出世ドンドコドンさんの映画レビュー・感想・評価

出世ドンドコドン

出世ドンドコドン

素敵な空白の一次元に想いを馳せる。

映画(699)
ドラマ(0)

親密さ(2012年製作の映画)

-

相変わらずやりとりで関係の破綻をほのめかす言葉づかいからでてくる不穏さに満ちている。後半の演劇はほとんど『passion』の語り直し(または延長線上の到達点)のようにおもえたが、実際どうだったんだろう>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

この監督がつくる得意な快楽は上下のダイナックな移動だとアオシグレなんかをみておもったので、そういう動的なアクションの快楽が欲しかった。

PASSION(2008年製作の映画)

-

濱口竜介監督作は『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』を観賞済み。映画に限らずデビュー作というものは往往にして要素を詰め込み過ぎているようにみえてしまうものでこの作品もご多分に漏れずそうなのだが、監督デ>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

5.0

楽しそうな笑顔がスクリーンに映されているだけなのに自然と向こう側の楽しさがまるで手に取るように、本当に幸せなのだろうなと魅力的に撮られておりそれだけでみていて気持ち良かった。
魅力的な青春がある。もう
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

そりゃこれだけギャグ入れてればウケるよな、という程度の感想です。

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

-

二回みれば、なんだ初回は全然ついてけなかったけど見返せばわかりやすいじゃんとなる。

>|