Hannahさんの映画レビュー・感想・評価

Hannah

Hannah

映画(195)
ドラマ(5)

苦役列車(2012年製作の映画)

3.0

これ以上ないってくらい胸糞悪すぎて笑える😂次は森山未来を好きになれそうな映画を見よう。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.4

「あなたはこれを愛と呼べるか」「共感度ゼロの最低な男と女が辿りつく“究極の愛”とは」これらのコピーが優勝すぎ。松坂桃李がものすごくエロくてよだれものだったけど、ペラッペラすぎて全く抱かれたいと思わなか>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.2

ハッピーと言ってはいけないけど想定よりハッピーな結末だった。川栄ちゃんは見事にイラッとさせてくれた。黒木瞳さんの無駄遣いでは…? 信頼の実態はどこにあるのか時々考えるからテーマは好きだった。

罪の声(2020年製作の映画)

3.2

ところどころチープに感じてしまった。関西が舞台でも関西弁を無理に使う必要ってない気がする。やっぱ変。

自分の意思とは関係なく、不遇な人生を送らざるを得なくなった人の痛みにはどうしても涙してしまう。手
>>続きを読む

ホリデーオンリー: とりあえずボッチ回避法?(2020年製作の映画)

-

こーゆーくだらないラブコメって最高の息抜きだわ。ジャクソン役の人かっこいーと思って調べたら歳下でびっくり。40歳くらいかと思った…。邦題がひどすぎ。笑

悪人(2010年製作の映画)

3.7

みんな誰かを愛したいし、愛されたいね。それがないといろんな形で崩れちゃう。バランス良く生きるって難しい。

怒り(2016年製作の映画)

-

俳優さんたちの全身全霊の演技を見て、こんなにまで魂を削って作品を作ってくださってありがとうございますって気持ちになる。舞台化されないかな…絶対見たい。音楽が素晴らしい、さすが坂本龍一教授。

フェアウェル(2019年製作の映画)

-

コロナで公開延期になって、待て状態だったから余計期待値上がってたのもあるけど思ったほど刺さらなくて残念。でもそれは私が中国文化に馴染みがないからな気もする。テーマは好きだから日本文化バージョンでリメイ>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.5

菅田将暉ってあんな地味になれるんだなー。すごいなぁ。ニノがどうしても「嵐のニノ」に見えてしまって、国民的スターが俳優さんであることって大変だなぁと。号泣モノだと予想していたけど、私的にはほっこりした気>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.3

あまりに多くの傷を負った人たちが微かな希望の光に気付いて、握ったその手を離すまいとする気持ちの強さがひしひしと伝わってきてたくさん泣いた。中には絶望もあったけれど…。音楽もとってもよかったし、新人だと>>続きを読む

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

4.5

悪しき慣習を信仰の元にある正義だと押し付けることは余りにも乱暴だ。その宿命を背負いながらも、家族と祖国を愛する気持ちを持ち続けられる強さは眩しいほどに美しく、心が大きく揺さぶられた。文化、性別、愛…色>>続きを読む

十二単衣を着た悪魔(2020年製作の映画)

-

果たして無事公開されるでしょうか、良い作品だったから作品とは無関係の出来事でお蔵入りになってはもったいない。

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

-

運命の日かぁ。一年前のこの日も…とかそういう話結構好き。でもこの映画はそんなにかも。一箇所とんでもなく文句言いたいところがある。

(2020年製作の映画)

-

中学生の恋模様かわいすぎて頭抱えた。小松菜奈さん食べてるだけで絵になるなぁ。

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.4

下手したらB級映画もいいとこの駄作になりそうなものを俳優陣のパワーで良作に持ち上げた感。

劇場(2020年製作の映画)

3.8

ラストのセリフ読みするところから名シーンだわ。そこでこの映画に対する気持ちがガラッと変わった。

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

3.7

観賞後にいろいろ調べてるけどドキュメンタリーであることが未だに信じられない。なんで映し出された数々のその瞬間を押さえられたか不思議。。。

遠い世界の養蜂家の孤独な女性の姿から生きることについて深く考
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.9

もう一度見たいと思う素敵な映画だった!私もイヤホン分けっこして音楽聞きながら、夜のニューヨーク散歩してうっかりクラブにまで行っちゃったりしたい!媚びない主人公が素敵♡

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

女の子グループの仲良しがいる人たちは絶対感情移入しちゃう。平成のJPOPがいい感じ(^^)女子高生っていいよねぇ、やかましくてなんでも大げさにリアクションできて。かわいい。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.5

いまいち入り込めずリタイア。オダジョーって絶対本人クズじゃないのにクズっぽい役ハマりすぎるよねぇ。クズなのかな。オダジョーのお陰で世の中のクズ男は株を少しあげてると思う。クズの方がカッコよく見えたりす>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.3

だれとは言わないけど誰かを思い出してちょっと考えさせられる話

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.2

人を好きになることは、
愉しいことでございます。

>|