まろさんの映画レビュー・感想・評価

まろ

まろ

5.0:このために死ねる!(現状ターミネーター2のみ)
4.5:くそ面白い!(ベストムービー2位〜10位)
4.0:面白い!
3.5:まあ面白い
3.0:普通
2.5:なんか微妙
2.0:これはひどい

映画(918)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

映画としてそこまで面白いわけではないけど、ピアノの調律師という職業に興味が湧く。
ピアノがあそこまで複雑な構造で、調律作業がとてつもなくきめ細やかなことを初めて知った。
それだけで満足(笑)
そして、
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.5

メイズ最終章。
迷路を抜け、砂漠を駆け回り、次は敵の総本山に逆潜入。
シリーズの中では『1』が一番面白かったかな。
気持ち悪いモンスターが巣食う、あの狭い迷路の中で、勇気と知恵を振り絞って命がけで脱出
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

夢に執着する冴えないファミレス店長のおっさんと、夢を失いかけた超絶かわいいJKの恋愛映画。
もはやこの歳になると、高校生同士の恋愛よりもキュンとするわ。
小松菜奈のエロい雰囲気、好き。
あんなJKに告
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

リコールを隠す大企業 vs 中小企業という池井戸潤お得意の対立構造は相変わらず面白い。
本当に大企業や銀行は嫌なやつとして描かれるな(笑)
強い力に真っ向から勝負を挑む長瀬智也はかっこいいのだけど、そ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

絵本のようないい映画。
生まれつき醜い顔を持ったオギーが、学校に通い始め、からかわれながらも友達を作り、奇跡を起こす話。
子供は忖度もしないし遠回しなこともしないから、時に残酷なこともするけど、その分
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.5

新田真剣佑の筋肉鑑賞ムービー(笑)
ってぐらい彼の筋肉がすごい。
でもドライバー役の彼よりも、どちらかといえばメカニック役の東出昌大に焦点が当たっている気もした。
世界一の速さを目指す短気で奔放なドラ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

瑛太の怪演映画(笑)
自分の友達がかつて世を震撼させた少年Aだったら、、、ってことを考えさせられる内容だけど、イマイチピンと来ず(笑)
事件の悲しみは被害者だけでなく、加害者側にも心の傷を負わせるとい
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

男同士の友情を噛みしめる映画。
戦死した息子の遺体を引き取ろうとするドクが、ひとりじゃ心細いからと、かつてベトナム戦争で苦楽を共にした仲間に同行を頼むっていう映画。
性格がバラバラな3人のおっさんの珍
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

映画というよりドキュメンタリー。
っていうぐらい、出ている役者の演技が自然だった。
リリー・フランキーのだらしなさや、樹木希林のおばあちゃん感、松岡茉優の笑わないフーゾク嬢、チョイ役なのに存在感のある
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

4.0

オリジナルのよさも残しつつ、より感動する感じになっててよかった。
邦画を洋画にリメイクとか、どんな感じになるんだろうと思ったけど、展開はほぼ同じで、変に改変されてないのもオリジナル好きとしては安心でき
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)(2017年製作の映画)

4.0

これは本当にクッソ面白い映画。
トウキョウ租界の壊滅から、終盤の大激戦まで、とにかくクライマックスの連続かってぐらいすべてのシーンが見応えある。
特に天空要塞ダモクレスでのバトルはみんな満身創痍で戦っ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

前夜祭のため1日早いデップー2!
ド派手なアクションと下ネタをふんだんに盛り込んだ心温まるファミリー映画(笑)
笑いが完全にアメリカノリなので、日本人は好みが分かれそうだけど、とにかく他作品のネタが多
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

これは面白い。
まさか泣くとは思わなかった。
『アウトレイジ』みたいなドンパチするだけの映画ではなく、ヤクザ以上にヤクザな刑事の役所広司と、大学卒のペーペーな松坂桃李の絶妙なバディ感溢れるいい人間ドラ
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.0

今年ワースト5(笑)
江戸時代、女性を悦ばせる仕事に従事した落ちぶれた武士の話で、設定は悪くないなと思ったのだけど、とにかく話のテンポが悪くてだれる。
セックスに変に笑いを入れてるから、テンポの悪さと
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭9」にて。
1979年のアメリカ映画。
前半のドンパッチやるオーソドックスな戦争映画から、後半のマーロン・ブランドの謎思想の炸裂へと、かなり展開が変わる。
この温度差がかなり特徴的だ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

世界一の大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐される話。
でも、巧みな交渉術で身代金を値切るマーク・ウォールバーグが一番の功労者かな(笑)
でも、その交渉術自体にはあまり焦点は当たってなくて、割とスイ
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.5

前作より面白い!
2万年経っても地球の支配者であり続けるゴジラをぶっ倒すため、生き残った現地人(人類の子孫?)の武器からヒントを得て、再び戦いを挑む話なんだけど、今回は見応えあったね。
特に人間と、異
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

巨大化した猛獣が街で暴れまくるパニック映画なのだけど、CGで描かれた猛獣のリアルさとシカゴの街が壊滅する映像のすこさが、まさにザ・ハリウッドみたいな感じで想像以上に楽しめる(笑)
しかもただのパニック
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

なんなん、これ、クッソ面白かったんですけど!
原作の絵本からは想像できないほどのウサギと人間の大乱闘映画!
もう、とにかく、ピーターたちがかわいすぎてね。。。
CGがすんごいリアルだし、表情や仕草はも
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

原作読んでないけど、これはひどい(笑)
要は「メッチャ頭いい人の復讐劇」なんだけど、まずメインの櫻井翔の存在感が薄すぎる!
まあ広瀬すずと福士蒼汰の“能力者”の前ではアッシーぐらいしかやることないのだ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

ポーカー怖いなと思った映画。
モーグルのオリンピック出場をかけた大会で怪我をして選手生命を断たれたモリーズ・ブルームが、違法ポーカーの運営に携わり、FBIに捕まって判決が出るまでを描いた作品。
ポーカ
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.0

「午前十時の映画祭9」にて。
1979年のアメリカ映画。
下半身に正直な舞台演出家の生涯を描いた作品だけど、アート的な感じで俺にはちょっとわからなかった(笑)
現実世界とその演出家の頭の中の世界が入り
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

人生初のコナン映画にして、22年ぶりぐらいのコナンアニメ。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』よりもランキングが上だということで見たものの、、、んー、まあ確かに面白かったけど、アベンジャーズよ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.0

「午前十時の映画祭9」にて。
1960年のフランスとイタリアの合作映画。
アラン・ドロンがクッッッソハンサムすぎてため息しか出ないけど、ラストの「お電話です」の終わり方がマジで秀逸すぎる、、、!!
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」(2018年製作の映画)

3.5

この映画単品で見ると、テンポの悪さが目立つ上に、
「メイクーモン、どうしてそうなった?」
「姫川さんは?」
「一乗寺賢は?」
「謎の男は?」
など、突っ込みどころが多すぎて、なんだかなあっていう気にも
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

3.5

「午前十時の映画祭9」にて。
1953年のアメリカ映画。
流れ者のシェーンが街の悪いやつらを懲らしめる『るろ剣』の第1話感満載の話だった。
殴り合いのシーンは今見るとグダグダしているようにも感じたけど
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ただの殺人ミステリーの映画だった。
いや、副題が「仮面を被った街」っつーから、街の人がみんなウソつきなのかなとかって思ったんだけど、全然違った(笑)
平和なサバービコンという街に、とある黒人一家が引っ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.5

9.11のテロ事件に対する最初の報復を描いた作品。
激しいドンパチを繰り広げる戦争映画だけど、空爆の威力のヤバさがハンパないことが痛感できる仕上がり。
制空権を握っているアメリカの強さは計り知れないけ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

これはヤバイ映画。
アメリカ人で初めてトリプルアクセルを成功させたトーニャ・ハーディングの、ライバル選手への暴行疑惑の真相を追った物語。
フィギュアスケート選手としての苦悩とかよりも、彼女の人格および
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.5

原作を知らない分、『ママレード・ボーイ』より楽しめた(笑)
ガリ勉の土屋太鳳と本能に素直な菅田将暉の両極端なキャラがいい。
漫画現世ならああいう振り切ったキャラ設定の方が楽しめるね(笑)
菅田将暉は、
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

コレジャナイ感満載。
原作をきちんと読んで、アニメも見て、主題歌を今でもたまに口ずさむぐらい好きな少女漫画の実写映画を見たのはこれが初めてだけど、もしかしたら今まで見てきた実写化も、原作読んだら同じ気
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

こんな喪失感や絶望感に溢れるヒーロー映画は初めてである。上映後、まわりからため息がたくさん聞こえた。みんな同じようなことを感じたのかもしれない。
もう、本当にやばかった。
サノスが強すぎる。
あんなチ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.0

これメッチャ面白い。
日本でアメコミヒーローモノ作ったらこうなるんだろうなという感じ。
『ターミネーター』と『アイアンマン』を足して2で割ったような映像で、邦画にしてはアクションもCGもド派手でかっこ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

これだ。。。これが映画なんだ。。。
小さい頃に新しい映画やゲームを見たときの高揚感、、、久しく感じてなかったけど、これにはそれが詰まってる。
久しぶりに興奮して鳥肌立った。。。
ポップ・カルチャーのオ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

アクションとモザイクのないスパイ映画。
ただ、「実際のスパイってこうなんだろうな」と初めて思えた映画でもある。
もはや『007』も『ミッション・インポッシブル』も、やつらはスパイではなく傭兵である(笑
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

母親が隣の家の息子とダイナマイトで心中した末井昭って人の話。
そこから工場勤務を経て、看板デザインしながら、エロ雑誌を作るまでを描いているのだけど、自分とは住む世界の違うぶっ飛びようが面白かった。
>>続きを読む

>|