こぼくさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

こぼく

こぼく

👉

映画(175)
ドラマ(0)

複製された男(2013年製作の映画)

-

まじで初見で安部公房の作品を読んだ時くらいの??加減。だけど解説をみるとなるほどねえ〜、となる感じ。蜘蛛のメタファーは流石に分かりませんでした。。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.2

チャーチルの姿勢に全く共感できないし、感動もできなかった。映画としては、重くなりそうな歴史物を上手くまとめてて良かったし、ゲイリーオールドマンもキャラが立ってた

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

2.7

アクション映画なのにストーリーとアクションがモッサリしてる致命傷。折角のキャストだしもっと無双してくれ

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.4

ストーリーはちょっとテンポに欠けるけど、最後の川でのアクションや主役二人の掛け合いは絶妙。今どきスタッフロールでNG集入ってるのもすごく良い

96時間(2008年製作の映画)

3.5

テンポの良さ、無双っぷり。チラリと見える社会性。B級映画に求める物が全部手に入って、オマケまで付いてくるみたいな作品。でも続編は2作ともおもんなかったです

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

3.5

B級映画としてかなり良い出来。追い詰められてからの逆襲する無双っぷりが楽しい一本。意外にストーリーも陳腐でもない。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

2.6

このベン・アフレックみたいな有能が職場に一人は欲しいよね

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.8

全体的にEMO。音楽はもう少しあざとくなくてもいいかも。ストーリーも途中の恋愛は既視感ある感じなんだけれども落ち着きどころが切なくて良い。あとフランクのキャラが最高。

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.5

結構好き。ダイアログの間に挿入されるポストロックやトムハーディの演技が盛り立てている。が、やはり車の中の会話だけというのは面白みと広がりにかけてしまってダレる気がした。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.8

生々しくて痛々しかった。家政婦の人への懺悔というメッセージが全面に出るが故に、エンディングはフラットで個人的にもっと救いが欲しいと思ってしまった。素晴らしい作品である事は間違いない。

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

現場で突然吐き出すシーンは必見。人が人を殺す時にどう心にフィルターをかけているのかが垣間見える。アウシュビッツ収容所と共に忘れられてはいけない歴史だと思う