うーたんさんの映画レビュー・感想・評価

うーたん

うーたん

cinemaholic,mangaholic,TVholic, hip-hop-hooray

映画(29)
ドラマ(0)

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

1.5

期待が大きかった分、がっかりでした。
大根監督は実はもう映画でやりたいことが無いんじゃないですか。
映画という権威に挑むように毎回新たなチャレンジをしてた人が、なぜこんな保守的に…。残念ですがこの映画
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

世界を代表するトップデザイナーであるトム・フォード。その圧倒的な美的センスで作り出された、絵的に超美しいショットの数々。そして、そこに込められた皮肉。
オープニングのルシアンフロイドの絵画から出てきた
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

5.0

とても見ごたえのある映画でした。
アメリカが世界の人々に一番見られたい場所。その足元には、一番見られたくない現実の問題が放置されてある。

とくにラストの決着が見事でした。
最初に「実話に基づく物語」
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

ほんとに、ほんとに、
トムすげー!!!!!!!!!!
ほんとなにこれ?
面白すぎるんですけど!!
星5点満点で、星100個です。
この作品はいつものと単位が違って、星一個が20個です。
最初っからワク
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

ただ、ただ最高でした。お金をかけなくても、アイディアと信念があれば面白い映画は作れるんですね。

映画そのものを体感する、原初的な面白さ。なかなかない経験でした。
少しでも興味がある方は、情報をシャッ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.0

いい映画で、俳優の演技も素晴らしかったです。でも、そこで起きてる出来事も、人物の心情も、すべて余すところなく描写しきってしまうところが逆に退屈に感じてしまいました。謎や想像する余地が残らないというか。>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

彼らの人生は、見えない花火そのもの。
誰に見られていなくても、うちあがって、散っていく。
こんな家族のあり方も、あっていいと思いました。
子供の頃、押し入れやクロゼットの中に小さな隠れ家を作って友達を
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

5.0

主演二人の芝居が圧倒的熱量で目が離せなかった。原田監督の作風には好みが別れそうですが、私はその嗜好の一線を越えて、俳優の演技に魅了され続け、かなり楽しめました。
二人の演技が完全にアイドルを逸脱する瞬
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

星が5までしかつけられませんが、100です。脚本、演出、物語、演技、すべてが最高であり、野心的な挑戦に満ちた映画です。こういうものを見たくて映画館に通っているのです。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

とても魅力的な映画でした。
ストーリーだけ抜き出してみると、ホワイトトラッシュ母子の悲惨で救いのない話。でもこの映画でカメラが向けられるのは、子どもたち。貧困層の日常描写も、子ども目線で見れば、楽しく
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.5

娯楽要素満載でハラハラドキドキ、めちゃめちゃ楽しめました。怪獣パニック映画の良作。予想の2倍面白かったです。
とくにロック様とゴリラのジョージのゴリゴリした男の友情!二人とも超絶カッコよくて最高!
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

熱く激しく暑苦しく汗ばみ動揺し興奮し感動させられる最高の映画だった。LAコンフィデンシャルやトレーニングデイの系譜のバディものを、深作オマージュやくざ映画のタッチで描写した日本製フィルムノワール。>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.7

ブラックすぎて笑っていいのかわからない、気まずい系コメディ。
面白いけど、変な映画なので、人にすすめにくいです。

この監督の前作『フレンチ・アルプスで起きたこと』と同じように、身も蓋もない問題を突き
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

1.0

不快な映画でした。物語設定のリアリティラインが良くわからないので、登場人物たちに感情移入できなかった。世界観にのれない人にとっては、生理的嫌悪感だけが際立つ映画。とくにラストの展開のキモさには吐いた。>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

あの原作を良く映画として成立させたな、と率直に感心しました。これは三池監督の手腕だと思います。(色々言われてるようですがこの作品に関して私は監督肯定派です)

原作はwho&why&how done
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

全員強くて全員カッコ良い!これこそヒーロー映画に最も望むことです。
ルッソ兄弟監督の「全員カッコ良い見せ場作り力」が見事に機能してました。もうとにかく全員カッコ良かった。
これだけ多くのキャラが出まく
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

1.0

一体どうしちゃったの?退屈で見るべきところが一ヶ所もない、シリーズ屈指の駄作でした。ファンとして悲しくなる残念な映画。

カンフーとラーメン、どうやったっておもしろくなりそうな題材の組み合わせなのに、
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.5

タイトルは『ゴールドパンサー 反逆のキルモンガー』で良いと思います。
この映画の物語全体から敵役キルモンガーのストーリーを抜き出してみるとこうなります。
➡かつて反逆罪に問われ、命を奪われた王の血縁。
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

ハラハラドキドキ面白かったです。
リーアム・ニーソンとジャウム・コレット・セラ監督のコンビ作は、どれも一定以上のレベルの面白さを保証してくれるので安心。ポップコーン食べながら楽しく見ることができました
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

5.0

勇気をもらえるとっても胸熱な映画でした。1971年の話ですが、描いているテーマは現在のタイムリーな社会問題であり、まさにいま見るべき作品だと思います。

メリル・ストリープ演じる主人公はワシントン・ポ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

信じがたいレベルの大傑作。
生きることの素晴らしさを謳いあげる映画にはたくさん出会ってきましたが、「死」もまた「生」と同じくらい価値があるんだと、実感させてくれる映画に出会えたことが嬉しい。
過剰にカ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

1.0

製作陣にひとつだけ聞きたいことがあります。「あなた方、前作見た?」
ストーリー、人間ドラマ、アクション、VFX、すべてが陳腐化されてしまった、残念きわまりない続編。
前作を好きな人は絶対見ない方がいい
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

5.0

『先生を流産させる会』の内藤瑛亮監督が撮る『ミスミソウ』。原作マンガは物語のエグさで注目を集めましたが、そのエグさを一切薄めず、なんならより濃く映像化してみせた、とてつもなくエグい映画だと思いました。>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.6

木梨憲武と佐藤健の好演が光る映画でした。
アドリブ芸やおふざけを封印して、しっかりとした芝居をする木梨さん、とても新鮮だったし上手いと思いました!
ちゃんとダメ親父に見えるのが素晴らしく、不良にビビっ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

未知への冒険、初めての恋、将来の夢、オンラインゲームでつながった仲間との友情、みんなが大好きなエンタメキャラ特盛、そして何よりもスピルバーグの溢れんばかりの映画愛!
これ以上映画に何を望むというのでし
>>続きを読む