まろさんの映画レビュー・感想・評価

まろ

まろ

5.0:このために死ねる!(現状ターミネーター2のみ)
4.5:くそ面白い!(ベストムービー2位〜10位)
4.0:面白い!
3.5:まあ面白い
3.0:普通
2.5:なんか微妙
2.0:これはひどい

  • List view
  • Grid view

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

予告で感じたようなサスペンス感は途中からなくなり、ただただ高橋一生がかわいそうだなと思った。
吉田鋼太郎が面白い(笑)

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

驚きの実話だった。
目の疾患で95%の視力を失った主人公が目が見えないことを隠して、五ツ星ホテルで働く話だけど、努力が尋常じゃない。
目が見えない分、同僚の助けも得ながら、理論は丸暗記、距離は歩数で感
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

自然災害大パニック×『アルマゲドン』(笑)
映像はすごいし、全体的に悪くはないのだけど、いろいろ起こりすぎて、ひとつひとつのエピソードが薄い(笑)
ゆえに、感動するであろうシーンでもあまり感情移入がで
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

4.0

人生初マジンガーZだけど、これは泣いた(笑)
そもそも世代じゃないからテレビアニメも見てないし、『スパロボ』シリーズもやってないから、よくテレビでやってる「懐かしのアニメ特集」でしか見たことがなく、名
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.0

「午前十時の映画祭8」にて。
1973年のアメリカ映画。
母親を失った少女が、母の葬儀に来ていた友達と名乗る男性と詐欺行為をしながら絆を深めていくロード・ムービーなのだけど、当時10歳のテータム・オニ
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.5

意外にも人生について考えさせられる映画。
いや、伊藤くんの痛さとそれに翻弄される女性たちの話ではあるのだけど、伊藤くんの生き方の理由を聞くとね、これはもう伊藤劇場ではなく、伊藤くんと矢崎女史の生き方の
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いやー、面白かった!
ゲームの中身が現実世界に出てきちゃうという中2心をくすぐる展開に、ラストは時間軸の逆行で感動するなど、楽しい要素満載!!しかもテンポがよくて見やすいんだ、これが。
1995年なの
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
1977年のアメリカ映画。
長いセリフとワンシーンが特徴的だった。
とにかくウディ・アレン劇場で、彼がよくしゃべる(笑)
彼の思想やら恋愛のモヤモヤやらのオンパレード。
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

2018年のトップを飾るにふさわしい映画だった!
相変わらずのダイナミックアクションに、笑いあり涙ありの展開で、すでに今年のトップ層に食い込まんとする勢い!!(笑)
これは4DXで観るとより楽しめると
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

今年の観納め映画。ラストにふさわしい感動ストーリーでした。
自ら経営する動物園にユダヤ人を匿う話なのだけど、いつかバレやしないかとヒヤヒヤ。
でもこの夫婦の勇気ある行動と戦争のむごさ(まあこれは戦争映
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.5

シリーズの中で最もアクションが激しかった。
個人的にはこのシリーズ、メチャクチャ面白いってわけでもないのだけど、キャラや話の流れが安定している印象。
いまだにコメディとシリアスのバランスがつかみきれな
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作よりは面白かったかな。
相変わらずアクション寄りな感じなのだけど、犯人がまさかの展開(とはいえ、いきなりすぎてちょっと微妙だったけど)に驚いたのと、尾野真千子のエピソードでラスト泣いた。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.5

可もなく不可もなくといった映画。
大泉洋と松田龍平がコンビなのだけど、いわゆる凸凹感はあまりない。
松田龍平は空手が強いけど、大泉洋が弱いかというとそうでもなく、割と普通に戦ってる(笑)
探偵モノだけ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

予想外過ぎて、俺にはまったく理解できなかった(笑)
予告すら見ずに、完全にジャケ買い的なノリで観に行ったので、タイトルから察するに「ウブな男の子がかわいい女の子と仲良くなるために奮闘するかわいい青春物
>>続きを読む

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

3.0

これは、、、ひどい。。。(笑)
中島健人は金目的で、平祐奈は顔目的で、高校生ながらも結婚し、質素な生活をしていくうちにお互いに本当に好きになる青春恋愛映画。
設定やキャラクターは悪くないのだけど、みん
>>続きを読む

リベンジgirl(2017年製作の映画)

3.0

よくも悪くも「ザ・少女漫画」みたいな映画(笑)
東大首席卒業かつミス・キャンパスの桐谷美玲が政治家の息子である清原翔にこっぴどく振られ、彼を見返すために、秘書の鈴木伸之のもと、国会議員を目指す話。
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

久しぶりにジャッキー・チェンになりたいと思った映画(笑)
隠された財宝を巡り、悪いやつらと戦うという『インディ・ジョーンズ』のような話だけど、市街地でのカーチェイスあり、スピード感溢れるジャッキーアク
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.5

『8年越しの花嫁』とまったく同じ設定で、公開日も同じ映画。
新聞記者としてバリバリ働いていたクロエ・グレース・モレッツがある日から原因不明の体調不良になり、日に日におかしくなっていくという流れ。
検査
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.5

いい話だけど泣けなかった(笑)
病に倒れた土屋太鳳と、その8年にも及ぶ闘病生活を支えた佐藤健の話。
これまで明るい天真爛漫なキャラが多かった土屋太鳳が寝たきりになり、チューブに繋がれまくった姿は割とシ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

これはいい映画だった。
黄泉の国に連れていかれた妻の高畑充希を連れ戻すために、夫の堺雅人が霊体となり乗り込む話だけど、世界観がジブリを実写化したような感じで綺麗だった。
話もわかりやすいし、CGのクオ
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.5

闇度合いでは『ビジランテ』の方が上だけど、こっちもこっちで観ているだけで、だいぶ辛くなる(笑)
少年時代に、幼馴染を助けるために人殺しをした井浦新が、25年後にその過去を別の幼馴染である瑛太から暴かれ
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.5

誰も救われない絶望感満載の映画。
この後味の悪さは昨年の『ヒメアノ~ル』に似たものがある。
幼い頃に父親から暴力を振るわれた三兄弟が30年後に再会する話だけど、長男の大森南朋はシャブ中になってるし、二
>>続きを読む

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

3.5

「近代彫刻の父」、オーギュスト・ロダンの映画である。
妻がいる身でありながら、粘土をこねては愛弟子のカミーユ・クローデルとベロチュウする、本能に素直だけど、男としては割とクズな方であった(笑)
調べた
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
1983年の日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの合作映画で、テレ朝製作映画が第1弾。
テーマ曲だけ知ってたけど、初めて観た。
戦争をテーマにしているけど、戦
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

後篇もよかった!
今回は菅田将暉がずっと殺してやりたいと思っていた山田裕貴との対戦、そして、親友であるヤン・イクチュンとの死闘が目玉である。
ただ、完全にボクシングに寄っている分、前篇と比べると人物背
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

4.0

初コードギアス!!ようやく見れた!!
「またロボットアニメかー」とか思ってたけど、キャラがすごく魅力的だった。
ルルーシュの復讐と野望と妹への愛の強さ、そして友人である枢木スザクとの敵対とか胸熱!!
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

いろいろ、まさかの展開(笑)
光と闇の対立がある中での人間ドラマ、激しい戦闘機バトル、かっこいいライトセーバーバトルなど、すべてが胸熱だった。
ややツッコミどころがある部分もあるけれど、次の『エピソー
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

哀愁漂うヒューマンドラマ。
病死した兄に変わり、その子供(つまり甥)の面倒を見る、叔父と甥の物語である。なんか『ギフテッド』みたいだけど(笑)
重い過去を背負うコミュ障なケイシー・アフレックと、若さ溢
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.5

これはいい中2(笑)
原作知らないから、話はよくわからないけれど、とにかくバトルがかっこよすぎた!
スピード感と重厚感があって!!
そして、よくわからないにも関わらず、なんかこの世界観、引き込まれる。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

キャプテン・アメリカの涙ちょちょぎれる子育て映画。
クリス・エヴァンスは自殺した姉の残した子供(つまり姪)を育てているのだけど、彼女には類稀なる数学の才能があった。でも今のクリス・エヴァンスの生活水準
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

初めて観たけど、割と面白かった。
特に普段推理モノに触れていない身としては新鮮で。
だって、ねえ(笑)
普通は犯人をひとり見つけるところだけど、今回はそうじゃないからね。複数は複数なんだけど、まさか全
>>続きを読む

劇場版 Fate /stay night - UNLIMITED BLADE WORKS(2009年製作の映画)

3.5

初fate。人物の関係はなんとなくわかったけど、話全体はイマイチよくわからず(笑)まあダイジェストだとそんなもんかな。これは、原作ゲームやテレビアニメを見ないとわからない(笑)
でも、バトルがすごくか
>>続きを読む

映画 山田孝之3D(2017年製作の映画)

3.0

シュール(笑)とにかくずっと山田孝之へのインタビュー。
家庭環境のこと、初体験のこと、芝居のこと、長澤まさみのこと、おっぱいのこと。
ああやって、いろいろ聞かれるのは自分の価値観や人間性の再確認にもな
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

個人的にはシリーズの中で一番微妙だった(笑)なんか、みんな歳を取ったせいか、ヨボヨボしていた気が(笑)
ヤクザ映画はこのシリーズしか見たことないけど、上の立場の人の言うこと聞いたり、謝罪のときには然る
>>続きを読む

覆面系ノイズ(2017年製作の映画)

3.5

音楽系青春胸キュン映画。
恋愛だけでなく、音楽にもパワーが注げているので、見ていてバランスがいい。
よくある恋愛映画としてあまり期待はしていなかったけど思った以上に面白いと感じた。
中条あやみの歌もよ
>>続きを読む

夜叉(1985年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭8」にて。
1985年の日本映画。
高倉健がヤクザから足を洗い、漁師となったものの、結局、田中裕子やビートたけしのいざこざに巻き込まれ、過去とは切っても切れないって話なんだけど。
>>続きを読む

>|