サイトーさんの映画レビュー・感想・評価

サイトー

サイトー

映画(584)
ドラマ(0)

コロニア(2015年製作の映画)

3.7

ナチの考えが冷戦時まで及び、それが40年間続いたことに驚き。
カルトの権力強すぎるし、公人と癒着しすぎ。
犠牲者を想うと悲しくなる。

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年製作の映画)

3.1

ブロリー強すぎるのに最後あっさりしすぎ。
最新映画のブロリーも気になる。

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.5

ストリートチルドレンの現状に悲しくなったが、その中でも明るく、ほっこり癒される場面もあってよかった。

半落ち(2003年製作の映画)

3.2

命の定義を考えさせられる映画。
静かに進んでいく感じ。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.1

ヴェノムの憎めないキャラが良かった。
カーチェイスは特に最高。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.4

ビジネスだから、しょうがないけど創業者かわいそう。
執念ってすごい。

トゥモローランド(2015年製作の映画)

3.1

色んな未来SF要素詰め込んだ感じかな。
思ってたイメージとは違った。

凶気の桜(2002年製作の映画)

3.4

窪塚カッコよかった。
政治色強いところもある。
右翼の世界に気軽に足踏み入れたらいかん。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.6

ナチスの罪はなくならないのは当然。
どんでん返し系だけど、結末の予想が当たっちゃって残念。
負の歴史を考えさせられる映画。

追跡者(1998年製作の映画)

3.2

前作の逃亡者と似たようなストーリー。
派手さはないがそこそこ。

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

3.4

刑事が逃走犯を追跡するというアメリカ映画の定番。
皆演技派だし、アクションも随所にあったので楽しめた。
あと、皆若い。

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.7

どんでん返し。
伏線がしっかり回収されて気持ちよかった。

127時間(2010年製作の映画)

3.3

人間の極限状態を描いた実話。
最後まで生きることを諦めない精神力に感服した。

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.5

アホらしすぎて面白かった。
オムニバスで見やすいし、
小ネタが多くあり、余計楽しめた。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.8

社会福祉のリアルさが描かれていた。
貧困から抜け出せない社会は悲しい。

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.7

それぞれの視点からの話が最後に繋がっていく演出。
犯人が分かってからのテンポがよかった。
でも人の名前多すぎて覚えれん。

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.4

ジム・キャリーの怪演目立つサイコパスコメディ。
ジム・キャリーのコメディは安定。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.3

失って初めて気づくものってあるんだなあ。
ジェイク・ギレンホールの演技力はさすが。ピッタリの役。

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ(2009年製作の映画)

3.1

パルクールがカッコいい。
シンプルなストーリーや雰囲気はB級感。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.3

実話というのが驚き。
ニコラス・ケイジの本人の再現度が高すぎ。演技力はさすが。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

完成度の高い名作サスペンス。
結末を知らなかったから余計楽しめた。
不朽の名作である。

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

3.2

毒ガスで倒れる演出は安っぽすぎる。
個人的に一番好きなボンドカーのDB5が出てきてテンション上がった。

>|