るるさんの映画レビュー・感想・評価

るる

るる

自分用の備忘録。映画を誤読して自分なりの解釈で楽しむのが好き。鑑賞順は前後しています。たいてい眠い。感想文は自分がなにを好み憎むのか知るために書いています。

映画(856)
ドラマ(27)

ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃすき。西遊記好きの原点といって過言でない。だいすき。

学芸会というシチュエーションも、実在の三蔵法師に会いにいくというイベントも、ゲームの世界の設定も、孫悟空の正体はのび太だったと判明す
>>続きを読む

ドラえもん のび太と竜の騎士(1987年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昔はそうでもなかったけど、改めて見ると面白かった。地底空洞説、子供時代はそこまでピンときてなくて、マントルがあって、という理科の知識へとすり替えられていったおかげで、地下の世界への憧れは特になかったん>>続きを読む

ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

アマプラで配信してるのを見つけてシリーズまとめて記録しておこうと思ったのに配信停止してしまってフラストレーション。15日が節目なのね。初見はVHS。再見。

お座敷釣り堀を鏡の世界の入口に、道具を組み
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)(1985年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

これすごいよなあ、すごい。ジャイアンのライオンロゴからオープニングに突入するパロディ感覚も楽しい。『スターウォーズ』オマージュだとタイトルからして示したあたりもスマートだと思うし、期待を裏切らない独自>>続きを読む

ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

改めて見ると『夢幻三剣士』と似たような始まり方なんだな。庭で掃除しようと竹箒を持ったまま居眠りするのび太、面白すぎるな…オープニングへの入り方が鮮やかで好感、ドラえもーん!と叫ぶようになったのはいつか>>続きを読む

ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アマプラで再見。

生き物は海から生まれたんだ、と解説して、中には海に戻っていくものもいたと説明し、最後に「海底人」といって暗闇に溶けていく、あの台詞の言い回し、めちゃくちゃ印象的に覚えてる、子供の頃
>>続きを読む

ドラえもん のび太の大魔境(1982年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アマプラで再見、

しずかちゃんにスーパー手袋が割り振られたことが子供心に意外に感じられて、女の子なのに力持ち担当、というあたりが面白かったんだよな、他作品では補助や介護役や癒し手に回ることも多いしず
>>続きを読む

ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ(1981年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

これだけアマプラにないのはなぜ?

古い日本では外国人が鬼と間違えられていた、とか、当時は面白かった、子供の頃、親の仕事の関係で外国人と比較的交流があって、そのぶん同級生と話が合わなかった、そういう子
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

改めて見ると、ああそうか、開拓の街に助太刀、西部劇の文脈なんだ、と気付いたけど、それっぽくないのは良いのか悪いのか、せっかく開拓したのに悪徳地上げ屋が、とか、当時の日本のあれこれ反映してたのかなと思い>>続きを読む

ドラえもん のび太の恐竜(1980年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃から劇場版ドラえもんを繰り返し見てたなかでも流石に絵柄が古くてそんなに好きではなかった、でも恐竜補正と、劇場版第1作目、ということで初期作品の中では比較的…見てたほう…でもないか…?

改めて
>>続きを読む

ドラえもん のび太と雲の王国(1992年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アマプラで再見。

映画館で初めて見た映画。トラウマですよ、こんなもん。おまけに地上波放送を録画したビデオが、ドンジャラ村のホイくんと再会したあたりからノイズ混じりで、どこでもドアを開けると大洪水…と
>>続きを読む

星の王子さま(1974年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

人間は嘘をつく、僕はつかない、じゃあ君は人間じゃない、キツネとの会話、本質を突いてたように思う、そうなんだよなあ、王子さまは…天使なんだ…強いて言うなれば…

蛇役を黒人キャストに割り振るあたりエッ無
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

相変わらず、子供の頃に読んだ海洋冒険物語の趣、賢いが故に魔女のレッテルを貼られる女とか、時代を感じて楽しくはあるんだけども。

ただ、なんかもう、醜女と結婚させられそうになってビビる海賊とか、モハヤど
>>続きを読む

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ただのファッション好事家ではなく仕事人として後進の育成まで責任を果たそうとする姿が尊敬される所以だろうな、なんて。

買い物が好きな人は買って満足する、私は発掘してるの、
その量と質がとんでもなくて、
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ウィレム・デフォーとフランシス・マクドーマンドのバディムービーを見たい、似てない? ふたりで世の中の小さな悪を滅ぼしていってほしい、夫婦役でお願いします。

母役、侍女の物語のエリザベス・モスかと思っ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

続編でいきなり10年後設定、レンジャーの質の低下、たった10年で…急速すぎない? 現実には五年しか経過してないわけで…この内容やるまえにもっと色々遊べたのでは、スターウォーズ新三部作から新新三部作くら>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

名刺代わりの1より好きだな。台詞のセンスもアップしてる感じがして良かった。

変な日本が楽しかった。

「いいファミリー映画は殺しの場面から始まる」名言、『バンビ』を上げるあたり笑っちゃった。『ライオ
>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

製作発表時から見たかったやつ! 二年越し。期待とは違ったけどDVDスルーとはいえ見られて良かった。

ドーナル・グリーソン、アップになるとドーランが濃ゆい…? 全体的に映像が地味で簡素だったのは物足
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんて優しい世界。誰も傷つけない、それだけでもものすごく魅力的に感じる。

ブリグズビーベア、ものすごい熱意と愛情を持って作られていて、それはそのままたったひとりの観客であるジェームスへの愛で、すごい
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

DVDで。ちょっと画質悪かったような? 気のせい? 戯画化、異化効果、距離置いて見られるように思えて良かったけど。

吹替版、行間を埋める自然な翻訳、喋り言葉、会話で良かった。こんなにクオリティ高いの
>>続きを読む

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロボトミー手術、いやーーー。勘弁して。『カッコーの巣の上で』が有名だけども。ノーベル賞が与えられてるってのが闇だよな…

1920年代アメリカの医療を描いたドラマ『the knick』の終盤にも精神病
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

インドの街、固定カメラ、遠景でじっくりと、新鮮だった、ベトナムとかタイみたいな街並み、と思った。ムンバイか。

ワドガオン虐殺抗議集会、歌、独特のメロディーと発声だよな。集まってくる官憲たち。

スラ
>>続きを読む

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

予告編を見て、これはありそうでなかったガーデニング映画では、と思って。

捨て子、鴨に守られていた、変人として名高い老人に拾われた、いきなり飛ばすな?と。

無秩序な植物が苦手、修道院で育った、何事も
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりミュージカルだった、全編歌で推進、でもその歌詞はどこまでもポップで、物語る歌というよりミュージックビデオっぽく。エレクトロポップ、シンセポップ…あれだ、シティポップを連想。四曲目かな、ショッ>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

以下、備忘録。

ドーナル・グリーソン主演の伝記映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』を製作発表時から楽しみにしていたんだけど、そうこうするうち、今作の製作と公開日が発表されて。ややこしいな、こっち
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

フィルマークスで検索して、『プラネタリウム』というタイトルの作品が他にないことに驚いた。ありそうなのに。

偽の星、幻の星を映し出す、降霊、夢、映画、良いタイトル。

ナタリーポートマンの横顔の美しさ
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェシカ・チャスティン目当てで。原題、zookeeperって、飼育係って意味なのね。

動物園内を颯爽と自転車で駆ける女、1939年、日本だと自転車に乗る女がようやく珍しくなくなった頃だっけ、ポーラン
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

こういう映画をDVDで借りてきて再生して、冒頭に「この映画は音声ガイド付きです」って表示があると嬉しくなっちゃうんだよな。題材とターゲットに想像を巡らせてしまうというか、TSUTAYA店頭で何気なく借>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

こういうダメ女の結婚できない自虐系ラブコメ大作って今後しばらく作られないんじゃなかろうか、まず自虐が流行らなくなってきてるし、自己分析系はシビアな方向に先鋭化していってるし、トレンドは人種的に多様でス>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ウディ・アレンが描く男女の恋愛模様に特にロマンを感じてないのにマジシャンと霊能力者という組み合わせに惹かれて見た、絶妙にいけすかないチャーミングな男コリン・ファース、現実的なエマ・ストーン、良い組み合>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

懐かしい感じ、奥行きのない画面、子供のころに見ていた素朴なアニメが始まりそうな安心感、思いのほか広がりを感じる物語、魅力的なデザインのキャラクターたち、素朴なのにちっとも古くさくない、上質で分厚い絵本>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

吹替と字幕両方つけてDVDで。一部原語版も確認。

染谷氏すげえな、原語版では中国語。これに吹替なんて難しそうだ…なんとか成立させていたこともすごいが、労力が。演技力というより雰囲気のある人だよな…
>>続きを読む

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと見たかったやつ。期待しすぎたというより、求めていたテイストと違ったかな…邦題に惹かれていたので、トカゲに靴を作った少年時代の思い出のイメージが節々に挿入されるのかと思いきや。密着取材というより第>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった! interesting、unique、発見があったし、グッとくる部分もあって見てよかった。コメディとしてメリハリ効いた演出も見やすかった。

あちこちにドイツらしさを感じられてよかった、
>>続きを読む

ベイマックス/帰ってきたベイマックス(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

DVD。全7話+短編集。豪華。
ゲストキャラが濃く、どれも見応えあり。

各キャラ掘り下げられて。優しい世界。
ヒロが良い感じに主人公になってて。
ゴーゴーとハニーレモンのシスターフッドがかわいい。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

サントラが良い、正義。

オリヴァー、結構、不躾な男だなと。部屋の主そっちのけでベッドに倒れこむように寝てしまうし、果樹園の説明も聞かずに食事するし、エリオを置いて去っていくし、世話になっている教授を
>>続きを読む

>|