CarlosBeanさんの映画レビュー・感想・評価

CarlosBean

CarlosBean

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

どこまでが事実でどこまでが事実でないのか、、、怖いなあ権力って

ライド・ライク・ア・ガール(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

3200戦であんなに大怪我してもまだ続けられるって相当な覚悟だな

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

3.9

私とはなにかという難解な問いを極めてアクティブに表現しているこっちまで元気になる映画だった

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

数おり行った友達が、競技の部分はリアルだったって

AK-47 最強の銃 誕生の秘密(2020年製作の映画)

3.6

AK-47を作ったカラシニコフの物語
大切なものを守るために他人を死に至らしめる銃を開発する、、、
幸せと不幸せはまさに表裏一体と言う感じ

役者のユーリーボリソフさん
一つ一つの感情をリアルに演じて
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.2

動きが少なく、説明も不十分、加えてシーンの移行が多く非常に見づらいので2013の方が断然好き。

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.0

ディパーテッドがオマージュ作品?
これより前に元の作品があるのかしら?

セデック・バレ 第二部 虹の橋(2011年製作の映画)

3.8

人を抑圧すると何もいいことがない。話し合いによる協議が大事なんだと改めて実感した。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

めちゃくちゃ面白くてもっと伏線とか見る目を養いたいなあと思った!

>|