Wakanaさんの映画レビュー・感想・評価

Wakana

Wakana

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

-

原作ちゃんと読んでないからどれくらい原作と違うかわかんないけど、知っているフィッツジェラルドのギャツビーのあらすじと全然違った(笑)
ちょっと原作読まなきゃという感じのモヤモヤが残って後味悪い〜!読み
>>続きを読む

トルーマン・カポーティ 真実のテープ(2019年製作の映画)

-

カポーティ作品の研究するための情報収集として。
タフな人だなあと思ったり、繊細な人だなあとも思ったり。人間の性をまるまんま持ってる人という印象。でも、正直ドキュメンタリーとも言えないくらい他者の憶測が
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

-

"you must have faith in yourself."っていうエルの最後のセリフが、いつも耳にする「自分を信じる」っていう言葉とは全く違う言葉に聞こえた。ちょうど最近、自分が何に向かって>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

-

結構ハードな同性愛への言及があるし、性描写とかは正直かなり思い切った描き方になっている映画。同性愛について再考するにはとても素晴らしい映画だけれど、ジェンダー論をよく知らなかったらあまり良い捉え方はで>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

同性愛がメインテーマではないけれど、アメリカやその他の国で巻き起こっている現代社会の問題にソフトに触れるヒューマンストーリーという感じ。登場人物の心情の変化に各々想像を膨らませれるのもあって個人的には>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

普通に目向けられないシーンが多すぎて、最後の方よくわからない展開になっていた、、、意味深というかなんというか、軽々しく見れる作品では決してないような気が。

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

-

断片的にしか内容覚えてないから、もう一回観たい映画のひとつ。

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

-

プリンセスでいちばん好き。
アリエルがフォークで髪を梳かすシーンが個人的いちばん!ディズニーの永遠の名作だと思っている。

HERO(2007年製作の映画)

-

小学生ながらHEROが大好きで母と映画館に見に行った思い出。

HERO(2015年製作の映画)

-

HEROは日本のドラマ、映画でいちばん私が影響されたと言っても過言ではないほど大好きな映画。HERO小さい頃からずーっと全部見てきて、一時期検察官になりたいと本気で思っていた。ならなかったけど。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

結局何だったのか分からなかった、、キムタク大好きだけど、ストーリーが難しすぎてすんなり観れなかった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

結構前に映画館で見たけど、不思議な映画だなって思った記憶がある、、人間じゃないものがたくさん出てきて、個人的にはかなりホラーな映画だった。グロいのは苦手です。
好きな人との付き合って数回目のデートでこ
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

-

大人の恋愛、素敵。石田ゆり子、素敵。福山雅治、素敵。
お互い思い合ってるのに環境やいろんなことでうまくいかない恋愛ものは多分私の好み。この手の作品にはものすごく感情移入してしまう〜。
バックで流れる音
>>続きを読む

>|