YMさんの映画レビュー・感想・評価

YM

YM

あるいは最後から2番目の映画

映画(321)
ドラマ(31)

女は二度決断する(2017年製作の映画)

5.0

これまでもドイツとトルコのあいだで揺れるアイデンティティを描いてきたアキンの最新作。ここで描かれているのは、戦後ドイツ(=欧米)的「正義」のぶつかり合い、つまりは「反ナチ」vs「推定無罪」、これである>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

判事のコメントが印象的。ラストシーンもいい。ウォーターゲート事件は新聞記者がもっと活躍するんだと思うと……。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

ノーラン監督の『ダンケルク』を政治家側から、という感じ。『ヒトラー最期の12日間』とも似た雰囲気があり、オマージュか? と思うシーンもチラホラ。同時代の対照的なのに共通項も多いふたりの政治家の伝記映画>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

最初どうなることかと思ったが、すぐジョン・ウー監督作品となり、そのまま突っ走っていった。OPのヤクザシーンから、「ちょっと昔のカッコいい映画アクション」という趣。
恒例の鳩、『男たちの挽歌II」にも似
>>続きを読む

グランドマスター(2013年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

チャン・ツィイーの美しさといったら!

冒頭からトニー・レオンの雨のなかでの立ち回りや、雪降るなかでのツィイーの拳法など、「葉問」三部作とはまた違った、アクションシーンでの非常にアーティスティックで
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.6

三部作続けて鑑賞。ローグ・ワン』の印象が強かったドニー・イェンだが、なるほどかっこいい。

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

5.0

『ブルーに生まれついて』。ジャズトランペッター・チェット・ベイカーの伝記映画。ジャズを追い求める元ヤク中の男と、彼を支える女優志望の女。白人と黒人。夢と現実。悲しく切ない結末。静謐な描き方のなかでイー>>続きを読む

>|