Vincentさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

Vincent

Vincent

最近はWOWOW/Amazon primeでの鑑賞がメイン。
映画館へは時間が取れる限り行きたい!
マニアックな映画は歳をとるにつれ見なくなっているなあ…
単に時間が無いだけかも。

映画(266)
ドラマ(0)

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.7

スコセッシ監督×ディカプリオだけど、何となく後回しにしていた作品。
スコセッシ監督らしからぬ作品ではあったが、ストーリーは中々楽しめる。
賛否両論だとは思うが個人的には良作。

おどろおどろしい病院は
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.8

ローグワンを観たら本作のストーリーを忘れてしまったので再鑑賞。
前回より話がスッと入ってきたせいか、面白かった。

新旧キャラが入り交じるため、シリーズのファンや新しい世代にも楽しめる娯楽作品になって
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.3

2016年のアカデミー作品賞受賞作。

日本人には、なかなか馴染みのないカトリックの出来事(事件)が題材なので、そもそもの前提が分かっていないと深く理解するのは難しい気がしたが、意外にもスッと入って来
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

デス・プルーフ観た時から気になってたけど、ついに観た。
良い!最高に良い!

冒頭のマチェーテの予告編から始まるこの作品は、B級感満載で攻めてくる。
登場人物も秀逸で、主役となる片脚がマシンガンのセク
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.1

相変わらずのタランティーノ。

章立てのストーリー、濃いキャスティング、登場人物の悪人っぷりと罵り合い、酷い暴力シーン、舞台設定、音楽。
全くもって最高である。

改めてサミュエルは良い役者。
アカデ
>>続きを読む

ディアボロス 悪魔の扉(1997年製作の映画)

4.0

Aパチーノの存在感!

新鋭弁護士で負けなしのKリーヴスは、妻Sセロンと共に大都会の巨大弁護士事務所のボス、パチーノにスカウトされて、さらなる飛躍を目指すが…

若きSセロンの熱演、キアヌのニヒルな弁
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.0

最終話という事で楽しみに観たが、描ききれてないものが多過ぎる気がした。
ここまで作り続けた製作者やキャストを非難する気は無いし、原作を忠実に再現するのは難しいのも分かるが、あれっと思ってしまった。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.8

ついに最終章の前半。
魔の手が魔法界を襲い大切な者の死に絶望が広がる。
ここに来て全く未知の人物が増えるので、一体誰でどんな関連があるのか、疑問を持ちながらの鑑賞。
いっそのこと、全て観た後は原作も読
>>続きを読む

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

4.0

ソマリアで起こった米軍特殊部隊の捕獲作戦の失敗を描いた作品。
冒頭で登場人物の紹介が描かれた後は、圧倒的な戦闘シーン。
僅かな計画のズレが大惨事を引き起こす様が壮絶に映し出されていて、臨場感や緊迫感で
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.8

前作の不死鳥の騎士団も陰鬱であったが、今作は更に暗くなった印象。
以前、このシリーズを観たくなかった理由として「ファンタジック過ぎる」という先入観を抱いていたが、これは完全に誤りだったと今更思う。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.8

前作のダーク感が継続しており魔法界に危機が迫っている事がひしひしと伝わる。

今作は何よりも大切な人の死が衝撃。
呆気なくこの世を去って行くシーンに一瞬唖然とした。こんなにあっさりなのかと…

アンブ
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.9

詐欺師のNケイジは極度の潔癖症で強迫性障害。仕事に支障が出るほどのケイジに相棒は知り合いの医師を紹介するが…

すごく軽快でスイスイと話が進む。
キャスティングもバッチリで、ケイジの演技も光る。
結末
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.7

シリーズ第4作目。
よりダークな世界観となり、明るいシーンが無くなってきた印象。
他校との対抗試合では、魅力あるライバル(仲間)が登場。
ダンスパーティーでのパートナー選びでは恋愛要素も。

後半はつ
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

第9地区で名を馳せたブロンカンプ監督作。
登場人物に感情移入し辛かった。
チャッピーの産みの親は自分勝手だし、Hジャックマンは酷い悪党だし…
少し説教じみたシーンがあるのもスッと入ってこない。
話自体
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.9

ハリーポッター3作目を鑑賞。
前2作から監督がAキュアロンに交代し、作風が明らかに変わった。
原作がそうなったからか、全体的にダークな世界観となっており、個人的には非常に面白かった。
ハリー達も随分大
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.8

遅ればせながらハリーポッター第2作を鑑賞。
1作目では覚えきれなかったキャラクターが徐々に理解できてきた事もあり、前作より楽しめた。

とにかくハリーが勇敢で、いやいや、ここは先生達に任せようといった
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

すごく面白かった!

火星に取り残されたMデイモンが絶望的な状況を打開すべくサバイバル生活を送る。
もう初日から諦めてしまう様な状況にも関わらず、食料や水を生成、明るく前向きにひとつひとつ問題を解決し
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.2

傑作!
エピソード4の10分前までを描いた大作。
どんな経緯を経てエピソード4へと反乱軍が辿り着いたのか…
壮大な物語のほんの一部なハズなのに、大変な数の命が失われていて…
色々考えると泣けてくる。
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.9

スピルバーグ監督でコーエン兄弟が脚本、Tハンクス主演なら観るしかないでしょう。

少し重めのスパイ映画なので前半は幾度となく睡魔に襲われ何回も巻き戻しをする羽目に。

後半はスリリングで緊張感溢れる展
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.5

今まで避けてきたシリーズだったけど、重い腰を持ち上げて鑑賞。
原作も読んでなかったので、どこまで再現してるのかは分からないけど、だいぶ詰め込んだんだろうな(^-^;)
幼い3名は初々しい演技で和む。
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016年製作の映画)

4.0

毎回楽しみにしてるシリーズ。
アニメーションが綺麗で原作に忠実。
お馴染みのメンバーの登場が1年戦争が近いことを感じさせる。
次回も楽しみ。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

万人が楽しく観れる佳作。

映画用にJKローリングが描き下ろしただけあり、世界観が良くできている。
街並みや衣装、1920年代のアメリカ文化などの細部にこだわりがあり、それだけで楽しい。

もちろんス
>>続きを読む

ラウンダーズ(1998年製作の映画)

3.5

カードゲームを生業としている者達の話。
ポーカーの知識が無いと面白さは確実に下がる。

大敗を喫して一度はカードゲームの世界から手を引いた天才肌のMデイモン。
その友人で刑務所から出所したギャンブラー
>>続きを読む

大いなる陰謀(2007年製作の映画)

3.3

とても政治的な映画。
日本にいるとピンと来ない感が大いにあるので、
調べたら監督のRレッドフォードの政治観が色濃く反映されているようだ。
机上で決められたテロ撲滅作戦、優秀な人材を戦地に向かわせてしま
>>続きを読む

リプリー(1999年製作の映画)

4.2

Aミンゲラ監督による『太陽がいっぱい』のリメイク作。ただし単純なリメイクではなく原作と比較すれば両作共に大きく脚色されている。
まず思ったのはキャストが豪華という事。以前観た時の印象よりずっと豪華。
>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.7

Tスコット監督の最後の作品。
名優デンゼル主演。
実際に起きた事故を元に映画用に少し脚色を加えてる。
暴走列車を止めるという簡単なストーリーで極めて分かりやすく描いているのでとても面白い。
スコット監
>>続きを読む

ダイヤルM(1998年製作の映画)

2.9

ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」のリメイク。
Mダグラスは本当に金持ちダンディ役が似合う。
いつも離婚調停していて金持ちだけどお金に窮しているイメージもある。

ある程度の緊迫感はあるけどサス
>>続きを読む

ジャッキー・コーガン(2012年製作の映画)

2.9

久々にカッコいいブラピが見れると思って鑑賞したものの、会話が長いせいか、あまりのめり込めずダラダラと進む。

終わった後も一体何だったのか…といった感じが続くので調べてみたら、アメリカの金融危機(サブ
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.9

キアヌがかなり役作りに力を入れた天使VS悪魔を描くオカルト大作。
原作はアメコミという事もあり鑑賞。

キアヌは人間界に潜む悪魔を地獄へ送り返している役。ジョン・コンスタンティンって名前がかっこいい!
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

若手詐欺師VSFBI
オープニングからオシャレな映像に惹かれる。
ディカプリオは10代の天才詐欺師を演じるが違和感無し。
父にCウォーケン、捜査官にTハンクス…贅沢。

ディカプリオは父をずっと心配し
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.9

圧倒的に重い。まずこんな感想。
心して見なくてはならない作品。

まずBクーパーの役作り。相当に体重を増やしてると思われる。これが凄い。

そして物語。淡々と展開されるが戦場の描写が重厚で緊張感だらけ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

MIシリーズの5作目。
毎回ド派手なアクションや謎解きで楽しませてくれるが本作も同様。
冒頭の飛行機シーンでいきなり持っていかれる。
今回は三つ巴の争いとなっていて、誰がどこに所属しているのか分かりづ
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.8

キューブリック監督らしく、非常に不条理で難解な作品。
一体何を表現したいのか理解しづらいけど、奇妙な雰囲気に飲まれて見続けてしまう。
夢なのか現実なのか…全く理解できず街を彷徨うトム。絵になります。
>>続きを読む

デンバーに死す時(1995年製作の映画)

3.8

豪華キャスト、マフィア物、仲間、裏切り、別れの話。こういう作品大好きなので、もちろん面白い。
全員が活躍してるので甲乙つけ難いが、Cロイド、Sブシェミは個性的な演技で素晴らしい。
Cウォーケン先生はや
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

真冬のホテルで展開されるホラー。
怖い。
キューブリック監督らしく、当時は斬新なカメラワークを駆使しニコルソンの狂演技が見れる。
ホテル内は本当に怖い。
こんなホテルに取り残されたらたまらん。

突如
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.6

過去の作品をいくつか鑑賞していないとストーリーを理解するのは難しい。
突然出てくるキャラクターが誰なのか?なぜ出てきたのかが分からないから。
しかも長いのでアメコミが得意でない方は辛いだろうと思う。
>>続きを読む