swさんの映画レビュー・感想・評価

sw

sw

映画(387)
ドラマ(0)

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

5.0

2時間を超える長尺ですが、重厚な人間ドラマもあって飽きない。

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.0

期待してたセクシー描写が思ったより少なく、意外としっかりしたドラマ。

コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ(2018年製作の映画)

5.0

どんだけ会場が大きくなっても、大学生の時にバンドを組んだ空気感そのままの4人(正確には5人)が楽しそうにやってるから、彼らの音楽を聴いている僕等も幸せになるんだな。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

魂の物語。

劇場激混みで大変だけど、これはぜひとも劇場で観た方がいい。

20th century foxのクレジットがギターでかき鳴らされたあの瞬間から興奮が止まらない。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

5.0

自閉症の兄を持つ15歳の少年が自分の存在意義を自分なりに理解して、母を亡くし父に捨てられた15歳の少女が男性に希望を持てずにいる。
重すぎた。

「ガッキー大好きだから観てみよう!」

…なんて、まっ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.2

大好きな希林さんの最後?の出演作品ということで。

今、どんな人生を歩んでいるかによって大きく感じ方が変わってくると思う。

自分にとっては少し説教くさく感じてしまった。

これがもう少し年齢を重ねた
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.5

「寄生獣」、「ど根性カエル」、「東京喰種」などに慣れ親しんできた日本人なら大好きなはず。

最初はなかなかゾンビ映画みたいで怖かったけど笑

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

-

トニートニー、おぉトニー!
トニーの可愛さが過ぎる!
ヒドラ万歳!

そっちの気がない人が瞬間的にそっちの世界にこんにちはをすることにこんなに破壊力があるとは思わなかった笑

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.8

アマゾンプライムにて。

悲しい過去を引きずる脱獄犯と過ごす夏の数日間。
逃亡という目的を果たすのであれば、もう少し綿密に計画してもよさそうなものなので、あえて捕まって、刑期をきちんと終えて綺麗になっ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.6

「奇跡体験アンビリーバボー」のサスペンスが好きでよく観るのですが。
本作ドンピシャでした!

SNSを駆使して今まで知らなかった娘のパーソナリティが明らかになっていくのですが、それが現代のネットワーク
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.5

なんだか期待はずれ。

知能指数ズバ抜けてるコミュ障娘が徐々に社会と溶け込んでいくのかと思ってたら、やけに性に対して積極的だし、全然コミュ障じゃねぇじゃねーか。

億男(2018年製作の映画)

3.8

高橋一生の吃音が上手だった。
(吃音が上手ってなんやねん。)

藤原竜也は胡散臭さ満載だし、北村一輝はメイクと独特な話し方でもはや誰か分かんないし、豪華キャストが大暴れしてました。

そして何と言って
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.2

若作りクソ頑固親父
酒浸り、孤独で何かしたくてたまらない母さん
仕事一筋、息子ほったらかし長男
こじらせ女学生長女

…そんな家にナイジェリア出身の難民を受け入れることに。

社会問題を取り扱いながら
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

自分がスポ根とはかなり対極に位置するインドアネガティヴだからこそ、映画とかでこういうものを観せられると心を揺り動かされる。

王道の流れではあるし、先の展開も読めるんだけれど、「よっしゃー!」とガッツ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

イギリス湖水地方の大自然を満喫!したいところでしたが、思っていた以上のブラックユーモアでノックアウトされました笑

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.5

子供の付き合いで仕方がなく見に行ったら、思いの外良くて嬉しいパターンのやつ。

独身男性ペアが平日の昼間に「評価高いし、面白いらしいよ!」と、気合い入れて行っても昼寝タイムと化すだけや笑

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.0

それぞれ主演クラスの俳優が全力で馬鹿やってる、オールスター感謝祭みたいな映画。

正直、橋本環奈ちゃんが可愛そう。
あの子だけは頑張ってやってる感じがしてしまって、素直に笑えない。
そこは経験の差かな
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.3

きっと真似することは不可能だけど、疲れ切った日本人にこそ観て欲しい心温まる映画でした。

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

4.0

J-wave試写会にて。

ポスターの構図が面白い。
一作目はクリスチャンが主導権握ってたのに、今作では全く逆のポジションに。
二人の今までの関係性がうまく表されていて、完結作のポスターとして秀作。
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

2.3

自宅でDVDにて。

途中何度もウトウトしてしまった。

アルゴ(2012年製作の映画)

4.4

ずっと気になってた本作。
やっと観ました。

重厚なドラマでハラハラドキドキしました。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ザスーラふざけんなの記憶が強く残ってたので劇場スルーしましたが、ふつうに面白かったです、ごめんなさい。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

4.0

リーアム兄さんの家族は大体危機に瀕しているイメージがあるので、あの人は結婚とかしちゃダメなんだと思う今日この頃。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

立川極爆試写会にていち早く鑑賞。

内容の怖さもさることながら、爆音の音量に慣れていない最初の一撃で失禁しそうになったのは秘密です。

#クワイエットプレイス #音を立てたら即死

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

往年の名曲で懐かしさを煽る演出は正直飽きた。
というか、前回の奥田民生になりたいやつでコテンパンにやられたのすっかり忘れてた。

褒めるとするなら、山本舞香と池田エライザが神がかっており、広瀬すずを食
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.4

心温まるファミリームービーだと思ってすっかり安心してたら、例の指パッチンのせいでドン底。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

生ける屍とのロードムービー。

いまいちハマれなかった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

「心を開けば脚も開く」

このセリフをうまく使用したシーンでがっつり掴まれた笑

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.2

綾瀬はるかが美しいです。

北村一輝がナイススパイス笑

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.0

親子愛はズルいっす。

そして、星野源の挿入歌に気を取られてセリフ聞き取れませんでした笑

>|