swさんの映画レビュー・感想・評価

sw

sw

映画(334)
ドラマ(0)

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

少なくともムロさんと二郎さんはアドリブで遊んだでしょってくらいラブストーリーであることを忘れさせるほどに笑いが随所に散りばめられてる、さすがの福田節炸裂。

くどくなり兼ねない題材ですが、ポップに仕上
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

飲み会で息苦しくなって席外して一人で暴言吐くのとか激しく同感。

やれインスタ映えだなんだと見栄えばかり気にしなきゃいけない現代の世の中は非常に疲れやすいのですよ。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.6

久しぶりにラーメン食べに行ったら、味の付いたお湯を飲まされた時の期待外れ感に通ずるものが。
なんか、それっぽい味するんだけど、そうじゃないんだよなぁ…っていう。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

出演されてるだけで観たくなる大好きなあの方、砂浜のシーンで何て言ってたんだろう。

是枝作品、鑑賞後にたくさん考える余韻を与えてくださいます。
これこそ映画の醍醐味。

子役の二人、いい仕事してます。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.2

オープニングの小松ダッシュだけでも見る価値あり。

大泉洋がいい。
いやらしさ一切感じない店長素敵。

アキレス腱完全断裂経験者としてムダに共感してしまった笑

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

池井戸潤作品、初の映画化ということで期待しておりました。
久しぶりに試写会当たって行ってきました。

疲れていたのもあってか、なんだかテンポが悪い。
大企業の陰謀とそれに立ち向かう中小企業、その他数名
>>続きを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.6

コメディバディムービーと思って気軽に観たら、生々しい裏社会描写で、さながらアウトレイジでした。

普通に楽しめた。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

ユキオちゃんがドチャクソかわいい。

007のオープニング知ってると冒頭から大爆笑できます笑

しあわせのパン(2011年製作の映画)

4.2

心温まる四季の物語。

こんな地に足の着いた暮らしを50歳くらいになったらしていたい。

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

4.1

父、誘拐されすぎだけど、元スパイだからわざと?
セクシーなので許す笑

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.5

途中からドウェインジョンソンがゴリラの様な気がしてきたくらい最高。

毎年一本はゴリラ映画観たいです笑

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.5

ほぼ満席の試写会場の暑さで若干の具合悪さと共に帰宅。

古典的な笑いの繰り返しに少し飽き飽きとしてしまう自分のひん曲がった性格が嫌になりました。。。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.6

アベンジャーズとは違った意味で観終わってから席を離れられなかった。

ここまで余韻に浸っていたいと思える作品は久しぶり。
というのも、あのエンディングの美しさがそうさせるのだろう。

アーミーハマー目
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.4

すごく楽しみにしてたのに、劇場では見られず、レンタル待ちだったのに、思わぬ友人からネタバレをしてしまっていたけど、それでも楽しめた。

伏線回収がお上手。

ミックス。(2017年製作の映画)

4.2

三世代アイドル女優(勝手にそう呼んでる)が大集合で見応えあり。

90年代を席巻した広末涼子、もはや安定感すらある新垣結衣、そして今をときめく朝ドラヒロイン永野芽郁。

ラーメン屋の中国人店員の蒼井優
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

4.2

作品が面白かったかどうかは別として。

真剣佑がすごい。
ちょっと染谷将太のようにも思える、しゃがれたドスの効いた声で存在感抜群。
ちはやふるの新太みたいな綺麗目な青年の役もこなせるし、うまいな〜。
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.2

スプラッター描写はそれなりに耐性あるけど、ある事だけは我慢出来ませんでした。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

ネタバレ厳禁なので、あまり書きませんが。

愛するキャラが次から次へと出てきて泣きそうでした。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

落ち着いた続編って印象。

お願いだから、日本を出すならもう少しまともな街並みにしてください笑

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.1

豪華な新宿イメージ映像。

佐藤健&マンウィズファンじゃなきゃ耐えられなかったかも。

原作ではどうなのか知りませんが、あの2人がなぜロボ化したのかの詳細な描写が無くて消化不良でした。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

はい、スピルバーグ大先生ありがとうございます!

「アタリ2600」とか全く知らない平成生まれですが、どっかで聞いたことある音楽や、有名な映画が登場して興奮しっぱなしでした!

ストーリーは単純明快。
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.0

ごめんなさい、よく分かりませんでした。

ストイックすぎる親に育てられるとバグるってことでいいのかな?

ハードコア(2015年製作の映画)

3.5

発想は面白い。

ただ、発想が面白いだけ。

体調いい時に見ないと酔います。

バケモノの子(2015年製作の映画)

4.2

熊徹みたいに不器用だけど熱い師匠が居たら嬉しいなと思うだけではなく、熊徹自身も九太のおかげで成長してるんですね。

声優陣、豪華なだけでなく上手で、しっかりストーリーに集中出来ました。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.7

ヤシの実海賊、巨大カニ、島を守るマグマ巨人、大冒険!

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

4.2

高校の時の留学で有り難みも何も分からないまま連れてってもらったのがものすごい後悔される。

…という愚かな若者が増えないためにも大切な学習映画でした笑

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

4.4

子供騙しのオモチャ箱映画だと思って食わず嫌いしてたけど、午後のロードショーで何気なく見てたらおもしろいじゃないですか、ごめんなさい…笑

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.2

イーストウッドの実話映画はもはや伝統芸能。
ヨーロッパ旅行パートがやや退屈だったが、終盤のテロのシーンは息をのむ迫力。
思わず口元抑えた。
事件後の実際の表彰のシーンも使われており、より現実味があった
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.7

「最強のふたりみたいな感じだよ!」という友人の触れ込みから何気なく鑑賞。

いやいや、あれはあれで最高だけど、ちょっと毛色違うぞ。セプテンバー流れないし笑

尊厳死を題材にしながらも、重くなりすぎず、
>>続きを読む

映画 ちびまる子ちゃん(2015年製作の映画)

5.0

エンドクレジットで豪華な声優陣に気付き、巻き戻して見てたら、さすがは普段一話約15分だけあって、展開が早く分かりやすかった。

アンドレアが可愛いったらありゃしない。
他の留学生もそれぞれ特徴あって、
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

とりあえずケイトブランシェットが美しかった。

>|