げんごさんの映画レビュー・感想・評価

げんご

げんご

映画(500)
ドラマ(0)

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.9

個人的にめちゃめちゃ好み。
80年代の青春冒険モノかと思ったら
終盤にかけて地獄すぎる展開。
久々にちゃんとしたホラー観ました。
めっちゃ怖かったです。
今では携帯一つでできるけど
無線でやりとりした
>>続きを読む

私を野球につれてって(1949年製作の映画)

3.8

野球映画だけどプレイシーンは
ほとんどダイカットでお送りします。
願わくばシナトラ大先生に
うたとおどりと諸々習いたい。
粗暴タイプが好みの女性
のんてホントはいませんよね?
友達の恋路を応援する男友
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.3

HAKAISHAという
日本特有のゲキださサブタイトル。
手ブレがめっちゃ酔う。
仲間が死んで、あいつになんて
声かけたらいいのか…って言いながら
カメラを回し続けるマスコミの鑑。
怪獣の見た目がかっ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

ずっとスパイ映画だと思ってた。
壁に好きな人の名前書くのいいな。
ちょっと背伸びしてやんちゃしたり
講演会でイライラぶつけてみたり
イタい青春に少し憧れちゃう。
注意を払うのは愛情と同じ。
演劇でタイ
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

4.0

出逢うはずのない2人が
奇跡的に巡り逢うまでのストーリー。
偶然を運命に、たまたまを合図に
変換できたら素敵ですよね。
何故か自分をウォルターに重ねて
見てしまって凄い辛くなった。
皆んな幸せになりま
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

THE クリスマス映画。
何回見ても良いモノは良いのよ。
ホントの気持ちに正直になったり 
諦めてた相手にぶつかってみたり
思い切って結婚を申し込んだり、
平等に奇跡が起こる素敵な1日。
聖歌隊を騙っ
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.7

それぞれが問題を抱えてて
しかもそれらが全然解決しない。
ちょっとした事も上手くいかないし。
でもだからって負け犬じゃなくて
一緒にいれば楽しく笑えるんだって。
きっと奴らはこれからも
幾度と衝突して
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.6

犬が…。
クリーチャー擬態うますぎる。
グロめのあのピロピロが
MX4Dのレッグティクラーにしか
見えないんですが分かって。
広いのにあんな閉鎖感嫌だ。
朝も昼も、夜みたいな不気味さ。
コンピューター
>>続きを読む

ジングル・オール・ザ・ウェイ(1996年製作の映画)

3.8

子供のクリスマスプレゼントを
巡ってシュワちゃんが奮闘する話。
ダメダメなパパが信頼取り戻す、
結局本人が悪いんだけど
どうにかなるのがジングルです。
クリスマスパレードいいなあ。
郵便配達の人しつこ
>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.5

クリスマス×ゾンビ×ミュージカル。
大好きなものの詰め合わせだけど
それぞれ別がいいみたい。
めちゃめちゃコメディかと思ったら
普通にいい歌で踊ってました。
クリスマスの派手ダサニット
人生で一度は着
>>続きを読む

リトル・プリンセス/小公女(1995年製作の映画)

3.8

緑の制服めちゃくちゃ可愛いな。
空想とか妄想とかで
現実は変わらないってミンチン先生。
でもきっと景色は明るくなるよね。
個人的に泣いてる女の子に対して、
大きな声で泣いていたら天使の声が
聞こえない
>>続きを読む

PLAY 25年分のラストシーン(2018年製作の映画)

3.6

時間があったので初武蔵野館。
誕生日にもらったビデオカメラで
撮影した映像で人生を追ってく話。
幼い頃のはかない記憶が
映像として残ってるの良いなあ。
シリアスな場面になると相手に
ビデオ止めてって言
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.8

気付いたらシリーズハマってる。
今回も綺麗などんでん返し。
魅力は伏線と入り組んだ構成。
グロいシーンは息抜きのデザート。
前回の脇役が今回の主役。
髪の毛は引っ張ると頭皮剥けます、
やめましょう。判
>>続きを読む

踊る大紐育(ニューヨーク)(1949年製作の映画)

3.8

ミス地下鉄が有名人じゃないの
言ってあげない大紐育の人達。
ニューヨークとは読めません。
彼女が入ってったドアに
キスしちゃうゲイビー好き。
タクシーはプーさんの色。
どうしようもなく愛らしい
恐ろし
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(1998年製作の映画)

3.7

ずっと観たかったレミゼ!
ヒュージャックマンはいつ頃
出てくるんだろう、歌も楽しみ!
なんてやってたら話終わった。
観るの間違えましたはい。
いや普通に面白かったんだけどさ。
ミュージカルだとおもって
>>続きを読む

クリスマス・キャロル(1938年製作の映画)

4.3

クリスマス映画開き。
人が幸せな姿見るの好きすぎる。
暖炉に暖まって、ご馳走食べて、
感謝して。これだからクリスマスは!
今年も1年で1番好きな季節が
遂にやってまいりました。
将来はクリスマスの亡霊
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.8

60年越しの続編とか
ロマンしかなくないですか。
やっぱディズニーいいなあ
安心して見られるしハッピーになる。
世界がこんな楽しい事で
溢れてたらどんなに幸せだろう。
外に飛び出て唄いたくなる。
銀行
>>続きを読む

ラジオ・デイズ(1987年製作の映画)

4.0

ラジオに纏わる昔話。
今は想像もつかないけれど
聴覚的メディアが娯楽の中心で
少し羨ましいと思った。
時代が過ぎ過去の情景が
薄れていく中でこんなに美しい
世界が存在したんだよって
昔話を聞いているよ
>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

3.7

こういう類のストップモーション
心地良くて永遠に観ていられる。
ただちゃんと観終わった今でも
どんな話だったか説明できない。
食料も治療も体内構造も
木屑でなんとかできちゃう世界。
BGMは愚か台詞も
>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

3.7

生徒にもお勧めされてようやく。
出てくる生き物たち皆好き。
ファルコンが可愛すぎて
もはや実写版:饒速水 琥珀主。
バスチアンのあれだけ本に
のめり込める能力が欲しいです。
強キャラ感凄かったけど
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.6

ウディは出てこないウディ映画。
男1: 女3の四角関係のお話。
どの作品も芸術肌な男性が出てきて
めちゃめちゃ憧れる。
女性関係はだらしないけれど。
いつもは強くて堂々とした
ヨハンソンが今回は脆そう
>>続きを読む

デビルズ・メタル(2015年製作の映画)

3.1

実習中映画離れしてて
復帰1作品目がこれでした。
スプラッター観たくなるのって
強いお酒別に好きじゃないのに
たまに無性に飲みたくなっちゃうのに
少しだけ似てる気がする。
今回のメタルみたいなお耳が
>>続きを読む

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

3.8

実習前日に見る学校の映画。
人種差別に取り憑かれて荒れた
生徒たちが自由な日記をきっかけに
変わっていくお話。
最近サボりがちだったけど
また明日から日記書き始めよう。
仕事のためにパートする先生。
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

まだ理解できるまだ理解できる
って順を追って観てたけど
途中から畳み掛けるように
何してんの?何のの目的で??
ってなって気づいたら終わってた。
難解映画観た後の考察飛びつきたい
このモヤモヤした気持
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.8

何処か俯瞰的で嘲笑的な
ウディのセリフがクセになる。
今度は未成年、何故こいつが。
17歳に諭される42歳の図。
結婚だけは非妥協派。
たった30秒の有頂天より
落ち着くことを選びましょう。
怒りは内
>>続きを読む

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.3

ロブゾンビってどんな名前。
ハロウィン大好きな
過激派アダムスファミリー。
ドクターサタンさん出てくるの
ちょっと遅くはねえですかい。
ポスターのあの有名なピエロ、
あいつ何もしてないじゃないか。
>>続きを読む

チア・アップ!(2019年製作の映画)

3.8

お婆ちゃん達がチアダンする話。
ダイアンキートンあの歳で
どうしてこんなにカッコいいの。
今までで一番説得力のある
人生は短いんだから論でした。
生きるのの先輩系映画好きなのかも。
クロエ優しい子すぎ
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.9

カッコいいバスターズ。
熊とかもっと活躍してもいいのに
後半どこいったんだ…?
主要人物が退場していくの
容赦無くて寂しいけど好き。
安っぽいカメラズームと紹介。
映画好きは時代関係なく魅力的。
ハン
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.5

もしホラー映画の登場人物で
戦うゲームがあったら
ママ&ダイアナはきっと強キャラ。
明るいステージだと弱体化。
携帯とかちょっとした光でも
ダメだから東京なんて
生き辛いんだろうなあ。
こまめに電球は
>>続きを読む

スリザー(2006年製作の映画)

3.7

寄生宇宙ナメクジとは
抗わずに共存するタイプ。
この役者さんGotGのヨンドゥとか
TWDのメルルとかが抜けなくて
どんなにだめ男でも割と推せる。
でも今回だけは無理がありました。
チャリチョコのガム
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.7

お疲れ様ベラーズ!
トラベルメーカーズいいよね、
天使が見えちゃったなら仕方ない。
あれ大学ってこんなでしたっけ。
噛み付こうと勇んでも
口から優しい言葉でちゃうベッカ。
なんだかんだ辛口解説ペアは好
>>続きを読む

最後の恋のはじめ方(2005年製作の映画)

3.9

「 ヒッチ先生の恋愛講座 
 〜お堅いあのコの落とし方〜 」
ダメだ、自分でつけてもダサい。
ありふれた邦題が勿体ない。
恋愛テクニックは小手先じゃなくて
どれだけ相手の事を想うかが本質。
僕ほど君を
>>続きを読む

マンハッタン殺人ミステリー(1993年製作の映画)

3.9

一旦落ち着けって言いたいくらい
最後までずっとドタバタしてた。
作品に引きの画が多いからか
滑稽に動き回る様子が余計際立つ。
追い詰めるとことかオチとか
ミステリーとして普通に面白い。
でもいつも通り
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.8

悪さをすれば褒められる世界。
中世ホラー的な小道具小ネタが
いちいち楽しいしキャラも最高。
コメディ× ホラーは1番好き。
何故かマムーシュカ踊れちゃう
間抜けで優しい大柄ヴォルデモート。
弟くんが死
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.7

もう皮剥ぐとか人食べるとか
設定としてスッと飲み込めるくらい
耐性がついていることにビックリ。
レクター博士のIQ高い感じが
妙に魅力的で応援したくなる。
完結したのに何故かモヤモヤする。
クロフォー
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.2

まずカード作る会社ステキ。
ちょっとした事で嬉しくなって
頭ん中でミュージカル開催したり
理想とは違った現実に触れて
モノクロームに沈んだりしながら
2時間でトムの恋を追体験できます。
困った時はレイ
>>続きを読む

>|