yayoiさんの映画レビュー・感想・評価

yayoi

yayoi

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.9

アウシュヴィッツの映像が無音で映し出されたシーンがとても印象的だった。
言葉の使い方、話し方についても勉強になった。特にベテラン弁護士役のトム・ウィルキンソンが素晴らしかった。依頼人の気持ちに寄り添い
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.5

2018年の一本目は東京で。
「みんなで、救う」っていうスタンスが先ず好き。みんな淡々と助ける。暗い状況下で、淡々と優しいことが起きる。その上ユーモアもあってほっこりする。
アキ・カウリスマキ監督の描
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

今年最後の映画がこの作品で良かった。
役者陣の演技が凄まじくて、かなり笑えて、じんとくる…。
私は最初、ニがあまり好きになれなかったけど、ニの人柄を理解出来てからは一番共感出来た。心ここにあらずなヨ
>>続きを読む

恋とさよならとハワイ(2017年製作の映画)

3.7

一つのサヨナラの物語。
ツボなセリフが幾つかあった。
例えば
『「かも」です、限りなく好きに近い「かも」です、、』って、かわいい。
台本売ってたの買えばよかった。
日常の中の愛すべき普通の出来事にみん
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.7

面白い!!前回よりもさらに面白さが進化しているように感じた。作品がどんどんスケールアップして育ってる感じに涙。監督、キャスト、製作陣の熱量にただただリスペクト。
オープニングから一気にワクワクさせてく
>>続きを読む

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.5

趣味でクリスマスソングの演奏練習をしていて、ちょっと息抜きに鑑賞。
わかりやすいお話だけど、杏とベテラン勢の演技が愉快で楽しめた。特に、枯葉が落ちるシーンは笑えた。あのシーンだけで言うと5点満点。杏と
>>続きを読む

リュミエール!(2016年製作の映画)

4.0

リュミエール兄弟の短編作品108本を90分で一気に観るので割と忙しいけど、構図の勉強にとてもいい。ディスク化されたら買いたい。今回は字幕版で観たけど、落語家の立川志らくさんナレーションの日本語吹替版も>>続きを読む

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

4.1

坂本龍一という人の生き方を少し知って、同じ人であることが少し嬉しく思えた。観てよかった。
時代の先を行き、音楽的偉業を成し遂げてきた人だけど、どこか素朴さがうかがえる。特に最近の視点や行動軸はとても純
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

制作時に想像した未来のすぐ近くまできた今。近未来の世界がこんなにも混沌としていたら辛いなぁ。。この世界観の中で健全に生きられる自信ないし、レプリカントがどんどん人間らしく、人間がどんどん人間らしさを見>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.1

第二次世界大戦下のイギリスで映画を作るお話。戦争の最中で明日をも知れない身で映画脚本に熱中するところもいいし、シナリオを書く際に使うタイプライターの音もいい。熱中してるのが音のリズムで伝わってくる。セ>>続きを読む

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち(2015年製作の映画)

4.1

映像も演技も観応えがあった。実際の映像が組み込まれていて、スクリーンで観たら衝撃凄そう…。今観る価値がある映画のような気がしたし、もっと歴史から学ぶ機会を持たないと!と思う。
主演のマーティン・フリー
>>続きを読む

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス(2012年製作の映画)

4.0

共感出来るところが多くて嬉しくなった。
今もやもやしている写真家は、観ると少し元気になれるかも。
「その人が通ったら…よし」とシャッターを切る感じ、わかるわぁ…。レイモン・ドゥパルドンが一番好きらしい
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

3.5

優しい音楽、ユーモア、アラバマの可愛さ等々が効いていて、バイオレンスの中にも柔らかさが漂っている独特な作風。
ラストのアラバマの運転シーンが格好いい。破茶滅茶だけど芯の通った女性なんやなぁと最後の運転
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

戦場のリアルを体感させられる静寂さがとても良かった。そこに迫力と時間使いの上手さが加わっていてすごい…
「すばらしき映画音楽たち」を観てから、ダンケルクを観るなら今!と思い観て正解。セリフの少ない映画
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

仕事帰りに、楽しい映画音楽の時間。。
映画音楽の世界がこんなにもエキサイティングな世界とは。。。!この映画を観たら映画ファンは皆、もっと映画が好きになるんじゃないでしょうか。いろんな名作の音楽的名シー
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.7

爽やかで、優しい作品。複雑性は無いけど、ストーリーが丁寧で好印象。登場する女子高生は個性豊かで皆かわゆい。。
主人公なぎさちゃんのまっすぐすぎる性格には序盤引き気味で観てしまいましたが(汗)まぁいいか
>>続きを読む

草原に黄色い花を見つける(2015年製作の映画)

3.5

子供の視点で描かれたピュアな物語。映像も淡い感じで、ロケ地のベトナム フーイエン省の自然が美しい…。美しい自然の中で子供達が無邪気に遊ぶシーンは和みますなぁ。中でも主人公の弟は遊ぶのがとっても上手。エ>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

二回目の鑑賞。二回観て正解でした。私の中で、すずさんがもう初対面の人ではなくなって、より自分事として受けとめられた。すずさんや皆の居場所をめちゃくちゃにする戦争が心底嫌になった。それで、普通のなんでも>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

ジム・ジャームッシュ監督の作品は「コーヒー&シガレッツ」以来、2度目の鑑賞。また観に来られて嬉しかった。
それにしても、アダム・ドライバーってすごく優しい表情されるなぁ。バスで乗客の話に耳を傾けるパタ
>>続きを読む

パパのお弁当は世界一(2017年製作の映画)

4.1

渡辺俊美さんの演技がとてもいい。
とびきりほっこりしました。
本職(ミュージシャン)で培われたグルーヴが、いい意味でその筋の人(役者)にはなりきらない良さへと繋がってる感じ。きっと現実の渡辺パパも映画
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

4.0

儚い夢をみているような映画でした。
生と死が題材で儚いのだけど、重たくならず、客観的に観ることが出来た。いい映画を観た後の清々しさも感じることが出来、結構前向きにいろいろなことを考えさせられる。
映像
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

とにかく、ボブという名の猫ちゃんが可愛くて、上手い。猫のゴロゴロ声が劇場内に響き渡るのは初めての体験で良かった。
途中、主人公と離れ離れになっちゃったけど、再び主人公のもとに戻ってきてゴロゴロ〜が聞こ
>>続きを読む

ハイジ アルプスの物語(2015年製作の映画)

4.0

実写版ならではのアルプスの山々、自然の映像美にとにかく癒されます。更にこの映画は美しい風景に魅せられてショートトリップ出来る映画なだけではないところにも良さがあって、
心に揺さぶりをかけられる場面が多
>>続きを読む

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

4.0

イーサン・ホークの初監督ドキュメンタリー映画。美しいピアノBGMが終始心地好く流れ続けていた。
それだけでも、心静かなひと時を過ごすことが出来ました。
良質な音楽映画でありながら、音楽(創作)の核心は
>>続きを読む

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

5.0

2016年に観た中で、一番好きな映画。この映画に出逢えて良かった。