Genkiさんの映画レビュー・感想・評価

Genki

Genki

4.0-5.0 love
3.5-3.9 like
3.0-3.4 OK
0.0-2.9 hate

映画(300)
ドラマ(0)

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

3.2

久々につまんない映画見たあ!
このがっかり感がいいですよね。
設定とか面白そうだったけど
脱出の時だけやけにぐろくて
あとは頭の中ハテナだった。
たまにはこゆのみなきゃね。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.4

マクドナルドって勝手に
カーネルサンダースみたいな
おじさん想像してたけど
全然違うし、双子でした。
もっとシンデレラストーリーかと。

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.4

アクションがぬるっとしてた。
よくよく考えたらクローンのこと
お敵さんが言ってたことあながち
間違いじゃないんじゃないか?
ウィルスミス濃厚な映画でした。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.6

名作めぐり。
子供の頃の記憶って曖昧で
すごく遠い存在だけど
絶対に二度と経験できないし
超えることもないんだろうな。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

感想一言で言うと「ドン引き」。
もっとジョーカーくず!虐殺!
な感じなら気持ちもいいのに、
苦しそうに笑うのとかとか
最近ポジティブでハッピーな
生き方を見つけたところだから、
うわー毒が回る…って見
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

パラベラムの予習。
とにかくウィック最強、
この世界に警察的なのは
いないのかな。
これ続編絶対面白いじゃん。
相手世界中じゃん。
“dog”が生き延びるかが心配。

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.8

最近コメディで
笑えるようになってきたぞ。
一人でふふってなりながら見た。
あそこまで無能な
ステイサム初めて見た。
かっこいいけどさ。

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.7

朝からほっこり。
見てて辛いシーンとかないし、
野球好きからしたら
まさに 夢の映画なんだろうなあ。
「君は自分の得を考えているのかい」
ってめっちゃグサってなる。
情けは人の為ならずって事よね。

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.0

ストーリーもキャラも
王道だけどそれがいい!
BGMとか戦闘とか
スタイリッシュそのもの、
好きなシーンに溢れてる。
古くお堅い考えの人を
カウボーイって呼ぶののファン。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

めっちゃ好き!
耳にタコができるくらい
予習しろって言われてたから
背景とか事件バッチリだったし。
1番楽しいとこで終わる。
ワンちゃん無事でよかった。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.7

わーって盛り上がるところがない。
ケイラの服装や体型、仕草など
リアルなのはそういうとこも
含めてなんだと思う。
間違いなく主人公はケイラのパパ。
あんないい父親見たことない。

フランケンウィニー(1984年製作の映画)

3.9

この数十分に
ティムバートン節が
ギュッと詰まってる。
ほっこりするけど
どこか奇妙な世界観。

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

あらすじとか詳細見ずにいったから
「知的生命体」って聞いて、
宇宙人!?エイリアン!?って
期待して見ちゃったから
その点でいうとガッカリ感。
あと見てきた映画の中で
1番発話が少ない主人公。
カッコ
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.8

1ほどの感動はなくて
ストーリーもわけわかめだけど
それでもアクションシーンは
見る価値あり!
3観るのはもう少し後かなあ

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.1

正統派の続編。
シンプルに泣きすぎて
これ人と一緒には絶対見ない。
健気な命を十分に愛せてるかな。
普段すれ違う散歩中の犬の
purposeが自分なんじゃないかって
そわそわする。

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

総じてボヘミアンより好き ←
特に成り上がりの前半1時間!
痛快な上にとっても洒落てる。
後半は見るに耐えないくらいの堕、
母親からのセリフとかオニ辛い。
隠しきれないキングスマン感 笑
エルトンがタ
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.6

勧善懲悪が過ぎるかなー。
スカーとかハイエナに対して
もうちょっと出来ることあるし
同じ台詞吐いて結局復讐かいって。
あと 喋らないと区別つかない問題。
でも音楽と映像は満点!

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.3

最近名作見過ぎてたから←
こういうパニックものって
冷静な人物がいて成り立つのに
みんなバカだし性格悪い。
お酒飲んでツッコミながら
やんややんやみたい映画。
(無駄にグロい)

マトリックス(1999年製作の映画)

4.2

おーおーヤベえ映画だ、
なんで誰もオススメ
してくれなかったのさ!
前半アンダーソンとともに
置いてけぼりだったけど、
後半はネオってか
キアヌリーブス覚醒してた。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.4

恋人がいても居なくても
輝けるのは一瞬だけ。
あとは 苦悩と焦燥と複雑な関係と。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

去年劇場で見逃したやつ。
黒幕とかに意外性はないけど
主人公めっちゃ有能だし、
アクションかっこいいしで
楽しかった。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.6

前半 ヒトラー本人なの
見ててわかっていながらも
どこか愛らしくて受け入れちゃう。
ああなったら
取り返しつかないもんなあ。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

I am speechless.
最後の拍手を受けて
さらに自信つけていくんだろうな、
ライオネルの役者さんのイメージ
今だにバルボッサ。

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.8

憧れないスパイ映画 No.1
多分これに携わった大人たち
全員バカだと思うw

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.9

これぞ どんでん返し。
誰が誰がって予想しながら
見てると引き込まれる。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.7

1人目が1番きちい。
中盤こんな苦しめられてるのに
この手の映画には
バッドエンドを望んでしまう。
その点 含みあって良かった。

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.6

どんでん返し耐性つけすぎた←
緊迫感あって見てて楽しい。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.9

なにこれくっだらなw
展開が予想できなすぎる。
ガールズトークばっかで
なんだこれってなったけど
最後は本当に拍手もの。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.1

涙腺壊れた。
とりあえず家帰ったら、
飾ってあるぬいぐるみ抱いて
名前をつけよう。

>|