うりたさんの映画レビュー・感想・評価

うりた

うりた

洋邦ジャンル無節操。「チープ」「シュール」「クレイジー」というワードに弱い。いつまで経ってもベストムービーが決められない。

映画(661)
ドラマ(18)

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

黒人だとか女性だとかで出来ることに制限つけるのがいかに馬鹿らしいか。
モラルの問題もあるけど、組織や仕事の効率化を考えても完全に無駄だよね。
彼女たちが一生懸命仕事に取り組んでるからこそ、トイレ問題や
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.7

笑えて泣ける王道のいい話コメディ。これは誰が見ても外さない良作でしょう!
タイムスリップするのかと思いきや、自分だけが若くなるのね。BTTFとはまた違うシチュエーションで面白い。

若きザック・エフロ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

プーさん可愛い。
…のに、イラッとしてしまうクリストファー・ロビンの気持ちもわかるのは自分も大人になってしまったからなのかなぁ。切ない。切ないので200年ぐらい何もしないをする時間をください。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

殺人鬼系だと思ってたらクリーチャー系だったので、あっ…って感じ。これは個人の趣味ですが。
クリーチャーの造形は良かった。

あんなに静かな映画館初めてってぐらい、上映中誰一人音立ててなかったw

ハンス・ジマー ライブ・イン・プラハ(2017年製作の映画)

4.8

重厚でありながら尖った音。
ハンス・ジマーの音楽じゃなければここまで印象に残らなかったかもというぐらい映画の中ですごい存在感を放っている。
そんな彼の音楽が、こんなにも迫力のある生演奏で観られるなんて
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.1

最初は何見ても大草原不可避なのに後半で同じシーン見て尊み感じちゃうのバーフバリと同じなんだよなぁ…。
確かにバーフバリとかぶる所もあって原点という意味はよくわかったけど、これはこれでバーフバリにはない
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

アントマン、いい感じに力抜けててポップで楽しい。
世界を救う!とか極悪人を倒す!とかじゃないから気軽に観れる。
お父ちゃん頑張れー

小さくなったり大きくなったりという特性を活かした遊び心のある戦闘シ
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

正統派カーアクション。ただ、あまりにもシンプルすぎたかなと。
車が空飛んだり氷山走ったりともはやファンタジー映画になりつつあるワイスピの制作陣が作ったというのだから、多分それも意図的で原点回帰的な意味
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.8

トーマスwww 31www
ギャグシーンすき

小さくなったり大きくなったりの映像が面白かった!
蟻が可愛く見えてくるな… アンソニー!!

恐怖分子(1986年製作の映画)

3.8

エドワード・ヤン初鑑賞。開始すぐにうわーこの監督好きだ…って思った。もう完全にこの人の作品はこの人しか撮れないやつ。
画面内で起きていることを直接的に映さないで、音だったり周りのオブジェクトの様子だっ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ワンカット長回しや劇中劇をうまく使った構成などテクニック的な面白さもあるんだけど、まぁ、結局は映画愛が詰まった、映画の映画による映画のための映画ですよね!!
私はそこに感動してなぜか最後ウルッときてし
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

安藤サクラは顔含め不思議な魅力があるな…。どんどん惹き込まれていつの間にか癖になる。

家から1歩出るだけですぐにどんどん世界が広がっていく面白さ。
色んな人に出会って、嫌な思いもしたけれど、その痛み
>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

3.7

不安定な構図/殺された色味/不安を煽る無音/どこか現実離れした夢の中のような浮遊感
森田芳光監督のセンスが何もかも好き
決して明るい映画ではないのに大好きな世界観に浸ることが出来て私は今幸せに満ちてい
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

自分の想像出来る「人間らしさ」なんてこの世界のほんの一部でしかない。人間はもっと複雑で難しくて可能性を秘めた生き物だ。
もしこの家族の報道を私が見ていたら、彼らの美しい生活を想像できていただろうか?き
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.9

初池井戸潤作品。
関係者が徐々に増えていくんだけど、次々に「間違いない」役者が出てくるのでそれだけで興奮した。
特に岸部一徳、笹野高史、柄本明、佐々木蔵之介は流石だったな…。浅利陽介も良かった。

>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃ面白かった。めちゃくちゃ笑えた。
わかると嬉しい映画ネタに音楽ネタのオンパレード!
しょっぱなからあれだものwww
ダブ・ステップの使い方アガるー!

ドミノがスタイル良くて超かっこ良かっ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

何より犬達が可愛い!
ドアップの時、目キョロキョロしてるのついつい追って見ちゃう。
毛がフサフサモフモフ。人形の作り込みがすんごい。
何気に黒フクロウも可愛い。

日本なんだけどどこか奇妙な景色で新鮮
>>続きを読む

PEACE MAKER 鐵 ~想道(オモウミチ)~(2017年製作の映画)

3.3

原作が休載してた時期もありましたが、それも乗り越えまさかの映画化!
キャストもアニメの時のままで、また動く彼らを観られるのはとても嬉しかったです。

内容は原作未読の人には厳しい…というか全く意味わか
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.8

ある程度ジョブズやAppleについての前知識がないとよく分からないかも。『バトル・オブ・シリコンバレー』を観ていたのでわかりやすかった。

ジョブズの人格はとんでもないとよく聞くけど、映画を見てわかっ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

新たな発見と感動に出会える完全版、まずは日本公開してくれたことに深い感謝を捧げたい。願いは叶う!

追加シーンは一切の無駄がなく何故カットされていたのか不思議なぐらい。
カッタッパの可愛さと忠誠心、ク
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

洋ちゃんと神聖かまってちゃん目当てに行きました。
結果、映画は微妙だったけど洋ちゃんはカッコよかったし(あんな店長いたら惚れない方がおかしいだろ!)、の子さんmonoくんの劇中曲も切なさと美しさが同居
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

※以下頭の悪い感想が続きます

は?尊すぎてつら
映画終わって電気ついて友人と顔見合わせて「ウ〜〜〜〜〜ッ!!」つって泣いた

まず2人が美しすぎ。は〜なにこれ3次元なの??オリヴァーの肩幅無理。すき
>>続きを読む

お葬式(1984年製作の映画)

3.9

予告編の「10回笑って3回泣いた」ってセリフ、もちろんこの映画の内容を的確に表してるんだけど、実際に私の祖母が亡くなった時もそうだった。
お葬式って暗くて堅いものだと思ってたけど、なかなか会えない親戚
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

3.7

この映画でも神はただ黙って事の成り行きを見ているだけ…
第七の封印と同じ主題をよりわかりやすいストーリーで描いている。
無宗教の私は簡単に神を否定できるけど、彼らにとってはそうはいかないのだろう。
>>続きを読む

バトル・オブ・シリコンバレー(1999年製作の映画)

3.6

TVドラマの総集編ということで編集はかなりざっくりしてるけど、AppleのジョブズもMSのゲイツも最初は色々と小賢しい手も使いながら成り上がってきたのがわかってかなり面白かった。
まさに「海賊」。邦題
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.3

常にイカれてる訳じゃなく色々と計算した上で愛想振りまくべき相手には善人として根回しし、かと思えば突然シリアルキラーに豹変するのがなんともサイコみを醸し出してて恐ろしかった。
自己弁護も上手いところがま
>>続きを読む

デヴィッド・バーンの トゥルー・ストーリー(1986年製作の映画)

3.5

デヴィッド・バーンがタブロイド紙から切り抜いた記事から着想を得て脚本を書いたという本作。
新興住宅地、郊外の巨大ショッピングモール、商業的なTVCMのマッシュアップ…近代的なアメリカの象徴を散りばめな
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.5

ああ、さすが『(500)日のサマー』の監督だなという感想。
ほろ苦いけど前向きというか。
主役の俳優が最初は冴えなかったのにだんだん魅力的に見えてくる。
ニューヨークの景色も堪能。

全部見終わると謎
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

『「孤独」と「一人暮らし」は同じじゃない』
『くだらない雑談より気まずい沈黙の方がマシだ』
『縁があればまた会える』
(正確には覚えてないけどこんな感じ)
90分の中で好きだと思えるセリフが沢山あった
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

観た人が虚無になる理由がわかった…。
えーどうなっちゃうのこれ…次回作まで何年待てばいいの…。取り敢えず社長は地球に帰るところから大変だ…。
何はともあれ見応えはあって面白かったです。

アベンジャー
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.9

インセプションの時代から映像の世界はここまで来たか…
何を置いてもまず映像美がスゴすぎる。凄すぎて笑ってしまった。
技術もすごいしパズルのようにパチパチ動いていくのがまた気持ちいい。これって技術がある
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

ウルトロンの内容もう忘れてしまってて思い出しながら見るの結構大変だったけど(まぁわからなくても楽しめるけど)、ヒーローの仲間割れという斬新な脚本で楽しめた。
王道展開好きとはいえ立て続けにヒーローもの
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.9

えっ…バッキーヒロインポジ…可愛い…

キャップのメモ思わず一時停止して見てしまった。おじいちゃん可愛い。

NGシーン集も可愛い。結構おちゃめな人なんですねキャップの中の人。

…感想可愛いしか言っ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

キャップのユニフォームのダサさを何とかネタにして違和感なく見せようとしてるんだけどやっぱりダサくて笑う。
国債キャンペーンのドサ回りしてるキャップ不憫で可愛い…w
ニューヨークの街並みやエンディングな
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.6

ロケット可愛い。
グルートの中の人(?)ヴィン・ディーゼルってまじかw
サントラも掛け合いも楽しいけど個人的にはもっと弾けてても良かった。
後半に行くにつれて入り込めた感じ。

>|