watchさんの映画レビュー・感想・評価

watch

watch

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7

大根仁監督作品は画と音楽のセンスがいい。それとポップとシリアスのバランスがいいから、飽きずに観れてテンポ良く感じる。

漫画みたいなカーチェイス、漫画みたいな喧嘩の展開、漫画みたいなベタなラブシーン。
>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.2

とてもよい。歴史的背景を知ることは大事だなあとつくづく思う。
とある映画のセリフで「避難とは住民の生活を根こそぎ奪うものだ」と平泉成が言っていたけれど、略奪はそれ以上の屈辱なのだなあと。

最後の、
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

2.9

戦争映画にしては英雄視するあまり、リアリティに欠けてしまったのかなと思う。

仲間を助ける思いは皆同じ、であるし、時代と戦争に翻弄されながらも、信念を貫く心の強さは観ていて刺さるものがある。

展開の
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.3

内容はよくわからないけれど、映像と音楽は頗るよかった。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.8

心が痛くなるが、そこも含めて怒りに満ちたヒュージャックマンの演技が素敵。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

時の流れと未知なるものへの先入観。

手品は先入観や思い込みを利用することで、一見タネも仕掛けもないように思うから、ハッとさせられる。そういう瞬間を味わえるいい映画。

映画の冒頭、まるで導入のような
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.1

世のため人のため。

名声や賞賛、お金や私欲ではなく、人のために生きる人の姿を観る映画は感動する。実話として残り、現代にまで繋がる話は人情にあふれ、粋な演出で描かれている。

慎みつつ、人のために、日
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.6

名もなき誰かの物語。
IMAXで視聴した。もしこれから観るのであれば是非IMAXで体感した方がいいと思う。

音の迫力と映像の鮮やかさで、果てしないリアリテイと緊張感を味わうことになるし、汗もかいたけ
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.9

字幕で鑑賞したけど、とりあえずアニメ版や押井守作品が好きならあまり観る必要ないし、違和感ばかり目について集中が保たなかった。興味本位で観るのがおすすめ。たけしは相変わらずたけしそのものだったから、日本>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.4

思ったほどに悪くなかったし、うまくまとめてると思う。原作というか、ゲームのあらすじくらいは知ってる程度だけど、再現できてたんじゃないかなあと。ただ、終わり方は解せないですね。次回作へ伸ばせるほど面白い>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.8

見応え十分。静かに熱い映画。終始重い緊張感が張り詰めていて、映像も臭いを感じさせるほど生々しい。映画ならではのシンプルな構成(歩き続けるだけ)の割に、尺は長め。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

観ても観なくてもいいんじゃないかな、これも王道から逸れたヒーローものでその辺が見所なのかなと。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.8

モーガンフリーマンに、マイケルダグラス、デニーロって揃ったらもうすでにいい映画だなあと、観る前から思ってたけど、いい映画だった。
意地を張り合うジジイたちを観るのは見苦しかったけれど、でもああいう変な
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

絶対にご飯食べながら観てはいけない。ただの青春バカ映画じゃなくて、なんだか若者特有の虚しさとか、苦しさとか、息苦しさとか、そういうものから逃れようと必死になってバカやる感じ。衝撃というより衝動を感じた>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.2

少し前に観たんだが、内容わすれてしまって、でもまあライトに楽しめた気がします。前作よりはなんだか老けた感じがありましたね。

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.3

まさに現代っ子版、スパイダーマンなんだけど、これが結構意外にも最後まで楽しめた。王道みたいなお決まりのルールを割と破るルーズな感じ、嫌いじゃない。

カーズ(2006年製作の映画)

3.5

いい映画だった。ライトにポップにさらっと感動できる。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

2.5

以外にもぶっ飛びすぎてないし、頭キレるし、タイトルよりもスマートカッコイイ感じあった。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリーを見たあとだからよりわかりやすいく、背景や前後の情景を想像しやすく作ってて、入りやすかったし、何よりジョセフゴードンレヴィックの演技は相当研究したのだなあというのか伝わってくる素晴らし>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.8

エンドロール後のそっちに繋げるのか、というプチサプライズありながら、次も予感させられて楽しめた。主人公より、脇にいるキャラが濃くて、最後の最後までそっちが主人公だったね、みたいな感じでそれはそれでよか>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.1

確かにベンアフレックはスーパーマン過ぎるし、そこにフォーカスすると安易なアクションヒーローモノになりそうなんだけど、上手な伏線回収と自閉症というテーマが組み合わさることで、チープさが気にならない。バラ>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

2.9

たぶん、脚本書いてる途中で、この展開面白くないから、こっちのジャンルで攻めようってなったんじゃないかな。笑

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.7

実話とは多少ことなり、脚色されているのだろうけど、それでも映画としては素敵な気持ちにさせてくれる。
統合失調症という病を知る機会として良い教養なのかも。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.8

ベタなストーリーながら、熱かった。ふたりが楽しそうでなにより。

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

2.7

はなからあり得ない展開ですが、壮大なるフィクションなのだなとまるっと飲み込むことで、ライトに楽しめた。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ボーンの周囲をつつき、燻して、炙り出すように、なんとかボーンに行動してもらうための言い訳を絞り出しているがゆえ、ボーンの目的が弱く、感情移入できなかった(ボーンと一緒になって、敵をやっつけたい、という>>続きを読む

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

3.7

脇に出てくるキャラクターがよい味出してる。中佐とか、フートとか。地味に、トムハーディー出てたり、オーランドブルームとかいて、面白い。

ミュータント・タートルズ(2014年製作の映画)

2.2

吹き替えより、字幕の方が良かった。内容はない。昔アニメで観てて、懐かしいなという感じ。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.3

原作は少しだけ読んだことあって、シュールさはそのままで面白かった。構成は話数で区切られていて、オリジナルの話しもあるみたい。
でも、映画というフォーマットよりも、ショートドラマでいいんじゃないかなと。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

IMAXで鑑賞。ミュージカル映画を見たことがなかったが、自然と引き込まれていったのは、作品自体が非常にリアリティあるものだったからだと思う。
巧みな演出と粋な脚本、そして音楽がなにより素敵。とても感動
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.7

クオリティはGANTZとして成立してて満足。前後の話も、作って欲しいなと思う程でした。昨今のCG作品の中では群を抜くかと。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.8

邦題がうまいこと先入観を与え、上手にリードしている。ファンタジーの意味での「天使」。
本当に大切なものを改めて、考えさせられるよき映画。

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

創世記の描き方とか表現が良かった。 けど、内容がよくわからないのは文化的な、宗教的な背景に関する知識が乏しいから。あと、ラッセルクロウの狂った感じが理解できなかったし、周りの家族の行動に関しても感情移>>続きを読む

>|