westtribeさんの映画レビュー・感想・評価

westtribe

westtribe

基本的に採点は甘めです。笑って泣けるわかりやすい映画が好きです。気持ちよく騙してくれる作品も好き。
2015年は「数」にこだわって170本以上を劇場で観ました。
2016年以降はペースダウンして、「質」に期待して選んでます。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.4

実はオリジナル版も含め未見だった。新作を観るために予習。
当時としてはいろいろ画期的だったのだろうな。個人的にはもう少しスピード感が欲しかったような。
AKIRAや攻殻機動隊のような「よくわからないけ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

なるほど、噂通りモヤモヤする作品でした。タイトルの意味をいろいろ考えちゃったな。

スッキリとはしないけど、飽きずにのめり込んで観られた。広瀬すずは『海街〜』といい『怒り』といい、こういう影のある役の
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

銃規制を巡る、アメリカのロビイストの話。
脚本的には最近観た中でダントツに面白かった。満腹で眠気マックスの状態で見たので、少なからずセリフを見逃したのが悔やまれる。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

『JIGSAW』
たぶん『SAW』シリーズは2作目までしか観ていないが、それゆえに飽きてもいない。出てくる人物全員疑いながら、時系列を探りながら、結構楽しませてもらいました。
エグいシーンがそれなりに
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.9

ゴッホ風の絵が動くアニメーション映画。まず俳優が演じて撮影し、それを1秒あたり12枚の絵にしているとのこと。100人以上の画家が動員されているそうだ。クレイアニメのように動く油絵、というアイデア一点突>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9

シリーズのイメチェン?ずいぶんとコメディタッチになってました。ロキがすっかりお笑い枠に。
ナタリー・ポートマンの降板は残念ですが、久々にブルース・バナー=ハルクの活躍が観られて良かった。

それにして
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.3

サスペンス?ホラー?思ったよりテンポが緩やかで眠くなってしまったけど、最後は怒濤だった。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.4


予習の甲斐あって、すんなり世界観に馴染めた。でもちょっと長くてしんどかった。『彼」が出てくるのは予告でもポスターでもわかってるんだけど、そこまでが長く、かつその後の展開がじれったくて。
ハードSFは
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

悪くなかったけど、フツーにスタンドバイミーやグーニーズの方が好きかな。一応次作は見ると思う。
ていうかアニゴジといいコレといい、2部作・3部作ならちゃんと予告編でそう言って欲しい。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

最近観た中で一番後味が良かった。
頑張ろうというチカラをくれる作品。

「偏見は持っていないのよ」
「わかっています。そう思い込んでいる、ということは」

このやり取り、ドキッとした。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.3

前2作を予習して臨んだ。
見応えはあったが、やはり1作目が一番面白かったな。

取っ組み合うエイプもいいけど、ぶら下がって飛びまわる姿がもっと観たかった。

バッドエイプはドビーかゴラムか、ちょっと狙
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.3

つまらなくはなかった、と思う。最近のフジテレビ映画ではましな方だろう。
しかし、脚本で引っかかるポイントが多々あって、のめりこめなかった。特に終盤のヒロインは、あっちこっちフラフラして…心を鬼にして、
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

3.8

韓国映画。
小学生の友情やいじめを描いた物語。側から見ればせま〜い世界だけど、彼女らにとっては世界の全てなわけで。『The World of Us』という英題がぴったりかと。

90分あまりの映画なの
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

疾風怒濤のアクション映画。「原作から使いやすいとこだけ借りてきて、あとはアクションに徹しました!以上!」という割り切りが感じられて、いっそ清々しい。
ここまで徹底していると、脚本がどうとか突っ込む気も
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.3

フツーです。
「ちはやふる」や「トリガール」となら、十分に勝負できるアイドル映画。
「幕が上がる」の境地には遠く及びません。

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ(2017年製作の映画)

3.5

テレビシリーズは観たけど細かくは覚えてないので、どこが新規カットなのかはよくわからない。前作の劇場版に比べると、アスカ&クミコに話の焦点が絞られているので、あまり省略感はない。
演奏シーンは流石の迫力
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

ちょっと脚本があざとい感じはしたが、いい映画だった。
美しくて〇〇な物語。
途中から『アレはミスリードだろうか』と気になって気になって(^^;)

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.6

大画面に映えるような派手な映画ならともかく、レンタル(配信)の方が安くすむのに、なぜ映画館で観るのか、と聞かれることがある。

理由は主に2つ。

1つは、特にミニシアター系は、そのとき観ておかないと
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

3.8

梶尾真治氏が書いていそうな、ある種のタイムトラベルもの。カジシン節が好きな方なら是非。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

3.5

『THE ORIGIN』5作目。
今回はシャア自身の物語というより、コロニー落とし前後の群像劇といった趣。

キャラごとのストーリーは楽しいけど、ドズルの自己正当化とか、ハモンの歌とか、随所に引き延ば
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

韓国製ゾンビ映画。
B級感あふれる邦題に騙されてはいけない。
めちゃくちゃ面白かった。
パニック映画だがちゃんと脚本がいい。ちゃんと群像劇になっている。

最初から最後まで緩まず突っ走る快作。
ゾンビ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

クール&スタイリッシュな新感覚クライム&ミュージカル⁉︎アクション。
絶対劇場で観るべし。

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.2

元NFL選手のALS患者のドキュメンタリー。
受け取ったものが大きく、重くて、言葉にならない。
希望を捨てない心が、病に傷つけられていく過程がつらい。

>|