ミクさんの映画レビュー・感想・評価

ミク

ミク

ぐだぐだ言うております。
無断フォロー失礼します!レビュー読むのが好きです。

映画(218)
ドラマ(45)

ゲット・オン・ザ・バス(1996年製作の映画)

4.0

1995年にネイション・オブ・イスラム(NOI)の指導者ルイス・ファラカンの呼びかけによって約150万人が集まりワシントンDCで行われたデモ行進「ミリオン・マン・マーチ」。デモ参加のため、高速バスに乗>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

4.5

鑑賞する前から、ジャケットカバーから発してる何かオーラ的なものから感じ取れる「これ絶対好きなやつ」の確信は間違えてなかった。ずっと気になってたのを、レンタル屋さんでたまたま見つけた時の興奮は中毒になり>>続きを読む

ブラッドシンプル ザ・スリラー(1999年製作の映画)

4.5

ミニマムな登場人物、セリフだけど濃密な人間臭さ。小物使いが巧みで、関連した事が必ず起きるなと分かりやすい演出も、映画好きの心をストレートに掴んでくる手腕もさすが。滴り落ちる鮮血が美しい。

言葉という
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

腑に落ちないまま、置いてけぼりにあってしまい迷子。敵側の内幕が分かりにくいし、スキンヘッドが全然らしくないし。暴力スプラッターのかっこいい映画を作りたかったという思いはなんとなく伝わったけど、拍子抜け>>続きを読む

ワン・ナイト/10イヤーズ(2011年製作の映画)

2.0


高校の同窓会で10年ぶりに味わう学生時代の香り。甘酸っぱい気持ちになる以上に、元テイタム夫妻のラブラブっぷりと、撮影当時交際していたらしいケイト・マーラとマックス・ミンゲラ、更には米ドラマ"Park
>>続きを読む

ホーリー・キャンプ!(2017年製作の映画)

4.0

 修道院キャンプで、いわゆる問題児の二人が夜中に抜け出しクラブへ出かけ泥酔して目覚める。罰として外出禁止をくらい野外活動に行けずロッジでシスターと共に過ごす時間に新しい自分を発見していく。可愛らしいテ>>続きを読む

シーズ・ガッタ・ハヴ・イット(1985年製作の映画)

4.5

 女性がセックスに肯定的でありオープンに話すことに抵抗あるか、ないか。男性はある程度、公に話しても敬遠されることは少ないしセックス好きであることに堂々といられる。(勿論、これも偏見ですが。)女性がセッ>>続きを読む

スピード・レーサー(2008年製作の映画)

3.5

NetflixのオリジナルドラマSense8で好きになったウォシャウスキー姉妹。どこか勝手に陰なイメージがあったけど、こんなに陽な作品も撮る人たちなんだとビックリ。めちゃ楽しい!!!オタク度高めの、か>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.5

そんなにギャング映画に馴染みないので、バイオレンス系はどんな身構えで見ればいいのか未だに整理ができていないので、ソワソワしながら見てた。
そしたら急に不協和音とともに訪れた近親相姦の香りに驚嘆して、流
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.5

目の前の物事が全く受け付けられなくなって、思考するにも疲労し過ぎて何も考えられない。そんな時、壮大な自然の中に自分の身を置きたくなる。現実逃避だと言われても仕方ない。そして暫くの期間、無の中に居続ける>>続きを読む

ハード キャンディ(2005年製作の映画)

4.0

小学高学年から中学生の頃にハマって読んでた少女漫画には頻繁に援助交際のテーマが取り扱われていたり、家のポストには当時よく小さなサイズのテレクラのチラシが毎日のように入っていたのを覚えてる。子供ながらに>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悪魔の子を孕む母の疑心は止まず、周りの誰からも信じてもらえない時の不安がジワジワと伝わってくる異様さが半端ない。

何が一番怖いって、富や栄光のために悪魔崇拝し、愛する(はず?!)の妻を裏切り、流産し
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

どうやら、"こじらせ女子高校生"という謳い文句に弱いのかこのジャンルは好きです。評価も高いし期待していたけど、残念ながら自分には展開が合わずでした。

そもそも"できる"から褒められるってのが好かない
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリー「映画と恋とウディ・アレン」のワンシーンで、彼が素質なデスクに向かいタイプライターをカチカチカチ…チーン!と巧みに打ち込んで脚本を書いている姿が印象的でなぜか忘れられない。その時から、>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

果たして生きてる間に観たい映画全部観尽くせるだろうか。果たしてこんなけ映画にばっかり時間を割いてしまっていいのだろうか。と最近は死について考えるとき、映画中心になってしまっているので私はまだまだお子ち>>続きを読む

ストーリーテリング(2001年製作の映画)

4.0

胸糞後味悪い。全く救われない。楽しくも何もない。絶望するぐらい厭世的で胸が痛い。だけど不思議と引き寄せられる独特のセンス。出てくる人みんなが偽善者でほんとう厄介。さらに自惚れてるからタチ悪い。人の嫌な>>続きを読む

ボディ・ダブル(1984年製作の映画)

3.5

低予算B級ドラキュラ映画の主人公を演じるも、閉所恐怖症で棺桶の中無理ー!!となる始まりの掴み最高。劇中劇で冴えない役者が覗きにハマり、ストーカーやらおパンティ泥棒やら正義ぶってる奴の変態度がやばい。前>>続きを読む

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(1975年製作の映画)

1.5

芸術的天才は何をしても許されていいものか?と首を傾げてしまうぐらい、色々と受け入れられないところが多々あった。一概にはもちろん言えないけど、男性のファンタジー?なのか?外見で美しいと感じた人を対象に虐>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.5

この上なく陳腐でつまらない表現ですが…泣けて笑えて最高の映画でした!ここ最近では一番公開を楽しみにしていたので、やっと見られて嬉しい〜

自分の心地よさや好きなものが曖昧な年頃。若気の至りで色々と甘酸
>>続きを読む

ウェイキング・ライフ(2001年製作の映画)

5.0

"全知全能の創造主である神”と説くキリスト教文化がまだ身近にあるアメリカ。”宗教”という言葉を聞いただけで怖いと懸念してしまう人も多いように感じる日本。同じ人間でも、育ってきた環境の違いで大きく考え方>>続きを読む

死よ、万歳(1971年製作の映画)

4.5

冷戦下のスペイン。共産主義者で無神論者である父は家族を崩壊するかもしれないと母により密告される。その事実を知ってしまった息子のフォンド。父は死んだと知らされていたが、刑務所で生きていたと分かり、母への>>続きを読む

ビートルジュース(1988年製作の映画)

4.0

これは子供の頃に出会っていたらどんなに良かったことか!と思いながら、26歳にして初鑑賞。童心に帰れるこの高揚した気分にずっと浸っていたい。18歳までに幽霊見れなければ一生見れないんだよと、学生時代話し>>続きを読む

ハッカビーズ(2004年製作の映画)

5.0

”偶然の出来事”に疑問を持った環境保護団体で支部長を勤める詩人の主人公。哲学探偵と名乗る夫妻のもとに”人生の謎”を調査してもらうために訪れる。自分はなんなのか?なんのために存在にしてるのか?答えのない>>続きを読む

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.0

よくぞここまで幅広いホラージャンル盛り込んで、タイトにまとめてるからすごい!エンタメ度高い!でも軸はドクターサタンがいるので、ごちゃごちゃしててもブレてないし分かり易い。そして、コモドアーズのBric>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

4.5

ウィリアム・S・バロウズ!これまたすごい人物に出会ってしまった感がある。原作は未読なので是非読んでみたい。

好きな要素詰まりまくり。虫に抵抗感ないのでゴキちゃん出てきた瞬間から心奪われました。しかも
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.0

保守派カトリック教会の影響力が大きかったアイルランド。93年まで同性愛は違法とされ、しかも95年までは離婚さえも認められてなかった!今作の舞台は50年代なので、当時は保守派の抑圧でがんじがらめだったこ>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.5

孫のオケツ狙いまくりグランパ。愛妻亡くして抑圧からの解放で弾けまくり。下ネタやらナイトパーティーやら、普段地味に生活してる私には着いていけない境地で、アメリカスゲー。 ロバート・デ・ニーロが愛される理>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

4.0

軽快な音楽と、哲学的で皮肉たっぷりな会話や舞台がニューヨークだったりでウッディ臭プンプン。ありきたりで全くない、自立した女性が望む将来像。主人公マギーの場合は、夫は必要ないけど自分の子供は欲しいと知人>>続きを読む

イングリッド ネットストーカーの女(2017年製作の映画)

4.5

今の時代、ネットストーキングしようと思えば誰でも出来るし、恐らく多くの人はストーカーまではいかなくても、調べすぎちゃうのは良くあることだと思う。気になる人が居ればもっと知りたいと思ってしまうのは自然な>>続きを読む

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

4.0

初ルイス・ブニュエル。初めは???の連続だったけど、あ、これ笑う所か。と気がついてからはどっぷり世界観に浸れたように思う。

覚醒してる状態で夢を見てるかのような意味不明な感覚に陥る不思議体験が楽しい
>>続きを読む

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

4.5

 去年の日本のジェンダーギャップ指数は144カ国中114位。男女比の格差が年々広がっていく深刻な問題を抱えていて、更にはセクハラ問題が絶えない日本。因みにネパールは111位、カンボジアで99位。
 表
>>続きを読む

私にもできる!イケてる女の10(以上)のこと(2013年製作の映画)

5.0

If girls act like boys.

VineやInstagramで大人気のHanna stocking。彼女が男性みたいな言動で異性を誘う動画シリーズが凄く面白くて好きで定期的に見たくな
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

4.5

「天才マックスの世界」の才能の達人マックスを分散化し、大勢のマックスを登場させたみたいな作品。天才的な才能に恵まれ評価され脚光を浴びる反面、落ちぶれ度が残念過ぎる。だけどその人間臭さがめんこくて安心す>>続きを読む

ベンゴ(2000年製作の映画)

4.5

ジプシーの魂溢れる信仰心は、人をここまでパワフルにさせるのかと圧倒される歌声。相反して無機質で、文字通り機械音が創るビートに痺れた終焉。ミュージカル映画以上に音楽のシーンが強烈に印象に残る。

終わり
>>続きを読む

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.5

ワンシチュエーションならではの会話劇の面白さと、誰かが殺されるかも知れない緊迫感の相乗効果で絶望的に追い込まれ、焦燥し過ぎて疲れた。

偽った自分であり続けたお陰で広告業界で成功した主人公。見栄を張り
>>続きを読む

パニック/脳壊(2000年製作の映画)

2.5

カリスマな殺し屋の父とそれを影で支える母の元小さな時から銃の使い方を教わり動物を殺し、殺害が常に身近にあった主人公。敷かれたレール上しか歩んでこなかった彼が精神的に追い込まれていくお話しですが、腑に落>>続きを読む

>|