まろさんの映画レビュー・感想・評価

まろ

まろ

5.0:このために死ねる!(現状ターミネーター2のみ)
4.5:くそ面白い!(ベストムービー2位〜10位)
4.0:面白い!
3.5:まあ面白い
3.0:普通
2.5:なんか微妙
2.0:これはひどい

  • List view
  • Grid view

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

正直、微妙(笑)
前作の『プロメテウス』以上にエイリアン推ししてくるから、昔感じた「見えない恐怖」や「急に飛び出す驚き」を期待したけど、そんなんほとんどなかった(笑)
お話も病原体が原因で、それを撒い
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

役所広司の優しさとも取れる承認欲求の高まりが興味深い映画。
彼の過去をもっと知りたいと思った。
終盤の福山雅治と役所広司の白熱したセリフの言い合いは見入ってしまう。

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
10歳ぐらいの子供たちがメインの群像劇。所々に笑えるポイントや、その年頃の子供たちはそうだろうなという懐かしみがあり、日常が淡々と映し出されているだけにも関わらず、なんか
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

斬新な戦争映画だった。
これまでのように、敵対する国同士が全面的に戦うわけでもなく、ひとりの人物にフォーカスした人間ドラマを描くでもない。
まさに現実に起こった「撤退」の事実を、そのまま映し出していた
>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.5

久しぶりに見れたジャッキーアクション!でも歳のせいか、昔よりキレがなくなっている気がする(笑)
お話はジャッキーが刑事で悪いやつを追いつつ、殺人の濡れ衣を着せられたジョニー・ノックスヴィルとてんやわん
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

世界観が独特過ぎるし、日本語多過ぎて笑う(笑)2019年とかもうすぐだけど、あんな世界にはなっていない(笑)
雰囲気的には『攻殻機動隊』や『AKIRA』、『FFⅦ』のミッドガルに似ていた。「レプリカン
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

これは自分の歴史的知識がないせいか、全然わからなかった(笑)
セリフは早口かつ方言やら歴史用語やらが多くて何言ってるかわかりづらいし、そもそも戦国武将をほとんど知らないので、彼らの関係値や、なんで怒っ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

面白かった!
ハリウッドらしいカーチェイスやら銃撃戦やらがありつつも、主人公が幼い頃の事故が原因で起きている耳鳴りを止めるために、ずっとイヤホンで音楽を聴いているという設定が新鮮。
しかもその状態で天
>>続きを読む

おしゃれ泥棒(1966年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
贋作画家の娘と美術鑑定士のプロである探偵とのラブコメ。
面白い組み合わせだとは思うけど、美術館の物置のシーンでイチャイチャしちゃうのは完全に吊り橋効果だなと思いつつも、な
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ただのヒーロー物ではなく、人間の世界は救う価値があるのかといった葛藤や恋愛など、割とストーリー性があってよかった。
いい意味でヒーロー物感やユニバース感がなくて新鮮。ある意味、MCUにおける『スパイダ
>>続きを読む

昼下りの情事(1957年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
金持ちのおっさんとかわいいJDのイチャイチャ話。
プレイボーイの男に張り合おうと恋愛経験ゼロのアリアーヌ(オードリー・ヘプバーン)がウソのモテ自慢するところが健気でかわい
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.5

『エイリアン』の前日譚とのことだったけど、むしろ人類の起源にまで言及してたから、あんまりエイリアン感はなかったな(笑)
個人的には遠く離れた惑星に人類発祥の秘密があるという設定は好きだけど、エイリアン
>>続きを読む

エイリアン4(1997年製作の映画)

3.5

今回もスプラッター感満載(笑)
なんか今見返すと『バイオハザード』に似ている気もする。リプリーのクローンとか。身体能力の向上とか。
ニューボーンのエイリアンは人間に近い分、気持ち悪いな。。。

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.5

もはやこれまでのような忍び寄る恐怖みたいなのはあまり感じない(笑)SFスプラッター映画のようだ(笑)
エイリアンのCGが『ロボコップ』や『ターミネーター2』で観たような感じに似てたけど、これが90年代
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

4.0

前作とは全然違う雰囲気(笑)
ジェームズ・キャメロンが監督になったからか、全体的に『ターミネーター』感があった(笑)
今回はエイリアンがたくさん出てきて全面的にバトルしていく感じだけど、相変わらずリプ
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.0

今から38年も前の映画なのにマジで恐ろしかった。。。
宇宙船のセットとかエイリアンの気持ち悪さとかCGが当時あまり普及していない中、よくあそこまで作り込めたなと。
何よりも、リプリーの勇敢さがすごい。
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.0

アニメになって絵はきれいになったのだけど、肝心のお話の部分が。。。
時空超えちゃう感満載の不思議ワールドに寄ってしまい、オリジナルの実写版のよさであった子供たちの切なさや時代的な意味でのノスタルジーが
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

あんな何の変哲もないお話なのに、ここまで胸が締め付けられるような切なさを出せるのがすごいと思う。小学生の頃を懐かしむ気持ちが余計にそう思わせるのかもしれないけど、主人公である典道の「もしも」がとても共>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
今観ると普通の三角関係の恋愛映画なのだけど、オードリー・ヘプバーンのもどかしさを表す演技がかわいらしいなと思った。
ちなみに、当時、オードリー・ヘプバーンとウィリアム・ホ
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

4.0

オリジナルの原型はとどめていない(笑)
ド派手なアクションと映像というザ・ハリウッド的な映画だったけど個人的には好き。
ラッセル・クロウが「ジキルとハイド」だったり、研究所にドラキュラの頭蓋骨や半魚人
>>続きを読む

スコーピオン・キング(2002年製作の映画)

3.5

『ハムナプトラ2』の敵、スコーピオン・キングの人間時代を描いたスピンオフ作品。
とにかくザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)が暴れまわるだけで、ストーリー上のつながりはまったくない。
まあ、アクション
>>続きを読む

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008年製作の映画)

3.5

もはや何の映画だか(笑)当初のミイラ感はなく、『インディ・ジョーンズ』感もない(笑)戦闘シーンはやや『キングダム』感出てるけど、普通のアクション大作になっちゃった(笑)

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド(2001年製作の映画)

3.5

『インディ・ジョーンズ』の世界観に『ロード・オブ・ザ・リング』を加えたような感じで、前作よりもスケールが大きかった。そして、すぐにチュッチュする夫婦(笑)
スコーピオン・キングのCGは、今見るとプレス
>>続きを読む

ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.5

1932年のオリジナルである『ミイラ再生』とはだいぶ変わった(笑)
あっちはラブストーリー感まだあったけど、今作は完全にアクションで、『インディ・ジョーンズ』感出てた(笑)
でも1999年ならこの映像
>>続きを読む

ミイラ再生(1932年製作の映画)

3.5

今から85年も前に、こんなホラーチックなラブストーリーがあったなんて(笑)
愛し合っていた神官イムホテプと王女アンケセナーメン。しかしアンケセナーメンは病に倒れ帰らぬ人に。イムホテプは甦らせようと禁じ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

レイ・クロックの野心むき出しの姿勢や創業者であるマクドナルド兄弟との対立が面白い。
何よりも、マクドナルドという誰もが知るお店だからこそイメージしやすいというのは大きいと思う。
日本でも上映館もっと増
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

これまでのシリーズと違って、ピンではなくマーベル・シネマティック・ユニバースのひとつであることや、勧善懲悪ではない戦いが新鮮だった。
とにかくトム・ホランドがこれまでのスパイダーマンの中で一番若く、子
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

スプラッター感の少ない『エイリアン』(笑)ジワジワ来るのが逆に怖いというか。
ラストは予想できたけど、この映画、全体を通じてもはや絶望感しかない(笑)
『エイリアン』シリーズは戦うことで生き延びたけれ
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.5

思ったよりはよかったけど、原作の絵と世界観が独特ゆえに、普通の日本人の顔で物語が進んでいくのには違和感がある(笑)
スタンドは着ぐるみ感というか特撮感というかゲーム感あるけど、「オラオラオラオラ」も「
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.0

とても面白かった。
実力ある新人に完敗し、自身のキャリアについて考えるマックィーン。これまでと同じやり方では結果が出せないと思い、新しい手法を交えたトレーニングを試す柔軟性と行動力は教訓になるし、これ
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.5

面白かったけど、だいぶ前作とは違う方向性(笑)
今回は友情をテーマにしていたけど、スパイやら爆弾やら規模がデカくなったら割に、前作のようなキャラクターの成長みたいなのがあまり感じられなくて、ちょっと残
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

4.0

すごくいい映画だった!期待の新人として期待されていたライトニング・マックィーンがひょんなことから田舎に行き着き、そこで出会った人々(車だけどw)との交流を通じて、生意気だった性格が思いやりある性格に変>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.5

今までのジブリ作品の複合体のような映画だったな。。。(笑)
ジブリ作品によくある物語を通じての主人公の成長なども特に感じられず、大きな対立や葛藤もなかったように思えたので、少し期待しすぎたかも(笑)世
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

「午前十時の映画祭8」にて。
公務に嫌気が指して飛び出した王女と新聞記者の期間限定ラブストーリー。
話のテンポもよく、所々に笑いがあって面白かった。
「真実の口」のシーンのオードリー・ヘプバーンのビビ
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

4.0

相変わらず話は唐突すぎてよくわからないけど、もう本当に映像がすごすぎて。。。自分の好みもあって、それだけで4点つけたい(笑)もうバーッとやって、あっさり終わる短距離走みたいな映画(笑)
ただ、個人的に
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.0

「午前十時の映画祭8」にて。
タイトルからして恋愛映画かと思いきや、実際は恋愛要素ゼロの、心温まるヒューマンドラマ。
気難しい毒舌の盲目退役軍人のおっさんが、心優しい青年との交流を通じて、新たな希望を
>>続きを読む

>|