wadaさんの映画レビュー・感想・評価

wada

wada

映画(297)
ドラマ(30)

去年マリエンバートで(1961年製作の映画)

-

正直ちょっと寝ちゃったけど衣裳とか建物とか庭とか人物とか圧倒的な美しさだった。絵画的なシーンも多くてそういうの好きなので楽しかった。

リンドグレーン(2018年製作の映画)

-

子供のとき長靴下のピッピが好きだったので、作者さんの話かー!と思って観た。こんなことがあったんだね…観て良かった。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

こういう話だったんだ!最初始まったときあんまり好みじゃないかもと思ったけど最後まで観たら面白かった。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

やっと観られた~!格差社会つらい。ポン・ジュノ監督は社会問題を寓話的かつ鋭く描くのが本当にうまい。

EXIT(2019年製作の映画)

-

めっちゃ面白かった~!細かいところもいちいちうまい、面白い

恋の潜伏捜査(2005年製作の映画)

-

ツッコミ所満載だけどキム・ソナ好きだしハ・ジョンウ目当てで見たので楽しめた

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

-

この国に住む1人の人間として、常に政治に関心をもって生きていかなくてはならないと改めて感じた。伊藤詩織さんが勝訴したこのタイミングに観ることができて良かった。

ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる(2019年製作の映画)

-

劇中に出てきたロシアイコンが動き出したかのようなアニメがめちゃくちゃ凄くて感動した。未完成の『外套』の一部も素晴らしかった。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

-

めっちゃ人が死ぬ。結構最近のことなのにこんなテロがあったと知らなかった…恥ずかしい…

震える舌(1980年製作の映画)

-

何気なく見出したら無心で見入ってた。こわい。しんどい。でも良くできた作品だと思った。

ホールディング・ザ・マン -君を胸に抱いて-(2015年製作の映画)

-

高校時代の友人たちが冷やかすけど2人の関係を尊重してる距離感の描き方が良かった。高校時代を大人の時と同じ俳優さんが演じてるのはちょっと無理あるなと思ったけど…。とても良い作品だった。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

-

面白かった。映画館で観るつもりが逃してしまって後悔した。やっぱり映画館で観たかったな…

かぞくのくに(2012年製作の映画)

-

人に誘われなかったら観てなかったかもしれない。映画館で観られて良かった。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

-

シンプルにあまり好みじゃなかった、かも…。シャイニングの方が好みだった。レベッカ・ファガーソンの使い方間違ってる気がする笑

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

-

アクションシーンめっちゃ格好良かった!子供の頃よくターミネーター1,2を観てたので感慨深かった

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第3章(2019年製作の映画)

-

観た。続きはいつですか。シュナイダーすごくかっこいいですね。

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

-

気になってたので映画館で観られて良かった なるほどこういう話しだったんだ…

チェイサー(2008年製作の映画)

-

久しぶりに見返した。初めて見たときに号泣してもう二度と見たくないと思ったけどやはり面白かった

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

-

原作既読。原作結構面白いんです。途中までの原作再現率がやばい。すごい。キャストも皆ハマってる。なんちゃって日本じゃない。アリシア・ヴィキャンデル日本語うまい。頑張ってる。ただ、ラストが原作と違う……原>>続きを読む

コンフェッション 友の告白(2014年製作の映画)

-

つらい 見てて嫌な予感しかしないけどこういう話嫌いじゃない…

ジェフリー・ダーマー(2002年製作の映画)

-

真摯に作られた映画だと思った。ただのグロいホラーだったらどうしようと思ったけど全然そんなことなかった。パッケージは完全にミスリードしてる…

ロビンソンの庭(1987年製作の映画)

-

飽きはしなかっし色々良かったけどすごい面白いかと言われたら悩む要素もいくつかある……

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

-

面白かったけど?!????新しい記憶も見てみます…

>|