drynoppoさんの映画レビュー・感想・評価

drynoppo

drynoppo

映画(444)
ドラマ(0)

ベニスに死す(1971年製作の映画)

3.0

有名な作品。
タイトルだけは何度となく目にしていたが、見たのは公開されてから20年以上たってから。
残念ながら、あまり感情移入できなかった。私にとっては、ただ、タイトルがカッコいいだけの映画。
あまり
>>続きを読む

怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス(1972年製作の映画)

-

こども向けの雑誌で盛んに特集されてた記憶あり。シンプルでわかりやすい怪獣デザインが好きでした。
でも、見た記憶がない(笑)

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.5

走るゾンビは、反則です(笑)
棒倒しのように、折り重なって、よじ登って、壁越えるのもダメでしょう。怖すぎる!
最後にゾンビ攻略法が見つかるのも掟破り!

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

3.5

泥臭いアクションがカッコ良かった。
CGでは出せない、リアルスタントに魅力。

未来惑星ザルドス(1974年製作の映画)

-

巨大な石の顔。
口の中から武器が出てくる。
ポスターのインパクトが強くて、強烈に記憶に残っている。なのに見たいと思わない、不思議な映画。公開当時だけでなく、その後も何かと見かけるので、それなりの評価の
>>続きを読む

ゴジラ×メカゴジラ(2002年製作の映画)

3.0

宅麻伸が釈由美子ってダメでしょう。これは、娘を使っても無理がある(笑)
寡黙な女戦士よキャラは良いと思った。
メカゴジラは、宇宙人の侵略兵器だったのに、今は人間の対ゴジラ兵器。いろんな役割が与えられる
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

迫力満点!
映像は最強!
しかし、日本版のテイストを感じるストーリー。シリーズお馴染みの怪獣たち。監督のゴジラ愛が滲み出てます。ハリウッドらしからぬ映画。
最後に地球の怪獣たちがゴジラの前にひれ伏す様
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

3.0

薬師丸ひろ子のアイドル映画、と思えば、こんなもん。
八犬伝の映画化と思うと、物足りないか。

デンジャラス・ビューティー2(2005年製作の映画)

3.5

ほどほどのアクションと、ほどほどのコメディー、ほどほどの友情物語。
単純に元気をもらえる映画。

のぼうの城(2012年製作の映画)

3.0

見ました。
主人公のキャラが、わざとらしく、あざとく、正視できず、目をそらしながら見た記憶だけある。

(1985年製作の映画)

2.0

黒澤さんの作品も、この辺になると、何の映画なのかも記憶に残らないくらい退屈。

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

3.5

潜入物!
本物のミス候補とのギャップで笑い!
でも、その振りしてる間に、本物になる!お約束ですが、それがいい(笑)

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.5

当時の映像にトムハンクスを合成することで、アメリカの現代史を振り返る映画。この手法は、その後、アチコチでパクられたので、今見ると普通ですが、当時は、そのアイデアと映像に感心しました。
映画の新しい手法
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後にメリル・ストリープが出てきて、格の違いを見せつける。

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

エレベータのワイヤーが切れたら、そうしたらいいんだ!なるほど、落下しても、それなりにブレーキがかかるんですね。
密室内での人間ドラマにはひかれるので、この映画も、最後まで引き付けられました。
スピルバ
>>続きを読む

ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー(2014年製作の映画)

3.5

伝説の会社の盛衰を、当時の関係者のインタビューを交えて知られる。大変興味深い映画でした。
都市伝説には、真実の部分も、憶測から作られた濡れ衣の部分もあり、それを確かめられるのは、稀なこと。その体験は、
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.5

見たのは随分前だが、面白かったのに、何だか違和感を感じてて、素直に高得点をつけられません。
それは、私がハリウッドに毒されてるからか?
そのうちまた、ちゃんと見直して、再評価したいです。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編(2010年製作の映画)

3.0

私の場合、TVドラマ→原作漫画→映画なので、役者に対する違和感はほぼなく、十分楽しめました。
このシリーズは、名曲の演奏シーンが素晴らしく楽しめる。
これを音楽なしで楽しませる原作漫画の偉大さに、脱帽
>>続きを読む

のだめカンタービレ 最終楽章 前編(2009年製作の映画)

3.0

この辺になると、やりすぎ、演出過多。
でも好きな作品なので楽しめる。

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

3.5

音楽物で、ハートフルなシンデレラストーリー、かつコメディー。
面白かったです。

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.5

泣かせる話。
いい話。
グルーと、3人姉妹の心の交流!
ミニオンは、ちょっとウザイ脇役。

十三人の刺客(2010年製作の映画)

3.5

明石藩主松平斉韶の異常ぶり。まさに背筋が凍る思いをした。最後の最後までキモい!稲垣吾郎、恐るべし!
それを暗殺すべく、少人数で知略を尽くし、命を懸ける。まさに侍!
こんな藩主でも、仕える家来たちは忠義
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

アベンジャーズ系ヒーローの単体の話。
ご敏腕で傲慢な外科医が、精神世界の無限パワーに目覚める。
ただもうちょっと悟りを開いて欲しいと思うのは、東洋人の感性か。
師匠を越える日は、まだまだ遠い。

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.0

迫力満点!さすがハリウッド!
でも、ゴジラを見てる気はしない。なぜだか退屈で、3回ほど見ているが、毎回途中の記憶がない(笑)
ゴジラ以外の怪獣が、ゴジラシリーズらしくないからか?
コレの次の作品は、お
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.5

アベンジャーズ系ヒーローの一人。
家族のために頑張るパパ!
ソロの話は、そのヒーロー独特の世界観があって面白い。
アベンジャーズシリーズの重要な鍵を握る要素が出てくるので、「エンドゲーム」を見る前にこ
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.0

大作です。
沈んでいく豪華客船のスペクタル!
迫力満点!
でも、ドラマの方は、何だかのめり込めなかった。ディカプリオのキャラは、私から見ると少しもカッコ良くない。ヒロインにも心ときめかない。二人の恋愛
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.0

なんせモーツァルトですから、最高の音楽をふんだんに使って、最高のミステリーを見せられたら、降参です!
天才は、はた迷惑なのがよく分かる(笑)

マーラー 君に捧げるアダージョ(2010年製作の映画)

2.5

こっちはダメでした。
せっかくマーラーなのに、その音楽を活用しない理由がわからん。
物語も単なる痴話喧嘩に過ぎず。マーラーでなくていい話(笑)

マーラー(1974年製作の映画)

4.0

良かったのはこっちです。
さすがはケンラッセル!
描写はとにかく変ですが、マーラーの曲の使い方が最高!マーラーが最高なのか?
映画館で心地よい時間を過ごさせていただきました!

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

実話?
感動です!
マイケル、かわいい!
こんないい子じゃ、ほっとけない!

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年製作の映画)

3.0

νガンダム登場!
でもそれだけかな…
スパロボやってなかったら、νガンダムにも魅力感じなかったかも(笑)

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか(1984年製作の映画)

3.5

TVシリーズの総集編。
他のシリーズの総集編より、新しい要素が入って、少し別作品の様相。制作者の意欲が感じられます。
元がいいので、総集編も名作!

>|