スヨさんの映画レビュー・感想・評価

スヨ

スヨ

  • List view
  • Grid view

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

3.9

佐藤浩市さんが売れない俳優役で、マネージャーが小日向文世さん。
ヤクザのボスが西田敏行さんで、その女が深津絵里さん。
はすっぱだけど魅力的。
月に腰掛けて歌うシーンが好き。

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.0

猪熊さんが、信玄餅の食べ方を教えてくれるとこ好き。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.4

ミュージシャンのせいいちを支えるツチダ。
せいいちが作った曲を聴くのが楽しみ。最後、聴かせてもらえてよかった。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.3

最後、いやな予感が当たってしまいただただ、悲しい。

デイジーが、ダニエルの家まできて、助けさせてと言って、抱き合う場面も涙。

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.8

サンマン、いつも孤独で寂しかったが、4人のゴーストと過ごすうちに、これが生きた人たちだったら、と思う。誰かと一緒にいるというのが、力になるんだな。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

観終わった…
日本映画のホラーは絶対観ないのに。がんばって観た。

子役がすごいな。

誰が悪いの?

スパイな奴ら(2012年製作の映画)

3.6

スパイとして久しぶりの大仕事で、仲間も集結する。
党や国より、大事なのは家族。北に残してきた母との電話は切ない。
まぬけな感じだが、仕事となるとさすがの身のこなし。襲撃場面は激しい。

グッバイ・シングル(2016年製作の映画)

4.1

キムヘス、スタイル良いね。
『シグナル』のイメージが強かったので、こんなに明るい役で驚きました。
マドンソクのスタイリスト役、ほぼマネージャー。
人情味あふれてて好き。

目撃者(2017年製作の映画)

3.8

ずーっと怖かった。俳優さんたちも派手な人たちではないから、余計に身近にあったら怖いと思わせる。
守りたいものがあって、言い出せないつらさ。
娘を守る母も強い。

白夜行-白い闇の中を歩く-(2009年製作の映画)

3.8

原作の内容はすっかり忘れていたが、質屋、ケーキ、など断片的に思いだした。
あのときヨハンを捕まえてあげられなくてごめんと泣く刑事が痛々しい。

殺人の疑惑(2013年製作の映画)

3.3

途中から、息をとめて観ていて、苦しくなった。
父を信じたい気持ちと、疑惑が記憶と一致していくつらい気持ち。
こんなに優しい父がなぜ。

あいつの声(2007年製作の映画)

3.0

なるべく感情移入しないように観ていたが、番組に復帰して涙ながらに訴えた場面では、無理だった。

大好きだから(2017年製作の映画)

4.0

チャテヒョンさん、優しくて良いね。

ソンドンイルさんが好きなので、この映画でも観られて良かった。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.0

パパと観た。
面白かった~。
豪華な俳優さんたち。ROLLYとか、分からなかったな。

怪しい彼女(2014年製作の映画)

3.7

シムウンギョンちゃん、発言がばーちやんでかわいかった。

多部ちゃんのも面白かったけど、こちらも良い。

さまよう刃(2014年製作の映画)

3.6

東野圭吾の原作を少し前に読んでいた。

若い刑事役の人が良かった。

ミス・ワイフ(2015年製作の映画)

4.0

幼稚園生のハルが、ママのために更年期の薬を買ってあげるとこが好き。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.0

自宅の庭にすむ生き物や、草花をじっくり観察するモリ。
絵を描くところは出てこない。
ひっきりなしに人が、出入りするモリの家。その生活が描かれていて面白かった。

サヨナラの伝え方(2016年製作の映画)

4.5

ねこのヤンマが魅力的。
アンティークのカップで、おいしいミルクティーが飲みたくなりました。

探偵なふたり(2015年製作の映画)

4.2

ソンドンイル、素敵!
奥さんが強め、という共通点をもつ二人のコンビがよかった

プランマン 恋のアラームが止まらない!(2013年製作の映画)

4.5

30年前は天才少年、今は図書館司書のジョンソク。なぜ彼が秒単位できちんと行動するようになったかが分かったときは涙。

クリーニング屋のおじさんがジョンソクのこと見守ってくれてるようで良かった。

ソジ
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

3.5

中居くんの番組の韓国映画特集でおすすめしていた。
まだ、観ていなかったので視聴。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.5

町田くん、原作よりもだめっぷりが強かった?でも愛すべきキャラクター。
人のことが好きと公言する町田くんに好きな人ができて、まわりが見えなくなる。心がぐちゃぐちゃになる。町田くんに関わった人はみんな優し
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.3

井浦新くん、彫り師役で見た目も衝撃的でした。舌にピアスする場面は見ていられない。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.2

菅田将暉、広瀬すず
茂下灯台から見たら打ち上げ花火はどんな形に見える?
あのときああしていたら。
たくさんのもしもがあるんだな。

アーヤと魔女(2020年製作の映画)

3.6

パパが好きかな?と思い録画して、一緒にみたら、私も好きだった。
原作も図書館で借りて読んでます。

ベテラン(2015年製作の映画)

3.8

暴力はきつかったけど、俳優さんたちがとても良かった。

国選弁護人ユン・ジンウォン(2015年製作の映画)

3.0

記者役の女優さん、話し方が強め。
ユンジンウォンと先輩とのコンビが良かった。

>|