かわいわかさんの映画レビュー・感想・評価

かわいわか

かわいわか

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)

4.3

一貫してジメジメとした湿度を保った狂気。ラストシーンのなんとも言えないもどかしさが辛い。不穏な90sギターサウンドがナイス。

映画:フィッシュマンズ(2021年製作の映画)

3.9

フィッシュマンズの音楽はイヤホンでなく空気を挟んで大きな音で聴く事が重要だと思っているので満足。

90年代をリアルタイムで駆け抜けたメンバーや周りの人達の貴重なドキュメンタリーは見ていてわくわくした
>>続きを読む

WALKING MAN(2019年製作の映画)

1.0

Anarchyがレッドブルマイクから出してる64Barsというラップしてる動画は★4.5なのでこれ見ようとしてる人はそっち見て欲しい。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.8

途中で飽きてちゃんと最後までちゃんと見なかったけど、意味が分からない。そこを狙っているギャグなのだとしたら渋過ぎる。

デヴィッド・ボウイ 最後の5年間(2017年製作の映画)

4.0

晩年のデビッドボウイの作品が好きだったのでそこに纏わるエピソードが沢山聞けて満足。生き方がかっこいい人のドキュメンタリーは人生の教科書。

シャイニング(1980年製作の映画)

4.7

今改めてみると自分の好きな要素が細部に沢山散りばめられていたがそれを汲み取るのに時間がかかり過ぎてしまった。さあ、新しい人生の始まりだ。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.5

自分が監獄シュチュエーションフェチである事を決定付けた作品。

エル・トポ(1970年製作の映画)

5.0

"犬共は女の乳房が好きだ、見せてやれ"
これくらい現実と創作物の距離がある世界の方が俺は見ていて心地良い。
個人として映画にオチを求めている訳ではないという事を再確認。素晴らしい名作。

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

5.0

人生で何度も見るであるだろう自分の核になっている映画の一つ。
歴史や宗教、様々な文化背景を知る事によってより楽しめるので定期的にみよう。
凝り固まった映画ってこうだよねって枠を簡単に取っ払ってくれる。

バスキア(1996年製作の映画)

4.4

文脈を掘っていくとぶち当たるアニキ的存在
やってる事近しくて笑った

カノン(1998年製作の映画)

4.6

人間の多面性

ドブネズミの汚さの中にある美しさ、でもやっぱりキモさも滲み出てくるみたいな正直でアバンギャルドなフランス映画。

これがなければアレックスもエンターザボイドもLOVE3Dもクライマック
>>続きを読む

ルシファー・ライジング(1972年製作の映画)

5.0

好きな映像表現を辿っていき到達する一つの心理。
ピンクフロイドの狂気にも通ずる空間の広がりと生命の神秘

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.4

想像もできないくらい色々な人間がいて様々な思いがあり構成されていく社会、全てが上手にいくのは難しいよね。でもせっかく生を授かったのだからなるべく幸せに生きていたいよね。人に優しくしたいしされたいよね。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

抽象表現どんとこいの姿勢で挑んだけどちゃんと完結させてくれたことに驚き。

庵野監督筆頭に関係者やスタッフ皆さんありがとう&お疲れ様でした。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.4

独りよがりな男のワイルドさと童貞心のかわいさGAP

アングスト/不安(1983年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

癖(行為などの偏った傾向が習慣化したもの)は人それぞれだがそれがイリーガルな人は生き辛い。
途中から価値観のマイノリティ(社会的弱者)の主観映画に思えて非常に辛くなる。
何を価値観にするかは人それぞれ
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

5.0

芸術に対しての考え方や情熱に魂が惹きつけられる。
とんでもない作品を作る為に信頼できる仲間を探している感覚に共感するしどんな状況でもYESと言うその人生哲学に勇気を貰える素晴らしいドキュメンタリー映画
>>続きを読む

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アートに対する愛とユーモア

上映前に一切フライヤーやポスターを隠し上映後に放つ映画館の使い方が斬新

サイケデリックフラッシュホラー

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.5

皮肉でお洒落
体に悪い物がいかに日常に浸透しているか感じざるを得ない

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.6

大好きな小説家、恒川光太郎氏と同じ設定でテンション上がった

サンダーキャットの影響か海外のオタクに好感を持つ事が多い

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

4.3

この作品に影響を与えた映画がいくつも浮かんできたから多分作った人と気あうわ(^^)

>|