ゴンさんの映画レビュー・感想・評価

ゴン

ゴン

レビューはただのメモ。主に洋画、好きなジャンルはアクション、SF、アメコミ。☆4からは特にオススメ
ベストムービーはここ数年映画館で見た作品からのピックアップ

映画(137)
ドラマ(0)

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.3

この映画を見るまでロビイストという職業を知らなかった。
あまり日本ではメジャーではないらしいが、アメリカなどでは割とあるらしい。
ロビー活動とは特定の主張を有する個人または団体が政府の政策に影響を及ぼ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞作品。
是枝監督が表現する家族は自分好みなことが多いかな。
複雑化する現代家族の社会問題に一石を投じる作品。
このタイプの家族ドラマはあまり見たことない。
見終わった
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.2

デップーは満員で見たかったから初日レイト決めてきた。
公式宣伝通りのファミリームービーだった笑
低予算で期待されてなかった1から比べて派手なアクションシーンやIWであのサノスを演じる名優ジョシュブロー
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.1

麻薬中毒のホームレスミュージシャンがある時、野良猫のボブと運命的な出会いをして立派に社会復帰するまでを描いた話。
ノンフィクション小説を元にしたイギリス映画。
ホームレスと野良猫という似たような境遇同
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

フィギュアスケートオリンピック選手によるライバル襲撃事件(実話)
実際に母親や夫から虐待など受けてたということで結構バイオレンス描写が激しめ。
セバスタのDV鬼気迫るものがあったのでヒドラによる洗脳を
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

ブレラン続編やっと見た。
前作は鑑賞済み。
やはり特別な思い入れがないので35年ぶり新作だけどまあまあ....
とりあえず長い。
来たる未来を見てるような気分で世界観や色使いなどは目を見張るものがある
>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

4.2

刑事であるジョントラボルタはある目的のために昏睡状態であり息子殺害の犯人でもあるニコラスケイジと手術で顔を交換して任務に臨む。
よくある中身入れ替えものかと舐めてたが、2人の演技力が凄まじすぎて惹かれ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

民放でやってたので2回目見てみた。
見所はやっぱりスタントマンなしのトムクルーズのアクション!
二度の離婚でヤケクソになってるじゃと感じるほど死ぬ気で体張ってる。
高所恐怖症だからマカオタワーでのアク
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

初日から3日連続で鑑賞。
今回は全てがネタバレになってしまいそうなので、未鑑賞の人に感想を言うのが難しい。

想像以上にサノスが主人公の石集め物語だった。
ヒーローにスポット当てるというより思い切って
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

堂々の完結編。
衝撃的なところで終わった前編の続きかつ回想から始まる。
マヘンドラの父親アマレンドラバーフバリがいかに素晴らしい男で兄貴がいかにクズ男かを見せつけられる。
あのロキだって改心したのに、
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

えー、映画レビューで初めて星★★★★★をあげても良いなと思える作品に出会えてしまった。
なぜ、ここまでの高評価かと言うと80年代前後から現代に至るまでの映画、アニメ、ゲームなどのポップカルチャーを愛し
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.9

20年くらい前の作品にしてはかなりクオリティ高いSFアクション映画だと思う。
スローモーションと映像技術を組み合わせたアクション演出は今見ても色あせない良さがある。
また、カンフー要素をふんだんに取り
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

安室さんもはや主人公より人気あるよね。
昨今のコナンは邦画全体でもトップレベルの興収があるので色んな思惑があるのは理解できる。
でも、明らかに過度な女子ウケ路線は勘弁してほしい。
クサイセリフ言うキャ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

20年前のジュマンジの続編。
直接的な話の繋がりはほぼないので、別に過去作見てなくても問題はない。
今回はボードゲームからテレビゲーム形式に変更。
居残り組みの高校生4人がゲームの世界へ吸い込まれる話
>>続きを読む

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014年製作の映画)

3.9

お祭り映画3作目。
今までの中だと一番好きかもしれない。
最後の要塞に攻めに行くシーンはアクション派手で見てて楽しかったし、新メンバーも割と個性的。
そしてキャスト見てたらガチの格闘家とか出してて色々
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

ジェニファーローレンスの女スパイ映画。
色んな意味で結構体張っててびっくりしたよ。
ハリウッドの役者魂すごい。
アクシデントでバレリーナの夢を絶たれたロシア人のドミニカ。病気がちの母親を養うために、疎
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

ベトナム戦争に関わるアメリカ国防省の最高機密文書が流出。ワシントンポストの社主メリルストリープは政府からの圧力に負けず国民にこの件を報道できるのかどうか…的な話。
内容が内容なので、報道の自由や機密事
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.6

ある出来事以来10分間しか記憶が持たない男が短い記憶やメモをヒントにある事件を追っていく。
設定を抜群に生かしたストーリーなのだが、話はやや難解。
時系列や細かいところをもう一度復習した上で見たら2回
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.9

続編に向けて予習。
最近話題のギレルモデルトロ監督の怪獣映画。
もはや何がモチーフなのか分からない怪獣がたくさん出てきてそれをイェーガーと呼ばれる2人乗りガンダムみたいなやつで迎え撃つ話。
ただのドン
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.1

初インド映画。バーフバリシリーズがインド映画史上最高興行収入を記録したとの話から鑑賞。
古代の王国が舞台。幼い頃に川で拾われて庶民の母親に育てられたシヴドゥは実はマヒシュマティ国の王子であった。
>>続きを読む

トゥームレイダー(2001年製作の映画)

3.3

アリシア版トゥームレイダー見に行こうと予習してみた。
そして見に行く気を無くした。
単純につまらない。
意外性もワクワク感もない。
ただの金持ちトレジャーハンターがただの強欲な人間と戦って終わりだ。
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.4

前作からちょっと時間が空いて瑞沢かるた部の初期メンが3年生になった。
今作は太一にかなりスポットが当てられており実質主役みたいなレベル。
前ニ作との違いを大きく感じるのは3年生(受験生)になったことで
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

幼い頃にできた首のキズが原因で声を失ったイライザと謎の半魚人の異種恋物語。
登場人物はお隣の同性愛者の画家ジャイルズ、慢性的に足に痛みを抱えていて時代を考えると地位が低かったであろう黒人の親友ゼルダな
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

メキシコが舞台で死者の国に行けるようになった音楽好き少年のピクサー映画。
作中通して思ったのはとても死者の国の世界観がスペクタクルでディズニーの3Dアニメ作画力は年々向上していってるなと実感する。
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.0

看守と殺人容疑をかけられた死刑囚についての話。
思ってたよりファンタジーな展開が多くて驚いた。
名優トムハンクスを中心に個性的なキャラがたくさんで色んなことを考えさせられる。
でも3時間超えは流石に長
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.8

JWTJの予習。
20年以上前のパニックファンタジーにしては悪くないCGだと思う。
まず、少女ジュディが若かりしキルスティンダンストだと気づけた自分を褒めたい。あんまり顔変わってない気がする。
ノリが
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.2

アメリカで記録的なヒットからの期待大で鑑賞。
想像よりも深く良くできたストーリーで魅力的なキャラがたくさんだった。
シビルウォーの後にワカンダの新国王に就任したティチャラ。
今までのマーベル作品と一風
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.6

日本発祥コンテンツの戦隊ヒーローモノ。
日本のモノよりターゲット年齢層が高めだなと感じた。
序盤でパワーは得たのに変身できなくてみんなで試行錯誤する過程がメインのドラマ。
メンバーは全員補習クラスの多
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

サントラ聴き込みいざ鑑賞。
20世紀フォックスのロゴが出てる段階から”The Greatest Show”で惹きつけてくる。
話はビビるくらいトントン描写に進む。映画が105分なのに対してサントラの曲
>>続きを読む

エクスペンダブルズ2(2012年製作の映画)

3.7

お祭り系の何も考えずに見れるアクション。
スタローン、シュワ、ブルースウィリスが並んでる絵面は豪華だ。
派手なアクション、爆発が多い。
ドルフラングレンはいつからお笑いキャラになったんだ。
ストーリー
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.8

元殺人犯6人を小さな港町”魚深”に受けいれて全員のその後の生活を見守る話。
田舎の閉塞感、過疎化、前科者の更生の難しさなど、社会問題を入れ込みつつ、少しホラーチックな演出もある社会派ドラマ。
新住人の
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

アカデミー大本命すぎてちょっと期待しすぎた感はある。
アカデミー賞はハリウッド界が今世界に向けて伝えたいメッセージを含んだ作品に与えられやすいものだと個人的には解釈している。
その意味ではララランド大
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

評判良いからゾンビモノだけど鑑賞。
最近、割と韓国映画勢いあるらしくこの作品はハリウッドでもリメイクが決定済み。
閉鎖された縦長の新幹線の中での攻防は見てて新鮮味があるし、シンプルなBGMで緊張感持た
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.8

すでに5回目くらいだけど、まだレビュー書いてないのに最近気づいた。
今作はなんと言ってもその出演キャラの豪華さ。
シビルウォーは内戦的な意味なので、パッケージ通りのキャップチームとトニーチームに分かれ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

冒頭カーチェイスでとても引き込まれた。思った以上に四六時中音楽が流れっぱなしでノリノリ感あるんだが、洋楽知らないので曲は1つも分からなかった。
最近、ガーディアンズやキングスマンのようにアクションと音
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

地味にここ1カ月で親権争い映画二作目。
ちなみにGifted は英語で”並外れた才能”がある子供のことを意味する。今回は天才少女の教育環境を巡って育て親の叔父と疎遠だった祖母が対立する話。
特別ストー
>>続きを読む

>|