磨さんの映画レビュー・感想・評価

磨

愛のコリーダ 修復版(1976年製作の映画)

3.1

大島渚4Kリバイバル上映その②。
昭和11年に起きた、愛する男を殺してち○こ切っちゃったという「阿部定事件」を題材にした作品。
直前に観た「戦場のメリークリスマス」で大島渚監督作品に初めて触れ今更なが
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

3.9

大島渚監督、最大のヒット作品の4K修復版。…ですが、未見です。
作品の概要もキャストも、そして坂本龍一によるテーマ曲も知らない状態での鑑賞でしたが、期待通り素晴らしい作品でした。
今ではそこまで珍しく
>>続きを読む

ブックセラーズ(2019年製作の映画)

3.3

本を愛する人たちが本を愛する人たちに贈るドキュメンタリー作品。世界最大規模のNYブックフェアの裏側から、業界で名を知られたブックディーラー、書店が本の魅力を発信する。

正直、本をそこまで読む方では無
>>続きを読む

SLEEP マックス・リヒターからの招待状(2019年製作の映画)

3.3

「アド・アストラ」や「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の音楽を手掛けた天才音楽家マックス・リヒターによるドキュメンタリー作品。

2018年に世界中で開催された“眠り”をテーマとする真夜中のコン
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.6

2020年に逝去した児童文学作家ロバート・キンメル・スミスが1984年に発行した「ぼくはおじいちゃんと戦争した(旧題:おじいちゃんとの戦争)」を原作とするコメディ映画。

冒頭からセルフレジに悪戦苦闘
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.3

一部の方からロリコンだと思われているので(一応、否定しておく)そんな僕にピッタリの作品を上映していた(笑)

児童への性的搾取の実態を描いたチェコ映画。オーディションで集めた幼い顔立ちの3名の女優。1
>>続きを読む

スプリー(2020年製作の映画)

3.3

フォロワー至上主義が産んだ現代の闇を描いたジェットコースター・スリラー。
フォロワーを増やしたいライドシェアドライバーがSNSでバズらせる為に乗客を○○する姿をライブストリーミング配信するという内容が
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.9

さて、るろ剣です。「最期」の次作にして、ラスト1作を残した「The Final」(笑)
3作品をリバイバル鑑賞し、満を持してのIMAX鑑賞。“最終章”2作合わせての総製作費50億ともいわれ、これだけ金
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.5

舞台は1840年代、古生物学者の女性と裕福な化石収集家の妻の間に生まれた愛の物語。ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナン、豪華二大女優による燃ゆる…(みなまで言うな)

その「燃ゆる…」が合わな
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.5

第70回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)と国際映画批評家連盟賞をW受賞したドイツ映画。
ヒロインの名前“ウンディーネ”と聞いた時、昔からゲームなどで聞く水の精霊?と思ったが、まさにその通りで
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.9

実写版るろ剣ですがこれは最新作では御座いません(笑)
3作目のリバイバル上映、上映ギリギリの木曜日に鑑賞致しました。

やはり邦画屈指のアクション作品にして、漫画実写化作品の最高峰だと思う(実写化は基
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.7

1年延びたコナン新作。順風満帆に4年に1度のスポーツの祭典が行われようとしているところに虚しさを感じるけど、リニア開通も含め時事ネタをふんだんに詰め込んでいる。まぁ今回のような事もあり、ニ度とやらない>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.6

シングルマザーの宇宙飛行士とその娘の物語。タイトルから完全なるSFだと思っていましたが、宇宙に行く…までの物語。親子愛を映し出す人間ドラマでした(笑)

エヴァ・グリーンが演じたサラは男性社会の中でシ
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

3.1

ジェシカ・チャステイン主演知的で抜け目のない役を演じるイメージがあるが、激しいアクションのイメージが薄いジェシカ・チャステイン。彼女が美しさを戦闘力を兼ね備えた暗殺者になる、というだけで、気になる物語>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

3.7

新作が公開されるごとにファンを虜にする今泉力哉監督最新作(本当は1年前に公開予定だったけど)
舞台は東京・下北沢、冴えない青年と女性たちとの出逢いを描いた今泉節全開の恋愛群像劇。日常を切り取り何気ない
>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

3.7

日本を代表するバイプレイヤーが集結し、本人の名前で登場するドラマの劇場版。
邦画実力派俳優が大好きな自分にとっては天国のようなドラマです。
…ただし、シーズン1しか観ておりません。
理由は大杉漣さんロ
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.7

同名の小説を原作とした映画化作品。なによりもタイトルに惹かれた(笑)

キャストの豊富さからも伝わるのはジャンルも含めかなり複雑な作品という事。恋愛やサスペンスや……など、さまざまな顔を併せ持つ不思議
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.6

チャドウィック・ボーズマン最期の劇場公開作品。彼が脚本に惚れ込み主演兼制作を務めたクライムアクション。
その最後の勇姿、ついつい溢れる涙に評価を甘くなりだけど、その気持ちはグッと堪え冷静に作品をレビュ
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.8

《パリピ系ラブ・コメディ》

目覚めるといつも同じ日の朝ー。
カリフォルニアのリゾート地が舞台のみんな大好き(?)タイムループ作品の話題作。ホラーではないが、こちらの方が「ハッピー・デス・デイ」に近い
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.6

《ウェイ系ホラー・コメディ》

1月に公開直前、まさかの延期で待ち焦がれた「ハッピー・デス・デイ」のクリストファー・ランドン監督による“入れ替え”スプラッター・ホラー・コメディ。
入れ替え、というと個
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.6

実写版るろ剣第2段。鑑賞した映画館が違うとはいえ、お客さんは10人以上いました。前回1人だったのでとりあえず一安心。

とりあえず、前観た時はレンタルだし意識してなかったけど(特典映像合わせ)2時間半
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.5

凶悪犯罪者たちを集め、さらなる凶悪犯罪を制圧する〈毒を以て毒を制する〉的な作品。我らがマブリー最新作で、彼は収監中の“伝説の拳”といういかにも似合いそうな役柄。刑務所内においてもビスケット・オリバのよ>>続きを読む

レッド・スネイク(2019年製作の映画)

3.4

様々な国の女性だけで構成される特殊部隊〈蛇の旅団〉とIS〈イスラム国〉の戦いを描いたミリタリーアクション。
女性だけで構成された部隊、というとアニメでも良くあるが、そんなキャッキャウフフしておらず(当
>>続きを読む

ドリームランド(2019年製作の映画)

3.5

世界恐慌の1930年代のテキサス、警察から追われる強盗犯の女性と、彼女をかくまった少年が繰り広げる逃避行。

1930年代、アメリカ、銀行強盗…。「俺たちに明日はない」に始まる古き良きアメリカン・ニュ
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

3.8

ファンの多い「ヒメアノ〜ル」の吉田恵輔監督が、自身が30年以上続けるボクシングを題材に描いた作品。

『あゝ、荒野』『アンダードッグ』に続いてのボクサー映画。負け続けても飄々とした瓜田(松山ケンイチ)
>>続きを読む

裏アカ(2020年製作の映画)

3.3

SNSの“裏アカウント”を題材にしたヒューマン・ドラマ。承認欲求やSNSトラブルをテーマにした作品はこれからも国内外問わず増えそう。

満たされない毎日を送るアパレルショップ店長の女性が、あるキッカケ
>>続きを読む

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

3.5

2018年に放送されたTVドラマの劇場版。オリジナルの韓国ドラマが大人気でレンタル屋時代にはお世話になりました。…内容は観ていませんが(笑)
日本のドラマも未見です。従って鑑賞前に某動画配信サイトや某
>>続きを読む

きまじめ楽隊のぼんやり戦争(2020年製作の映画)

2.9

一本の川を挟んだ全く知らない隣町を相手に、毎日朝9時から夕方5時まで規則正しく戦争をしている二つの町。
シュールなコメディだが、死や怪我は現実でリアルに人が亡くなり体の一部も無くなったりする。それでも
>>続きを読む

種まく旅人~華蓮のかがやき~(2019年製作の映画)

3.3

日本の「食」を支える農業や漁業といった第一次産業を応援するためにスタートした映画《種まく旅人シリーズ》第4作目。
シリーズは知っていたが、作品に触れるのは初。今作の舞台は石川県金沢市の伝統野菜“加賀れ
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.9

”Time Waits for No One”

何度も映像化された筒井康隆の原作小説が基になった2006年のアニメーション作品。公開から15年経ち、まさかの4DXリバイバル上映。青春×タイムリープは
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.8

流浪人剣心。日本の”ノマド”といえばやはりこの人である(劇中は住む家はあるが)

コロナ禍で延期した《ファイナル2部作》公開前に過去3作品をリバイバル上映。
未だに(珍しい)コミック原作の実写化邦画の
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.5

主演と脚本を務めるクレア・ダンが立案した企画。DVやシングルマザーの貧困、住宅問題や親権問題など、現実にある様々な問題を描き出す作品。

夫の虐待から逃れる為に2人の娘と逃げ出す事に成功するも、立ちは
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.5

頭蓋骨に穴を開けたことで、トラウマなどの深層心理を可視化する事ができるようになった男性を描くサイコミステリー。

「殺し屋1」などの原作者山本英夫のカルト的人気を誇る同名コミックが原作。監督はJホラー
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.8

「罪の声」塩田武士原作、「桐島、部活やめるってよ」吉田大八監督作品。社長急死の直後の出版社が舞台となる変わり者編集長の奮闘劇。
跡目争いがニュースになるほどの大企業、現在の出版不況を背景にした組織の権
>>続きを読む

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

3.1

最近テスラの車を街中で見かけるようになったと思う(実際シリコンバレーはテスラだらけだそう)
ガソリンエンジンこそ自動車だと思ってる退嬰的な人間なので、電気自動車は抵抗があるものの一度は乗ってみたいもの
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.8

ノマド【NOMAD】は遊牧民や流浪の民という意味。アメリカにおける現代の遊牧民たちの姿をとらえたアカデミー賞作品賞有力作品。
フランシス・マクドーマンドが原作に感化され、中国出身で5年間ワーキャンパー
>>続きを読む

>|