wakuwakupopさんの映画レビュー・感想・評価

wakuwakupop

wakuwakupop

映画(252)
ドラマ(0)

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

幼少期、青年期、成人期のシンプルな3部構成。ストーリーもある種ピュア。

説明的なセリフもなく、シャロン自身が口数が少ないけど、シャロンの表情や仕草、行動で十分にシャロンという人物がわかる。

青年期
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.5

思ったよりもコメディ要素が多かったけど、画が綺麗で全編に漂う雰囲気が好みだった。

バイト仲間のアホさ加減が最高。ああいうバカなことする時間や仲間って実はかけがえないよなぁと学生時代のアルバイトを思い
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.5

実在した数学者アラン・チューリング。彼のことは正直全然知らなかったけど、彼なくして現在のコンピューターはなかったのだと知り衝撃。

歴史的事実としても興味深く面白いし、映画としてももの凄く面白かった。
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.0

重すぎる実話。

アメリカの歴史を語るうえで黒人奴隷について外すことはできないと思うけど、映画とは言え実際に映像で観るとあまりにも辛すぎる。

ただ、恐らく実際にはもっともっとひどい環境や仕打ちだった
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.0

主演のクメイル・ナンジアニの実話を本人が演じているというのを知って興味があった作品。

そして、「ルビー・スパークス」の時から大好きなゾーイ・カザンが相手役なので期待大で鑑賞。

ラブコメ+難病物に異
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

4.2

この年末で1作目からファイナルまで一気見したけど、こんな短時間でシリーズを一気見しただけでもグッとくるファイナルだった。

リアルタイムでロッキーを追っていた人なら尚更感慨深いだろうなぁ。

さすがに
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.3

4のラストシーンの直後からのスタートだけど、なぜか息子だけ数年分くらいの成長を遂げてて明らかに大きくなってる…。違和感ありありだけど、まぁそこは大人の事情ということで。

脳に障害が出てるから引退とい
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.7

ソ連からの強敵ドラゴにより、アポロが結構あっさりと死んでしまった…。

話の筋とは関係ないけど、アポロとドラゴの試合前にジェームズ・ブラウン出てて時代を感じる。

冬のソ連でのトレーニングシーンも新鮮
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.9

かつての敵が友となって、新たな強敵に共に立ち向かう。

3作目にして、こんな熱い展開を用意してくれるなんてスタローンすごいなぁ。

ミッキーとの別れは悲しいけど、アポロがめっちゃ良い奴だった。

今回
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

4.0

前作の直後からのスタート。(そのわりにエイドリアンの髪がもっさりして、ちょい老けたように見える…)

今回は一躍時の人になったものの、その後にお金がなくなり仕事を探す、仕事が上手くいかない、周りから冷
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.8

子供の頃はよくテレビで放送してた印象もあって観たつもりではいたけど、今更ながら初めてしっかりと鑑賞した。

やはり語り継がれるシリーズなだけあって、今の時代に観ても普通に面白いと感じる。それに当時のス
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.5

時代の違う2つの物語が入れ替わりで同時に進行していくので、一見わかりづらいけど、徐々に繋がっていく感じが気持ちよかった。

ベンとジェイミーが親交を深めていく感じも良かった。ジェイミー良い子。

お洒
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

4.8

平成ライダーと共に育ったものとして、これ以上ないくらいの興奮と感動だった。

今回、主人公達が自らの存在を「仮面ライダーというテレビの中の虚構の存在である」ということを突き付けられるという、わりとタブ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.2

公開終了ギリギリに駆け込みでようやく鑑賞。

予想以上に面白い。色々と突っ込みどころはあるけれども期待値を余裕で越えました。

アクション良し、ほんのりコメディ要素も良しで飽きない作り。さすがのマーベ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

評判があまりにも良いから、普段映画館に行かなそうな人や、Queenも聴かないであろう人達までもが絶賛していて、ミーハーだなぁ〜って思ってたけど、これ観たら確かに絶賛したくなっちゃう気持ちがわかった。>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

魔法のシーンは相変わらずワクワクする。そして、ホグワーツ城を見てさらにワクワク。

ただし、ストーリーが重苦しくて少々難解になってるので、完全に一見さんお断り。

ダンブルドアというより、ジュード・ロ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.0

全然話についていけなかった…。ただ、観ていてつまらなくはないっていう不思議な映画。

要所要所で好きなシーンや場面はあったし、ジェイク・ギレンホールはさすがの演技。

クライマックスの雰囲気とエンディ
>>続きを読む

ホーム・アローン3(1998年製作の映画)

4.5

子供の頃に何度も何度も観た作品。久しぶりに観たけど、セリフとかほとんど覚えてた。

ケビンも大好きだけど、アレックスも大好き。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

オープニングから衝撃。

すごく観入ってしまい、あっという間の2時間だった。

最後はエドワードなりの復讐なのか?

ジェイク・ギレンホールの演技は今回も素晴らしかった。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

しっかりと続編として作られてる。世界観も本当に素晴らしい。

かなり長い作品だけど、全体的にクオリティが高くて観入ってしまった。

万人受けはしないだろうけど、個人的には大好き。

ブレードランナー 完全版(1982年製作の映画)

4.0

原作である「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を読み終わったタイミングで数年ぶりに観た。

原作とは別物ではあるものの、これはこれで非常に面白い。

今観ると、この映画で描かれた未来感は、本当に数多
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

3.4

シャーリーズ・セロンが見事なまでにだらしなくて自分勝手なぶっ飛んだ女性を演じてた。

命名パーティーのシーンは、笑えないんだけど笑っちゃうような絶妙なバランスの演出。

少し希望がもてて余韻に浸れるよ
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.0

3以降は初見、且つ、デヴィット・フィンチャー監督なのでどんなものかと鑑賞。

2のリプリーの頑張りが見事に水の泡になるオープニングで笑った。

良くも悪くも予想通りのストーリー。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.8

プーさん好きにはたまらない映画。

ユアン・マクレガーは永遠の少年って感じでクリストファー・ロビンにぴったり。

プーさんや100エーカーの森の仲間たちが愛くるしすぎて、何度も何度もグッときてしまった
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

5.0

最高に面白いヒーローアクションファミリームービー!

前作のクライマックスから始まるので、前作を予習しておいて大正解だった。

ヒーローそれぞれの能力の見せ方、ワクワクするアクションシーンはさすが。
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.7

地元で少し撮影していたのを知ってたので、どんなシーンで使われてるのか観るためだけに鑑賞。

結果、予想外に良かった。作品に漂う雰囲気も音楽もセンスが良い。

濱田岳と佐藤健のやり取りのシーンで映画って
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.7

1よりも好き。

前作に比べてバトルアクション感が増して面白い。ランボーとかを観てる時の感覚に近いかも。

エイリアンのなんとも言えない気味の悪い造形が素晴らしい。

王道のエンターテイメント作品。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

大好きなシリーズだけど、映画館で鑑賞するのは初めてだった。

今回は、イーサン・ハント VS スーパーマン だったけど、このシリーズにおいては圧倒的にトム・クルーズがスーパーマン。

アクションシーン
>>続きを読む

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

4.0

料理のシーンが見惚れるくらいに鮮やかで美味しそう。

ネズミ達が力を合わせて料理を作るシーンは、なぜだかピタゴラスイッチを観てるような感覚で気持ち良い。

ピクサー作品は本当にどれも素晴らしい。

エイリアン(1979年製作の映画)

3.5

子供の頃、テレビで放送してたのを何度か観てた記憶があるけど正直ストーリーをあまり覚えていなかった。

大人になって観ると、クルー達のバカさ加減にイライラした…。とは言え、1979年にこの映画を撮影した
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

5.0

最初から最後まで飽きないどころか、もっと観ていたいとさえ思えた。

アントマン特有のアクションもより洗練されてたし、笑えるしで最高!

フレンズの時からポール・ラッドのコミカルな演技が好きだったので、
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

このタイトルからは想像できないようなぶっ飛んだSF作品だった。まさにパンク。

不思議な映像をひたすら見せられている感覚。

好みのストーリーではなかっけど、作品全体に漂う雰囲気は好きだった。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

全体的にすごくセンスが良かった。

1970年代の空気感もとても良い。

クスッと笑えるシーンもあるし、それぞれの人生にもスポットをあてて非常に面白かった。

いつまでも浸っていたいような雰囲気の映画
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

メアリーがかわいい。こんな子供がいたら、かわいくてしかたないだろうなぁ。

我らがキャプテンこと、クリス・エヴァンスもすごく役にはまった自然体な演技で素晴らしかった。

素敵な映画でした。

>|