わたださんの映画レビュー・感想・評価

わただ

わただ

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

再鑑賞
この映画は思い出の一作です。
自分が映画というのを意識せずに見ていた頃、父がTSUTAYAでこの作品を借りてきて一緒に見ました。衝撃的でした。
普段面白くないものを借りてくる父でしたが、作品に
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

最後のLIVE AIDの開放感といったら半端ない!!!
今までのフレディー・マーキュリーの人生が、全て歌詞に思いが伝わってて感動する。We are the championが一番心にくる。

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

物理が絡んでくると複雑化してよくわからなくなってくる。雰囲気は好きだけど。とにかく、カメラワークと演出がすごい。日本映画もこのレベルのクオリティだったら内容がひどくても賞取れると思います。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これ以上はないです。
タイタニックのような構成であり、現在から昔話のようにメインストーリーが語られ、現在で締める。それもおしゃれなのが、TVシリーズで心に残った10話の少女の孫によって語られていくのが
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

すごく平和的で落ち着く。
本編も良かったんだけど、お婆ちゃんがエッフェル塔のような未完成な建物を最後にもう1度「あれはいつできるんだい」と言ったシーンが何故か心に残った。京都アニメーションは流石です。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

狂気。正気の沙汰じゃない。
この映画は批評したくない。
すごすぎる。

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.7

賛否両論ある作品だと思う。サムに腹立つ事もあったし、感動して泣いたりもした。この映画は見ているのがつらすぎる。多分これからの人生もう二度と見ないと思うけど心に残る名作でした。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

大絶賛されている映画だが、自分の好みではなかった。映画だとわかってるのに、都合のいいストーリーだなと思ってしまう。心が汚れとるわ。
ただ、主人公は虐げられている中で1年間、1年間やり通したこの根性は素
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.9

これぞ名作というのを見た気がする。
序盤の魅惑的な雰囲気に惹かれ、中盤ではマチルダとの信頼関係、終盤での圧倒的絶望感からの素晴らしいエンディング。文句なし!

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.2

遠い空の向こうにのダンサーverみたいな映画だった。こういう系の親父の行動は沁みる。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

良かったよ、良かったんだけどなにか物足りなく感じてしまった。大人帝国の逆襲が良すぎたんだと思う。でも野原一家が敵の大将を打ち取るシーン好きです。

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.2

またもうんこちゃんのウォッチパーティで視聴。1よりは面白くなかったです。
カイジが地獄から這い上がる事と、予想のつかない展開があまり無かったと思います。ただ、俳優の演技の良さは異常でした。

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

シグナルの1話を見たときに、なんか見覚えある設定だなと思ったらこの映画でした。この設定って最後に、お父さんが死んでしまうパターンが多いけど、ハッピーエンドで、さらには終わり方が秀逸だった。見てて飽きる>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

クーパーの性格にどんどん惹かれていく。親父がクーパーの話題を出している時が毎回泣いてしまう。今回初めてお前を恥に思ったとか。最後の、炭坑夫にメダルを見せているときの親父の表情とか。予想だが、親父が炭坑>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.7

うんこちゃんのウォッチパーティでみた記録。久しぶりに見たけどわかりやすくて良かった。落下シーンのCG好き。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.4

タイムスリップ作品なんてありふれてるけど、あの趣のある終わり方は良かった。

>|