drynoppoさんの映画レビュー・感想・評価

drynoppo

drynoppo

天外者(2020年製作の映画)

3.0

NHKの朝ドラ「あさが来た」で有名になった五代友厚を主人公にした映画。
一人の人生を一本の映画にまとめた上で、良い作品に仕上げるのは大変。この作品も成功してるとは言いがたい。「海賊とよばれた男」がいか
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.0

よかった~♪
時代は移り変わる。
そうでなくても、
やりたいことをやれ!
って映画。

ヒュービーのハロウィーン(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

楽しい映画。
ハロウィンの雰囲気が好きで鑑賞。
「メリーに首ったけ」ほどではないが、出てくる人物がみんな変。
ちゃんとハッピーエンド!

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.5

よくある弱小チームの躍進物語かと思いきや、バスケを通した人間教育の映画。
貧困層で育つ高校生。
親も、子どもの将来よりも、輝く今にしか思いを馳せられない環境。
「あの子にとって、今が人生のハイライトな
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

画面だけ見ると、スター・ウォーズみたい。いろんな惑星。様々な異星人。
主人公の二人の見た目が子供。原色をちりばめたカラフルな色使い。シンプルな勧善懲悪の物語。子供向け、ファミリー映画と思えば、これでよ
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.5

メジャーリーグに統計を本格的に持ち込んで革命を起こす!
ただ痛快とも言い切れず、様々な物事の難しさを感じさせる物語でした。
やると決めたら、へこたれずにやりきる!覚悟を決めて突き進む勇気をもらえる。

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なかなかえぐい展開。
監禁され、与えられた唯一の食糧のハンバーガー!冷蔵庫にあった、妻と子供の生首。何て酷いこと考えるんだ!
で、犯人の狙いは、そこかー!
ブラッドピッドの「セブン」かと思った!

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

残念ながら眠気に勝てなかったので、断片的にしか見てない。
詰まるところ、はじめの航空機事故で死んだのが、誰だったのか?
という映画

この落ちにすると、何でも辻褄があってしまう便利さ。こんな映画が多す
>>続きを読む

八つ墓村(1977年製作の映画)

3.0

横溝正史シリーズ
「たたりじゃー」で有名。
誰が犯人か?というより、そのおどろおどろした雰囲気を堪能する映画。

ドランク・モンキー/酔拳(1978年製作の映画)

3.5

酔えば酔うほど強くなる!
師匠がバーチャファイターに出てたなぁ(笑)

ブルース・リー/死亡遊戯(1978年製作の映画)

3.5

ブルース・リーの死後に公開された映画。撮影途中だったため、残ったフィルムと、影武者、古い映画の一部を再利用して1本に仕上げました!

急死したスターの最後の勇姿を、誰でも鑑賞できる形で残したことに意義
>>続きを読む

キャプテンハーロック(2013年製作の映画)

-

漫画、アニメの実写映画化。
ってか書いてアップした後、皆さんのレビューを読んで、CGアニメだったことを知った。
ごめんなさい。私がこの作品を見てないことが判明。
以下、修正しました(笑)
名作の再利用
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.0

ウディアレンの映画は、主人公の心の声に、共感できたり、面白味を感じたり、といったエッセイを読むような感じ。
ただあの感じで、90分は辛い。始めはいいのだが、最後は苦行になって、結局いい印象は残らない。
>>続きを読む

日本以外全部沈没(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

小松左京原作の超有名作品のパロディー。しかし、描かれるのは、沈没後の世界。スペクタクルはないので注意。

タイトル通り、日本以外全部沈没しているので、アメリカや中国、ソ連の首脳が日本に避難している。み
>>続きを読む

日本沈没(1973年製作の映画)

-

小松左京の名作SF小説の映画化。
この映画がヒットして、TVドラマにもなった。
私が憶えているのはそっち。
いったいどうなってしまうのだろう、とドキドキしながら見た記憶あり。

オーメン2/ダミアン(1978年製作の映画)

3.0

前作の幼児のダミアン君は、得体の知れない魔物の雰囲気が、より深い恐怖を誘っていた。
この作品では、ダミアン君も、少年に成長。すでにハッキリした人格を持っているはず。だが、ほぼ何も語らないことで、その不
>>続きを読む

マニトウ(1978年製作の映画)

3.5

当時はインパクト大でした。
気持ち悪く、超怖い。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.5

異色のスパイダーマン。
新しいスパイダーマンが、能力を使いこなせずドタバタ。様々な世界の個性的なスパイダーマンが集まって豪華。
スパイダーマンの最高傑作かもしれない。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前編から、ソッコー突入!
これ、リアルに映画館で見てたら、後編公開までどれだけ悶々としたことだろう(笑)

前半のちょいあらすじからスタート。
広報官にも来ない情報。
記者会見が大荒れに荒れる。
前編
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

傑作です!
誘拐事件の犯人と刑事の駆け引きの話しかと思ってました。
全然違う。
14年前の未解決事件を軸に、警察内部の対立、記者クラブと警察広報官との関係など、事件を忘れるくらいのめり込んで、記者クラ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.0

いい話。
木梨憲武の冴えないオヤジ。
佐藤健の尖った高校生。
他の登場人物も皆いい味出してるが、話のテンポが遅いのが辛かった。
漫画原作の映画全般にあるパターン。漫画は、自分のペースで読めるので、大抵
>>続きを読む

わが青春のアルカディア(1982年製作の映画)

3.5

ハーロックとトチローの物語。
その前世は、松本零士の傑作漫画「ガンフロンティア」か。
アルカディア号は、映画「銀河鉄道999」からのデザイン。TV版「宇宙海賊キャプテンハーロック」とは別物。これがカッ
>>続きを読む

ニューヨーク東8番街の奇跡(1987年製作の映画)

-

一度見なくちゃ、と思いつつまだ見てない映画。
何度か録画したのに、後回しにして、結局見ずに消す。3回くらいやった(笑)

アマルフィ 女神の報酬(2009年製作の映画)

3.0

公開当時、映画館で見た!
織田裕二とその役柄に違和感を感じた記憶あり。
「踊る大捜査線」とか「スーツ」は、イメージ通りなんだけどなぁ

地底探険(1959年製作の映画)

3.5

私が知ってる地底探検はコレだと思う。
どうやって帰るんだろうと心配しながら見ていたが、最後にそんな裏技で帰ってくるとは!
当時は拍手喝采でした!

007/ムーンレイカー(1979年製作の映画)

3.5

007宇宙へ
映画館に見に行った数少ないボンド映画
宇宙での銃撃戦が楽しい。

映画 謎解きはディナーのあとで(2013年製作の映画)

-

なんくるないさ~
は、別作品でした…
見たはずなのに、中身の記憶がない

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

墜落事故。
生存者のカウンセリングをする主人公。
パイロットの人為的ミスとする航空会社。それと矛盾する「爆発を見た」と証言する生存者。その一人一人が姿を消していく。
これはいったい何があったのか?
>>続きを読む

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

3.5

夕陽のガンマンが面白くて、「続」もメインキャストが同じで、と期待したのに、全く別の話でガッカリした記憶あり。

夕陽のガンマン(1965年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

クリント・イーストウッド
カッコいい!
騙し騙され、最後は大佐の復讐を助けて、大金獲得。その全てを淡々とこなしていく様に痺れる。
チョット距離のあるバディもの。その距離感がいい!

>|