わたぼうさんの映画レビュー・感想・評価

わたぼう

わたぼう

鑑賞メーターから移行。2015年から観たものしか登録してません。映画祭のタイトルも出てくるのがFilmarksのすばらしいところ。
点数はわりと気分。元映写技師。

自分メモ:2015年は93本(内70は劇場)
2016年は145本+1(内115+1は劇場)

登録できなかった鑑賞リスト
2016.7.5
『ラトビアのショートアニメ』

映画(571)
ドラマ(43)

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭にて。単体としてはまあまあだけど、3作の締めくくりとしてはよかった。ラストはうるうる。監督はドラゴンの気持ちが分かるんだろうな。
トイ・ストーリーもそうだけど、期間が空いたシリーズの新作
>>続きを読む

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

4.0

あまり内容を知らずに観たんだけど、すごい面白かった。ユペール様を信じて、事前情報なしで観るのをおすすめ。

(以下ネタバレ)最初ユペール様が怖くないのが怖かった。さすが。後半のステップはやられた…。さ
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭にて。チャン・ツィイー女優生活20周年Q&A付き。ずっと見る機会がなかったんだけど、せっかくなのでチャン・ツィイーに会える機会に。中国メディアがすごかった。
映画は餃子とか食べたくなるし
>>続きを読む

停止(2019年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭にて。「悪魔の季節」のほうが断然好きだったが、相変わらず面白い。長いのに見飽きさせない長回しカットは見事。あんまり変わってない2034年がかなりリアル。「ダークキラー」とかネーミングセン>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

スーパーで配ってたミニアルバムの曲が聴きたかった。超有名曲はあのミニアルバムだよね。使用料高いのかな。そんなに流れず残念。キャッチーな曲はあそこに集約されており、他の曲でそんなに絶大な人気でるかなとや>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

ホアキン・フェニックスの演技は素晴らしい。映画としても良い。だけどジョーカーを描く作品としてはどうなのか。と観終わったあと、思った。後味も悪いし。

ジョーカーがいかにして誕生したかが描かれてるが、わ
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

4.0

フランス映画ではなくやはり邦画(テレビ映画)だったが、良かったことは良かった。泣いたし。記憶はあてにはならないってのはすごくいい。

あとパンフレットのデザインがかなりオサレ。今年1、2を争う素敵さ。
>>続きを読む

キング・オブ・エスケープ(2009年製作の映画)

3.9

キノコ食って走る!キノコ食って走る!🍄💨いろんな意味で!

これもよかったけど「湖の見知らぬ男」のほうが好き。

ローマの休日(1953年製作の映画)

5.0

有楽町スバル座メモリアル上映にて。ラストに相応しい作品を観れてよかった。

内容はだいたい覚えてるけど、大人になってから初めて観た。しかも劇場では初?

完璧すぎる映画。文句のつけようがない。欠点があ
>>続きを読む

ディリリとパリの時間旅行(2018年製作の映画)

4.5

思ってたより素晴らしかった! 先月パリに行ったばかりなので場所や登場人物がより楽しかった。映像が芸術的で、最初から最後までうっとりして観てられた。

邦題による「タイムトラベルもの?」と誤解を生じさせ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.5

「この映画は事実です」ということを最後にどう上手く伝えるか、どう上手く着地するかが、こういった史実映画の肝だと思う。その点においてこの作品の着地は見事。着地がきれいだと作品全体もすごく良くなる。まあま>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

4.5

映像も音楽もすべてセンスいい。さすが市川崑。

サタンタンゴ(1994年製作の映画)

3.3

長尺であれば長尺であるほど名作だという理論が崩された…。悪くはないけど7時間18分耐えるほどの見返りはなかった。コスパ悪し。7時間みたら10時間くらいの見応えは返してほしい。(例えば濱口竜介監督の「ハ>>続きを読む

不完全なふたり(2005年製作の映画)

4.2

自分の過去も思い出しながら、まあまあかなと観てたけど、ラストでぐわっと来た。あのラストはエキストラ入れてないそうだ。いい具合に人が来て神がかってる。ちなみにあのサン=ラザール駅からはボルドー行きは出て>>続きを読む

ユキとニナ(2009年製作の映画)

4.5

アンスティチュ・フランセの吉武美知子さん追悼特集にて。ずっと見たかったんだけど、見れてなかった。全編相当いいけど、手紙書くとこが一番好き。にゃにゃにゃーってなにもう可愛すぎ。

メーヌ・オセアン(1985年製作の映画)

4.8

アンスティチュ・フランセの吉武美知子さん追悼にて。吉武さんがロジエの中で一番好きな作品とのこと。
自分は「オルエットの方へ」ほどではなかったが、最高に面白かった。
ちょうど先週フランスに旅行に行ってた
>>続きを読む

TOKYO EYES(1998年製作の映画)

-

当時ジーパンを洗わないのが流行で武田真治のジーパンがオシッコ臭かった記憶。
内容はつまらないのだけど、日本とフランスの架け橋な作品で、思い出もあり、重要。いろいろとダサいんだけど、やさしい気持ちで見て
>>続きを読む

海をみる(1996年製作の映画)

3.5

アンスティチュ・フランセの吉武美知子さん追悼特集にて。ラストは気持ちのいいものではないが、この頃のオゾンの作品は美しいショットが多い。

サマードレス(1996年製作の映画)

4.5

アンスティチュ・フランセの吉武美知子さん追悼特集にて。この頃のオゾンのほうが好きだった!

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.2

映像はとてもオシャレ。ストーリーが進むパートになるととたんに眠くなる。女の子がそんなに街一番のファムファタルには見えなかった。噛んだガム食べたくなるほどってかなりじゃないと!
あと私も初めてなの!もち
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.3

まあおもしろいけど『トイ・ストーリー』の下位互換感がハンパない。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.4

フランス旅行の飛行機でなぜかこれを選んで鑑賞(行き帰りで半分ずつ)。合戦のあたりで笑ってたら、隣のフランス人男性が不思議そうに見てた。神奈川県民なので神奈川が絡んでくるとこ好きだった。
ちなみに隣のフ
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

フランス旅行中、パリの映画館で鑑賞。とにかく映画館に行ってみたかったが、フランス映画だと理解できなそうなので、日和って『プロメア』に。観客は自分含めて6人…。男女3人組のリアクションが楽しかった。TR>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

フランス旅行のフライト直前、エールフランスがまさかの12時間の遅延。怒りの最中、じゃあワンハリ観るかと、生涯行くことがあるのかという、HUMAX成田シネマズのIMAXで観る。早起きだったので序盤ウトウ>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

5.0

ウディ・アレンは大好きだが、タイミングを逃し、見れてなかった。パリに旅行に行くので思い出し、急遽見た。予想はしてたけど、最&高でした。ヘミングウェイもフィツジェラルドも好きだし、パリも好きだし、言うこ>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

1.5

DQ5は大好きなので、山崎貴と聞いた時点で見る気は無かった。案の定の評判を聞いて、時間とお金がもったいないんだろうなと思いつつも、むしろ観たくなり、我慢ができず観てきた! ビール飲みながら鑑賞したんだ>>続きを読む

>|