わーとんさんの映画レビュー・感想・評価

わーとん

わーとん

ボディ・スナッチャーズ(1993年製作の映画)

3.1

面白くないな〜と思ってみてたら
ボディスナッチャーではなく
ボディスナッチャーズということに
見終えて気づく。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

4.0

ビルからの俯瞰シーンで見てるこっちまでハラハラするとこが面白い。違法行為がバレるかバレないかの緊張感も演出されていて良かった。

見知らぬ乗客(1951年製作の映画)

4.0

不気味さを作るのが上手い。
ラストメリーゴーランドで
殴り合うのも斬新でいい。

ココ・シャネル 時代と闘った女(2019年製作の映画)

-

イメージ多めの単調な映像
だったので退屈に感じた、、、。
歴史は面白いと感じた。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.7

一人の余命宣告から、
過去の仲間が集う映画。
過去と現在を行ったり
来たりする構成が違和感なく
うまかった。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

-

タイムリープの手法で伝えようと
考えたのは秀逸なアイデアだと思う。
映画というより映像広告にも感じる。
面白い面白くないではなく伝わった。

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.3

監督の執念を感じました。
エンドロールも面白いです。

ラブホテル(1985年製作の映画)

4.3

記憶に強く残る作品。
情緒的な演出がとてもいい。
また観ようと思う。

あ、春(1998年製作の映画)

3.8

鶏を庭で飼ってる
家族の設定が面白かった。
それが物語の重要な役割を
担うのもいい。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

ハマらなくて、
眠たくなってしまった、、、。
静かで深い映画です。

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

3.9

養蜂家の美しくも残酷な
日々の記録といった感じ。
ドキュメンタリーだというのに、
カメラマンの存在を感じないのすごい。

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

4.0

真面目なサラリーマンが
綺麗なお姉さん目当てでダンスに
通いたくなるという
動機がなんかいい。

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

3.9

これぞ日本の映画って感じ。
すぐ銃で撃ちがち。

Love Letter(1995年製作の映画)

3.8

図書の貸出カードに名前を書くとことか、どこか懐かしくて甘酸っぱい作品でした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

IMAXで鑑賞。
ミュージカル映画は、
あまり得意ではないですが
普通に楽しめました!

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.8

ご都合主義な映画に感じたけど、
共感しやすいものになっていた。
演出がよかった。

初恋(2020年製作の映画)

4.0

首が腕が飛ぶけど
グロく感じず、笑えるのがいい。

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.3

時代に淘汰されていく様が
現実味を帯びていて
よかった。

>|