kareegasukiさんの映画レビュー・感想・評価

kareegasuki

kareegasuki

映画(220)
ドラマ(13)

架空OL日記(2020年製作の映画)

-

個々のキャラクターを映画でも発揮させていて本当に可愛い
さえちゃんの可愛さ、、小峰様には完敗
カレンダーのとこまでやるのかという最高さあるある

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

-

お風呂のシーンがすごく好き
最後の最後、希望みえて救われた気がして見てよかったなって思えた!
ミュージックのタイミングが絶妙で良い、、

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

映像の美しさ、お花、ドレス、白
細部までしっかり綺麗だった

慣れるのは染まるのは当たり前になるのは、、
communeの規模が小規模なほど恐ろしいかも

他の世界を知らないから善悪の評価も比較対象が
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

期待通りだったけど、本当にネズミちゃんが大きくて嫌だった
初めて映画と観客じゃなくて、
映像に取り残されずに一緒に過ごせた

長いお別れ(2019年製作の映画)

-

おじいちゃんおばあちゃん、両親、自分にもあり得るお話
愛がたっぷり溢れたほくほくしたけど
とってもなんか、、悲しい気持ちにもなったなあ

人は完璧じゃないから、助け合って笑い合って生きていけると思った
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

-

ラストにかけて迫力満点でめちゃ続々した!
とりま、自分も人に何人も必要と思われる人間になりたかったなあ

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

現実的。喜怒哀楽をむき出しにできる相手がいるってことは結果的に私は良いことだとおもいます
相互の気持ちを一致させることは他人だからむずい、複雑

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

真剣にもう一度みたい、、ダンスのシーン良かった

戦時下でもオシャレを楽しんでいてお洋服がいちいち可愛かった
ヨーキーとハグをするシーンは毎度な癒し
いろんな人、瞬間に愛を感じられました

真正面から
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

-

映像がすごく綺麗
広瀬すずと森ななの透明感半端ない
神木くんの存在感がやっぱりすごい
トロンとしてしまう時間はあったけど、それはつまらないんではなく心地良かったんだと思う

やっぱりアナログ的に残る手
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

鋭かった。
映画館中に臭いがしたのかと感じた
貧民と富民が臭いを感じられるまでに近くにいる違和感。たしかに生きてる世界が違うと思ってしまう、のを感じさせる

力がたくさん入ったなあ、面白かった!

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

-

毎日の行いがその人の人格をつくる

ハートフルでクスッと笑えるところも多いし
いろんな現代を捉えててすごく面白かった
トムかっこよすぎでしょ、、!!
生きてること自体が幸せです、一緒に見れてよかった

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

-

『人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。』

途中震えるホラーありましたが、美しく綺麗で見ていてうっとりしちゃった

難しかったけど、今私は幸せ
>>続きを読む

君への誓い(2012年製作の映画)

-

本当辛い気持ちが途中途中きてしまった
けども本当優しい気持ちと
相手に寄り添う気持ちは大切
付かず離れず難しいよ〜好きな気持ちって大切

午前0時、キスしに来てよ(2019年製作の映画)

-

くそわろた、設定はさすが漫画
橋本環奈も可愛すぎだしお兄もスタイル良すぎだし
目の保養にはなりました、ながい
余裕で寝たなあ。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

-

ばんっめきめきめきーどろどろぱーんって感じで
外国の驚かせ方って本当おもしろいよね
怖いじゃなくてめちゃくちゃ笑いました。以上。

ビッグ(1988年製作の映画)

-

本当に名作だよねえ
ピアノひきたいです、大人になっても子どもの気持ちをわかれる大人になりたいです

イエスタデイ(2019年製作の映画)

-

ミニスタジオでスーパー楽しそうに収録するところがとっても好き
エドが可愛い、oasisがだいすき

楽園(2019年製作の映画)

-

こんな雨の日が初日。いいのか悪いのか

村八分ってほんとにくだらないね。
みんな自分が大切、同情を買って労って欲しい。
そんなのってすごく悲しいよね

多数決派が怖くない理由はそこにあるのかな
くだら
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

-

スキが溢れすぎて母国語たくさんでちゃったのわろた
佐野くんが佐野くんに見えなかった

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

-

オゲレツ、営業マンの鏡??
日本人の邦画としてあったら見れないんだろうな、、人種が違うから見れた
何よりも長

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

私の憧れであり遠い存在
海はすきだけどやけれない、少し難しかった
屋比久友奈さんの歌声が離れないしミリヤの歌も大好き

アラジン(2019年製作の映画)

-

2日連続見ました
ウィルスミスって神よな
吹き替えはみてないけどApple Musicでききまくりました

>|