ホンダさんの映画レビュー・感想・評価

ホンダ

ホンダ

ヒットマンズ・レクイエム(2008年製作の映画)

5.0

朝からファレルが見たくてしょうがなかったところ、U-NEXTが見透かしたように配信を開始していて完全に運命でした
もう映画が始まってからずっとファレルの眉毛が困っていてツボすぎる 笑笑

前半はゆるゆ
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.4

クレイグ版のジェームズボンドという枠を確立させつつも、過去作へのオマージュや007らしい設定でシリーズから外しすぎない、バランスの良い「クレイグボンドの総括」でした
クレイグ版の楽しみである主題歌OP
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.8

もう今回のガイリッチーも最高!な安定の面白さ!
時系列の繋げ方や編集にさすガイリッチーと思いつつ、今回はいつもよりシリアスなガチのクライムサスペンス路線でヒリヒリした空気感にシビれました
そして登場人
>>続きを読む

ジャッリカットゥ 牛の怒り(2019年製作の映画)

4.8

牛牛牛ィ!!
逃げた牛を捕まえるだけなのに何故か大量のオッサンたちがトチ狂っていく映画
とにかく画面が1000人?の狂人おじさんの大洪水(もれなく全員濃厚な顔面)、牛は本当に逃げただけ、でもおっさんは
>>続きを読む

世界残酷物語(1962年製作の映画)

-

映画に出ていたアーティスト(イヴクライン)を検索したら、世界残酷物語の試写を見て激昂のあまり心臓発作で逝去したと書かれていました
おいおいヤコペッティ〜〜

実際どこかの誰かの文化が虚実ないまぜで敬意
>>続きを読む

アルプス(2011年製作の映画)

4.6

うお〜、久々ランティモス!こういう映画を配信してくれる感じ、ジャイホーに大感謝だしこれからの配信サービスの発展に期待が膨らみます

ランティモスはさすがの居心地の悪さ!
笑うことも共感することも映画か
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.2

すごく大きい話になるはずのところがなんだか小さくなってしまって、個人的にフランツ=ブロフェルドの設定はミスったなと思っています
レアセドゥの大人っぽさと幼さと強さと美しさを味わえるキャラクターが最高!

ダルバール 復讐人(2020年製作の映画)

4.8

WARぶりのインド映画in映画館で爆上がり!しかも大満足の主人公つよつよ系インドアクションで、こういうのが見たかった欲が一気に満たされました💃🕺

基本的にラジニ様サイコー映画でありつつ、きちんと刑事
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.8

私情が入りすぎて、何よりもまず酒カスに対するブチギレの感情しか出てこなくてつらい…もっと色々思うことあるはずなのに

個人的にお酒は好きだしお酒を楽しむ素敵な大人たちも知っていますが、一方で酒カスへの
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.6

このザ・探偵的な探偵と物語の舞台、新たな古典ミステリが現代に誕生した感じ(?)ですごくワクワク!
そんなミステリあるあるな王道を行きつつも外すところは外すので、意外と展開が読めなくてさらにワクワク
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

5.0

ガーディアンズオブギャラクシーvol.2を見るまで一番好きな映画はガーディアンズオブギャラクシーでした
チームアップ編でこんなに面白いの、おかしくないか!?

初見→セクシーなアライグマのOh yea
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

オーンはいはいはい私のいちばん好きな映画です、星5億です
1ですでに最高なのに2はもっと最高(最高とは)!キャラは深掘りされもうずっと大暴れ!スースクでわかったのは監督自身の力量が相当上がっていたため
>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

4.8

昨日見たドライブマイカーに続いて、喪失の話でした
こう見るとやっぱりドライブマイカーはいろいろと綺麗で、丁寧な埋葬の儀式を代行してくれたなと改めて思い
一方でsummer of 85は不恰好で混乱しき
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.8

ジェームズガン!!ジェームズガン!!ジェームズガン!!
ジェームズガンが帰ってきたぞーー!!最高最高最高さいこ…いや最低なんだが!?笑笑
始まってからずっと「ヒーローだとコンプラ的にNGですが、こいつ
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

5.0

は〜、これはちょっと良すぎるぞォ!と逆ギレするくらい良かった
私の映画鑑賞軸は基本的に共感と学びと萌えしかないのですが、どれとも違う感覚を使わされて、ひたすら画面を見て音を聴いていたなという感じでたま
>>続きを読む

自伝的場面6882番(2005年製作の映画)

-

9分でもしっかりオストルンド
見栄張る男、ヒステリックな女、他人の自尊心をそっとしてやらないやつなどなど、まずいと思ったときには止められない、気まずさピラゴラスイッチの核心です
あるある〜!
もうその
>>続きを読む

緋色の街/スカーレット・ストリート(1945年製作の映画)

4.8

きっっっっつ
主人公のおじさんには同情派です🙋‍♀️
他人からの理解と愛を受けていない(と感じている)とき、人は自己の肯定を他人に縋る愛情モンスターになることがあると思うんですよ…
それで愛情モンスタ
>>続きを読む

琉球バトルロワイアル(2013年製作の映画)

3.8

にふぇーでーびるぼでぃーびる💪🏻
ガチのダンサーとガチの空手家を起用したおかげで、映像的な楽しさは抜群!
演出的にも画が綺麗だし、視覚を喜ばすという点では映画としてなかなかのイケイケです
そういうこと
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(2000年製作の映画)

4.6

カスカベ防衛隊セレクト
子供のころ録画したやつを何回も見ていた個人的にいちばん思い入れのある劇しんです
防衛隊は前半のサバイバルシーンで活躍!

原恵一監督作は日常の延長にある冒険という感じで、ファン
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年製作の映画)

4.8

カスカベ防衛隊、ペキンパー!✊🏻
劇しん防衛隊セレクト
序盤のすこしふしぎホラーテイストから終盤のはっちゃけまで劇しんらしい良さが詰まっています、もちろん防衛隊の友情もおおきなみどころ
そして映画の中
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

4.8

まじめっちゃ最高だったんですけど…!
普通にやったらクサいくらい綺麗な話も、クレしんとしてデフォルメ化しておケツで軽く汚したらめちゃくちゃ心に響くんですか(真面目に言うと何年も時が進まないクレしんとい
>>続きを読む

ハイサイゾンビ(2014年製作の映画)

3.8

はっさ、こんなご当地ゾンビものがあったんですね

ご当地ものと言いつつロケ地はまさかのコザらへんの絶妙に寂れている商店街が主で、設定などもろもろそんな感じに沖縄感が薄くなっております
なんでよそこは沖
>>続きを読む

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

4.6

奇祭映画!
ゴア無しおばけ無しで、民俗学(文化人類学?)的な奇妙の感覚でジワジワ仕掛けてくるところに高感度爆上がりです

辺境の島の宗教vsキリスト教の構図ですが、正直自分にとってはどっちも馴染みのな
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

5.0

最高of最高〜〜!!🥳
転々とするジャンルをミステリとしての話運びに組み込んでいるのが匠すぎて、何回見ても何度でも唸れます!
小ネタの回収密度は神がかり、エドガーライト節のリズムはやみつき、そしてサイ
>>続きを読む

ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!(2015年製作の映画)

4.4

籠の中の〜鹿殺しまで、ランティモスと共同脚本に名を連ねるエフティミス・フィリッポウが脚本ということで

6人のおっさんがお互いを採点していちばんの男を決めるゲームを行っては、揚げ足を取りチマチマ言いが
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1999年製作の映画)

4.8

アルモドバル映画の中にはだいたい大変な悲劇があるけれど、その原因を単純に性別や貧困や格差なんかと結び付けないところが自由でいいなと感じます

今回も始まりは悲劇で、気がついたら思いもよらない遠いところ
>>続きを読む

オンリー・ユー(1994年製作の映画)

5.0

ヌオーッ、最強ロマンス…!!
きっかけはお伽話的、恋に落ちるは素直で真っ直ぐな人の心ォ!みたいなラブストーリーが大好き〜〜

その点このころのダウニー出演作は愛が微笑むときにワンモアタイムにオンリーユ
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

4.2

この1ヶ月間で見た人間が犬になる映画2本目!(何で?)
泥酔シーンがどれも最高でめちゃくちゃお酒が飲みたくなりました
何気にパティンソンの背が高くてデフォーと並ぶと10cm差もあるんですよ、良いですね
>>続きを読む

ベレニス(1954年製作の映画)

4.6

すごく前に読んだことがあるのを思い出した
やっぱりポーは陰キャにいいな、すぐ生きたまま埋葬しようとするな(土葬文化だとあるあるトラウマなのかな?)

キャストにロメールがいるということはこのおじさんが
>>続きを読む

シュザンヌの生き方(1963年製作の映画)

4.5

君たちそんな惚れさせただの惚れてないだので自尊心をごまかすだけの人間関係で楽しいの?
カーーーーーッ!酒もってこい!!

酒といえば降霊会の後ろにチラッと映っている斜めラベルの瓶がジョニーウォーカーな
>>続きを読む

モンソーのパン屋の女の子(1963年製作の映画)

4.8

おうおうおうおうクッッッソ野郎〜〜笑笑

一挙一動サイテー男が独白だけはやたらそれっぽく自分の行動を語るのが腹立つぞ
キェーッこの文系野郎が!!(弁が立たない理系なので奇声で威嚇するしかない)

主人
>>続きを読む

ああ結婚(1964年製作の映画)

4.6

昨日今日明日も自転車泥棒も撮れちゃうデシーカ節、ニコニココメディを匂わせてからのシリアス心理描写がつらすぎて今日も心が折れますよ

でもローレン様がいるから耐えられる…やっぱり強さと深い愛を持った母で
>>続きを読む

BARに灯ともる頃(1989年製作の映画)

4.6

特別な一日に続いてまたもや会話劇
おじちゃんヤンニと息子との、むずかゆくて優しくすれ違う家族特有の距離感が丁寧に描写されていて素敵でした!

自分はこれで正しいと思って子供に接してるのに、子供からして
>>続きを読む

狂ったバカンス(1962年製作の映画)

3.8

くそオヤジvsくそガキ
くそオヤジがくそガキ集団に絡まれてはよ帰ろうと思うも、かわいいカトリーヌスパークがちょっとくっついてきたりチューしてくれたりするので、マジ俺ワンチャンじゃん…と居座りくそガキ集
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

4.6

自然な会話と不思議な繰り返しが面白かった!!
女性陣の喋り方が(韓国語だけど)あーこういう人いるなって感じでツボ
初っ端にわとりのおしりから始まるのもとてもナイスだったし、途中の猫が超良い演技をするの
>>続きを読む

特別な一日(1977年製作の映画)

5.0

ついにスコーラ×マストロヤンニを見てしまいました、はちゃめちゃに良かった…朝から沁みる映画を見てしまって今日もう何もしたくないな

良い人間ドラマには良い人間描写が必要ですが、この映画はとにかく会話が
>>続きを読む