わるたさんの映画レビュー・感想・評価

わるた

わるた

G.I.ジョー バック2リベンジ(2013年製作の映画)

3.4

前作より面白かった
主役もあっさり代わって別物に
ストームシャドーが胸熱だった

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.6

カフェの隅、通りを見渡す席に一日中座っている男。
かなえたい願いが、男の指示に従えば実現する。
その噂を聞きつけて入れ代わり立ち代わり訪れる人々。
舞台演劇の匂いもするワンシチュエーションもの。

>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.9

Filmarks始めて、観たい映画に登録した第1号作品
やっと消化。長かった…

・オープニングが土曜ワイド劇場
・マテーラのとてもよいプロモーションムービー
・あのホテルは実在しない。残念
・あの駅
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.5

予想よりだいぶラッセルクロウが気の毒だった。
彼に代わってあの女に鉄槌を下したい。
主人公の被害者面が腹立つ。
全部他人のせいにしてませんかあいつ。
そのヘイト管理が絶妙とも言える。

すごいのに遭遇
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

3.8

怖そうで腰が引けてたのをようやく配信で観た。
いつ怖くなるんだろうと思いながら見てたら終わった。あれっw
巻き込まれる若者たちそれぞれに嫌なポイントが散りばめてあり
かわいそう度が軽減されているのが絶
>>続きを読む

素晴らしき、きのこの世界(2019年製作の映画)

3.4

想像以上のあやしさだった。
もっとナショジオっぽいのを想像してたら
だいぶ方向が違った。

途中からどんどんスピリチュアルな展開に。
『個人の感想です』
『学会で査読された論文ですか』
『エセ科学では
>>続きを読む

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

3.5

労働階級の無学な青年が
文学に出会って才能を開花させる、という展開は
ナポリとその近郊という舞台も相まって
『イル・ポスティーノ』を彷彿とさせた。
しかしこちらはだいぶ後味が苦かった。

作家を目指す
>>続きを読む

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)

3.8

実話ベースの作品。
このような蛮行を許してしまった
国連の弱腰と世界の無関心がやるせない。

国連軍の通訳という特権をフルに活かして
家族だけでも助けたいと奔走する主人公。
利己的ではあるがとても共感
>>続きを読む

カラミティ(2020年製作の映画)

3.5

美麗な色彩で描かれる荒々しい自然が圧巻。
ワンカットワンカットが一幅の絵画のよう。
息を飲む美しさ。
ストーリーは男勝りの少女による冒険活劇。
実在した女性がモデルなのがすごいけれど
癖のある人物だっ
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

これもシンギュラリティというのだろうか
彼らは独自の進化をとげていくのか
あくまで事前に書かれたプログラムの枠内なのか
うっかり滅亡迅雷.netに接続しないことを祈る

予告編から想像していたよりも壮
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.9

ひんやり怖かった
しんみり羨ましくもあった

潮騒の聞こえるホテル大好きなのに
波音がトラウマになりそう
どうしてくれるw

陰陽師 〜おんみょうじ〜(2001年製作の映画)

3.5

野村萬斎と伊藤英明のタッグが素敵。
英明の演技がだいぶ未熟だけれど
博雅の単純素朴な人のよさに
うまくマッチしててはまり役。
禍禍しい真田広之もこれまたよき。
何より野村萬斎の雅やかさは反則もの。
>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

期待値のあまりにハードルを上げすぎた。
もっと祝福できるカップルかと
勝手に思ってしまった。

片方の誠実さの欠如が痛恨。
若さゆえの未熟さ身勝手さが
悪いほうに結実した悲劇。
信用できる相手か見定め
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.8

前作の設定をかなりリセット。
襲ってくる狼藉者も全くの新規。

どう見ても常軌を逸していて
尋常でなく束縛するけれども
自分を全力で守ろうとしてくれる存在を
どう認識すればよいのか。
ちょっとはあこが
>>続きを読む

お名前はアドルフ?(2018年製作の映画)

2.9

ドイツ人の冗談は面白くない
人の秘密を無理やりほじくり出すものじゃない

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.0

ジブリとしては異色作品。
思いがけずかなり口に合った。
技術者のロマンはプロジェクトX的でよき。
運命的な再会をした女性との、
病をものともしない刹那的な愛もよき。
主演の配役は、愛情表現に不慣れな
>>続きを読む

ホワイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.0

展開は大味。雰囲気は楽しめた。
甚だ傍迷惑な義兄弟喧嘩。
利害や理性を超える、中華圏の血縁の濃さに困惑した。
チャイニーズ男前が目の保養。
見たかった1本だったが十分気が済んだ。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.0

個人的には本家より好み。
いかついプリキュア。
真逆のキャラでも相通じてる。
なかよくケンカしな。

家内制手工業つよすぎ。

終盤の装備がステキだった。
せんしのこんぼう(こうげきりょく+40)
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.0

結婚式の招待客として、
ホテルでのんびり過ごす1日。
働かなくていい、老いもしない病気もしない、
ただ飲み食いして遊んでいればいい。

タイムリープの無限循環に
サラという新たな存在が加わって、
空疎
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

5.0

これがコメディって分類おかしいやろ…
何度も泣かされた。
いと高き地位にある人たちは誰に対してその重荷をおろせばよいのか。

立場は違えど相手を理解すること、
過去の罪の傷跡があるからこそ
他人に寛容
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

4.0

IMAXで観賞。
どれだけ長い間予告編を見たことか。
タイムリープの終わりのようで感慨深い。
とっくに本編を見たような錯覚に陥った。

お目当てのジョンシナ、ヘレンミレンともに扱いは満足。
レティがす
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.6

スカイミッションに続いて視聴。
無理強いされて仲間割れという展開はストレス。
クライマックスの舞台は、アイスブレイクというタイトルに納得。
いやそれ熱風で割れますやろ!総員退避!退避ーっ!

あれとあ
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.5

新作前に予習。
予告編ではよく見かけるシリーズだけど
ちゃんと見たのは初めて。

なかなかトンデモ設定だった。
考えるんじゃない感じるんだ的なごり押しは嫌いじゃない。

最新作はジョン・シナ目当てに行
>>続きを読む

ザ・ライフルマン(2019年製作の映画)

3.8

WOWOWオンデマンドにあったので
ロシアンスナイパーから芋づる式に視聴。
新作、しかもマイナーなラトビア作品なのに嬉しい。
さすがWOWOW様。ありがてえ。

第二次大戦のソ連が舞台のロシアンスナイ
>>続きを読む

ロシアン・スナイパー(2015年製作の映画)

3.5

映像の世紀に触発されてなんとなく視聴。
第二次大戦中、実在したソ連の伝説的女性狙撃手が主人公。

生真面目な女子学生リュドミラ。
非凡な射撃の才能を買われ、
他愛無い学生生活や、想いを寄せてくれる男子
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.3

続編の前に予習。
悪党よりもっと悪い奴が多かった。
登場人物が多いと一人当たりの描写が薄くなるのは仕方がない。
ハーレイクインは、続編よりだいぶん大人しいように感じた。

銀河鉄道の夜(1985年製作の映画)

3.9

上映当時劇場で見て以来の鑑賞。36年ぶり。
丁寧に作られたのがよくわかる良作。

ジョヴァンニ、カムパネルラ好きすぎ。
どこまでもいっしょに行けたらよかったのかな。
彼があの列車に乗れたのは
地味につ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

アマプラの見放題に追加されてたのでいそいそと視聴。
イーストウッド演じる主役の老人の、
身勝手さ素人さ意識の古さに序盤はイライラ。
こんなド素人を闇稼業に加えて大丈夫なのかとハラハラ。
ああ、いわんこ
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

4.0

IMAXと4DXではしご。
とても楽しめるアトラクションでした。
字幕と吹替と両方見たけどどっちも楽しい。
ジャンポケ斉藤さんが違和感なく普通にうまかった。
さすが文学座演劇研究所卒。

閉鎖的な学術
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.9

他の鑑賞作品の幕間に追加。
思いがけず面白かった。
あの人たらし小栗旬は惚れる。
技術だけはあった売れない漫画家が、
衝撃的な体験によって一皮むけてしまう、
そしてその体験を作品上に表現したい欲求、創
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

マーベル作品はかなり履修漏れがあるのでやや心配だったが
普通に楽しめた。面白かった。
偽りの、普通じゃない疑似家族の情愛が良かった。

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

期待通り、映像と音楽が圧巻。
Uの世界の豪華絢爛さも、
高知の自然の繊細な描写も素晴らしかった。
これは劇場で見てほしいやつ。
監督の性癖やジェンダー観が滲み出る過去作の傾向から
心配してたストーリー
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

4.0

老いることも死ぬことも
人という儚い生き物の美しさだと思いました(小並感)
終盤は客席のそこここですすり泣きが聞こえた。
自分的にはでかしたという達成感のほうが先に立った。
誰の詩だったろうか、珍重さ
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

4.1

荒涼としつつも美しい英国の自然を背景に、
老年期に差し掛かったゲイカップルがキャンピングカーの旅に出る。
会話の端々から断片的に明かされていく二人の状況。
皮肉屋な方の片割れは病身らしい、
動けるうち
>>続きを読む

狂猿(2021年製作の映画)

3.4

デスマッチのカリスマが、カリスマになる以前からのお話。

丹念に作った見ごたえのある煽りV。
ファン必見、歓喜必須なやつ。

推し団体のスポット参戦で見かけていた葛西選手。
テンションぶち上げの入場曲
>>続きを読む

>|