swさんの映画レビュー・感想・評価

sw

sw

映画(365)
ドラマ(0)

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

2.3

自宅でDVDにて。

途中何度もウトウトしてしまった。

アルゴ(2012年製作の映画)

4.4

ずっと気になってた本作。
やっと観ました。

重厚なドラマでハラハラドキドキしました。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ザスーラふざけんなの記憶が強く残ってたので劇場スルーしましたが、ふつうに面白かったです、ごめんなさい。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

4.0

リーアム兄さんの家族は大体危機に瀕しているイメージがあるので、あの人は結婚とかしちゃダメなんだと思う今日この頃。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

立川極爆試写会にていち早く鑑賞。

内容の怖さもさることながら、爆音の音量に慣れていない最初の一撃で失禁しそうになったのは秘密です。

#クワイエットプレイス #音を立てたら即死

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

往年の名曲で懐かしさを煽る演出は正直飽きた。
というか、前回の奥田民生になりたいやつでコテンパンにやられたのすっかり忘れてた。

褒めるとするなら、山本舞香と池田エライザが神がかっており、広瀬すずを食
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.4

心温まるファミリームービーだと思ってすっかり安心してたら、例の指パッチンのせいでドン底。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

生ける屍とのロードムービー。

いまいちハマれなかった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

「心を開けば脚も開く」

このセリフをうまく使用したシーンでがっつり掴まれた笑

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.2

綾瀬はるかが美しいです。

北村一輝がナイススパイス笑

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.0

親子愛はズルいっす。

そして、星野源の挿入歌に気を取られてセリフ聞き取れませんでした笑

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

この手のスパイ映画は、騙し騙されて最終的に頭が追いつかない私ですが…笑

これは比較的分かりやすくて楽しめました!

なんといってもジェニファーローレンスがお美しいので、それだけでも一見の価値あり。

犬猿(2017年製作の映画)

4.1

ここまでトリッキーな兄弟喧嘩はないけれど、兄弟を持つ者なら少なからず抱いたであろう鬱屈とした気持ちがたくさん詰まってました。

家族を大事にしないと。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.2

豪華絢爛なキャスト!

個人的大ハマりな男優陣!
リチャードアーミティッジ様と、ジェームズコーデン。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

予算ハンパないハリウッド映画もいいけど、たまには低予算もいいじゃない。

ネタバレ厳禁です。
一切の情報を断ち切って、とにかく観てください。

そして、お願いがあります。
リピートの方もたくさん居ると
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.4

14年ぶりの新作。
中学生だったのか。
いやはや感慨深い。

気取って字幕で観ようとしたけど時間が合わないから吹き替えにて。
でも、むしろ正解。
パパが三浦友和、長女ヴァイオレットが綾瀬はるか、と大好
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.4

試写会にて一足早く。

正直、前作観てないと辛いです。
今作と合わせて一本の作品と捉えるとグッと評価上がるかと。

言わずもがな、名曲に彩られており、隣の婦人は手で踊ってました笑

以下、本作の評価と
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.8

来年のglassに向けて。
ヒーロー(反対もしかり)誕生物語でありながら、詳細な活躍はそこまで描写されてないため、スプリットのビーストとどう絡んでいくのか楽しみ。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

㊗︎10周年!

サードシーズンから仲間入りしたフェローも立派に成長してますね。継承。

冒頭に、「今までのコードブルー」なる5分くらいの映像があるのですが。
ドラマ観ていない方でも入りやすいための親
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.3

映画としては全く面白くない。
ただ、動いてる3人を観られたのは幸せ。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.4

パーク内には収まり切らず世界を巻き込んだ恐竜時代到来。
ようこそ、ジュラシックワールドへ。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.4

近年のスターウォーズ乱発作品の中で初めて1週間経ってから観に行ったくらい期待してなかった本作。

ごめんなさい!
めっちゃ楽しいじゃん!

エピソード8がショックすぎてスターウォーズ離れしかけたけど、
>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.0

「最強のふたり」が最高に好きなので、数少ない上映館まで遠出しましたけれども。

終始フラストレーション。
コメディなんだから手放しで笑ってればいいのだろうけど、従業員が信じられないくらいアホで、笑って
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.0

意味を求めて観ないでください。

これはコメディ映画。
浅野忠信がアドリブで暴れ、染谷くんがゆとり代表を演じ、國村隼が猿廻しをする映画です。
考えず、感じてください。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

少なくともムロさんと二郎さんはアドリブで遊んだでしょってくらいラブストーリーであることを忘れさせるほどに笑いが随所に散りばめられてる、さすがの福田節炸裂。

くどくなり兼ねない題材ですが、ポップに仕上
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

飲み会で息苦しくなって席外して一人で暴言吐くのとか激しく同感。

やれインスタ映えだなんだと見栄えばかり気にしなきゃいけない現代の世の中は非常に疲れやすいのですよ。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.6

久しぶりにラーメン食べに行ったら、味の付いたお湯を飲まされた時の期待外れ感に通ずるものが。
なんか、それっぽい味するんだけど、そうじゃないんだよなぁ…っていう。

>|