなぜ予想できたんだろう。不思議な作品でした。

フットルース(1984年製作の映画)

3.8

青春映画の元祖。
てか、時代が違うけどみんな普通にあんなにダンスできるものなのか?

よかった。

奇人たちの晩餐会(1998年製作の映画)

4.0

会話劇でピニョンさんが本当にバカで面白い。

オチまで面白い。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.9

キャッ!素敵。

机に突っ伏してキスするために飲食店を開きたい。


ステキな会話劇でストーリー一つ一つが良い。
お酒を飲みながらパイが食べたくなるやつ。

濡れ場とかがない大人のピュアなラブストーリ
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

年末に見れてよかった。
多分11月でも1月でもダメで12月にこの映画を観れてよかった。

最後に向けて集約されて、終わり方が気持ちいい作品でした。

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.4

息子のつく優しい嘘。
嘘はいいことかどうかは別として、成立させるための努力が良い。


マリア・シモンの喫煙シーンが素敵。
女性の喫煙シーンが大好きなので良かったです。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

音楽良し、ストーリー良し、テンポ良し、エイモンが一番カッコよし。

愛の渦(2013年製作の映画)

3.9

最後10分の悲しみ。

乱行パーティってあるんだ。
どうかそんなチャンスが来て終わった後ファミレスでどん底に落ちるような経験をいつかしたい。

セッション(2014年製作の映画)

4.2

最後10分。ほんとこれしか言えないくらい最後かっこよすぎ映画。
セリフないのにカッコいい。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

親がよく言う「なんでもないから」とか理由も経緯も教えないまま無邪気な子供が友達の為にとった行為が…

ホロコーストの話で、服従の心理が出来上がった軍人の家族の話。

自分の息子だと良くなくて、
ユダヤ
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.6

音楽が良すぎる。
まあ、世間一般的なやつがマイノリティのコミュニティのコミュニティに来たらそうなるよね。
普通を押し付けて、それを正しいと思い込んでる。

ウォーターメロン(2004年製作の映画)

3.6

なんだこりゃって終わり方。
虚言癖風の報告とこじらせ巨乳。

濡れ場はいい感じ。

ピンクシーンチャプターがあるのはなんだこの映画ってなりました。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.5

代表作とは別ルートで頂点を目指す葛藤。

ワンカットが長すぎる。すごい。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

4.5

劇場にて。
最高でした。

パラレルワールドの設定と
ビルド、エグゼイドはもちろんのことゴースト、凱武、フォーゼ、オーズのご本人登場は胸が熱くなる。
みんないい年の経過をしてるなーって思った。

クロ
>>続きを読む

ウソはホントの恋のはじまり(2013年製作の映画)

3.7

自分が作り出した虚像の事を愛されてるのは虚しくてイライラするという経験はみんな持ち合わせているんじゃないかな?
好きな人の前では少し良い自分を見せようとか。


そのイライラしてるシーンが結構好きだっ
>>続きを読む

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2010年製作の映画)

3.3

なるほどねー、みーくんは別なのねー。

まーちゃんくそかわいい。
少しサイコパスなところがかわいい。

内容は期待しないで見れば普通だと思う。