whitemeさんの映画レビュー・感想・評価

whiteme

whiteme

洋モノは肌に合いません。
涙モノ好きです。
青春モノも好きです。
点数の真ん中は、2.5のつもりです。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

起承転結のハッキリした内容でした。
テンポよい。あと2、3回はみてもよいかと思いました。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.6

予告とか、前宣伝でやり過ぎ。
お話しの展開は普通。
北村一輝の役は、面白かった。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.3

加賀恭一郎。まだ続いてほしいですが残念です。
オールキャストで、最後らしくなってました。

松嶋菜々子、悪役も多いですが、似合わない。
ひまわりの頃のイメージなのでこういう役は合わない。
でもって小日
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.9

エンドロールで流れる歌が、妙に物語に沿っているなと思いきや、坂元裕二だった。

男の過去をたどるはなし。

公文書は嘘でも、愛に嘘はなかった。

見終わったあと、物足りない感じがする。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

女子向けの映画です。
松岡茉優がはじけてますね。

最後のセリフが唐突すぎて?。
そこだけ違和感。

アンモナイトに高価なものがあるのをはじめて知りました。
絶滅種に思いを馳せて。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

ミステリーの有名古典、傑作。
どこかで誰かにきいたことがあるような結末か?と思ったら案の定でした。

善と悪の天秤は、不釣り合い。大岡裁きみたいな結末に、名作たる所以をみた。

役者より、原作の良さで
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.5

たしか、1,2作目も見たのだが、思い出せない。
そして今作もまたそんな感じ。単発で楽しめるというよい意味で。

北川景子の主演映画みたいでした。
それでもら中身は楽しめました。

切ないですね。

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.5

原作、こんな薄かったかな。

ビジュアルは、すごい良かった。
動きとか違和感なかったと思う。

松雪泰子の胸の谷間ばかり気になった。

火花(2017年製作の映画)

3.1

原作読んでないけど、映画で見るべきでしょうね。お笑いは生き物なので。

お笑い芸人なら、みんなそんなんじゃないのという内容で、特には感想なく。

近所の公園で撮影してたので、それだけちょっと嬉しい。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

2.6

今週はあまりみたい映画なく、仕方なしに見ました。
前作見て、岸谷五朗の顔だけは見ておきたいと思ったこともありますが。

津川雅彦も歳をとった。いついってもおかしくない、と思った矢先に、、、

というこ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

長い。

初期の映画は見ていません。
この映画としての感想は、分かりづらい。
けれど、見たあとにいろいろ調べてみて、話が分かると結構合点いく。良くできているなぁと。

そして、なるほど感心する。
長い
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

まったく共感なし。男にも女にも。
沼田まほかる、ユリゴコロもそうだったけど、殺しといて捕まらないって、どんだけ自由な世界なのよ。

泣ける要素なし。
最後、死ぬ理由もない。

生きろと言う人が死んじゃ
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.8

美味しそうですね。
咀嚼する音は、そこまで必要かなと思いつつ、見た目はきれいな料理です。

宮崎あおいの声は優しい!

ミックス。(2017年製作の映画)

2.0

ガッキーだけでは持たなたかった。

隣の席のガキどもがうるさかった。

回想シーンとか、水掛け合うとか、無駄なシーンが多くて、長い。

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.9

広瀬すず、かわいい。その声が、控え目、純粋、まっすぐさにピッタリ。それだけでみてよかった。

生田斗真、色気があるカッコよさ。

ナラタージュと比較すると、王道過ぎてしまうけど、でも良い。

竜星涼は
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

昭和らしい話でした。
この映画好きなら、昭和の時代は、メディアが発達してないので、こういうの多い。

デモとか、爆弾なんて学生運動そのものの発想。今の時代は、爆弾はないわな。

あちこちのテーマ盛り込
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.0

昼から前後扁通して観たら日が暮れた。
前扁は、後扁予告がよい。

ボクシングって、ロッキーを思い出しますが、こちらの映画は、よくハメるなあ。

ということで、長い割に展開うすい。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.4

うーん。
うーん。
小野くん化けますねぇ。ドン引き。
松潤の顔、凸凹ね。
その外はいたって普通。高校教師、ほどのこともなく。さしたる激しさもなく、苦しさもなく。

教師に恋した話し。

亜人(2017年製作の映画)

3.8

玉山鉄二は、インテリダークな役が多いですね。
綾野剛が、悪役にハマってます。

とりあえず、邦画にしては、見られる方で、ジョジョよりは良かったです。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.8

何が、どれくらい容赦ないのか、確認するために観た。

 容赦ない優しさが、最後、ユリゴコロになったのかしら。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.9

西田敏行もっと見たかった。
もっとも泣けるではなかった。

施設で育つ子が、山田涼介って違和感なんだよな。
チャラチャラしたひとって意味ですが。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.8

お父さんにお父さんを会わせるのは良かった。
最後、ジーンとした。

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.6

IMAX4Dにて鑑賞。
水しぶきで、メガネに水滴つきまくり。

じいちゃんみたいな気骨あるひとがいたんだね。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.9

消化不良気味。
悪くはないけど、記憶に残らない。

この映画の概念を奪われたに違いない。

アジョシ(2010年製作の映画)

4.5

記憶のかなた。
だけど、韓国映画で思い出した。
良かったことだけ覚えてる。