Hookさんの映画レビュー・感想・評価

Hook

Hook

どんな映画でも楽しみ方によっては楽しめると思っています。わりと不謹慎な映画が好きです。といいながら最近は自分の倫理観と闘いながらの映画鑑賞だったりもします。

映画(306)
ドラマ(3)

フィアー・インク(2016年製作の映画)

2.4

エンディングはひねりが効いてていいなと思うけどイマイチぐっと来ないのは自戒を促されてるように感じてしまうからだろうか。

ザ・スリル(2013年製作の映画)

2.7

何でもないこと(いや全然そんなことないけど)をうまく見せているから90分飽きずに鑑賞できた。痛々しいシーンは目を背けるほどのところもあり、犬好きは見ちゃいけないところもあり、それなりに面白く鑑賞。

ロミーナ(2018年製作の映画)

1.0

短い以外に取柄はないかな。もう少し長くなってもちゃんとした説明があればなんとかなったのではないかと思うが・・

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.0

代役騒動を知らずに観たのであとで知ったときびっくりした。クリストファー・プラマー出演シーンは9日で撮り切ったっていうのはすごい。
耳を○○するシーンがすごいらしいと聞いて観た(動機が悪い)が確かにリア
>>続きを読む

23:59(原題)(2011年製作の映画)

-

なんというか、向いてなかったかなという感じ。じっとりした雰囲気は好きなのだけれど。

ゲームの時間(2015年製作の映画)

-

期待しすぎたかな。集中できずだらだら見て、その上でもあまり語ることはないなと。

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.0

以前に見た。新しいタイプのゾンビ?映画。冒頭からよくわからない拘束された子供の登場でなかなかに引き込まれていく。ラストは切ないというかうーむ。

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

映画にのめりこむきっかけになった映画かも。展開や結末を知っていても何回観ても面白いと思う。二転三転どころではない。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.4

重い話ではあるが流れの中での展開が見事だった。説明不要な感じで。

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.0

未来体験をしました。という印象。手持ちではiPhoneで観たのでややせわしない感はあったが、自分の選択でストーリーが変わるのは斬新だしメタ展開がすごかった。ただ全部のストーリーを追いたいとか思うと結構>>続きを読む

ダフト・パンク ドキュメンタリー UNCHAINED(2015年製作の映画)

3.6

ダフトパンク好きならもっと好きになると思う。ゲストっていうか次々変わる語り手が豪華すぎてすごい。特にジョルジオ・モルダーに痺れました。
願わくばグラミーのシーンをもっと長尺でやってほしかった。

イカリエ-XB1(1963年製作の映画)

3.2

60年近く前の映画とは思えないほど美麗な映像、先進的な音楽。メカもどことなくおしゃれで驚いた。そんな昔の映画をスマホで観たりするのは感慨もひとしおであった。
観た人はわかるかな、全編通して浅田飴のビジ
>>続きを読む

リンカーン/秘密の書(2012年製作の映画)

3.9

じゃないほうのリンカーン?いや私にとってはこれですよ。何回も観ている大好き映画。リンカーンはヴァンパイアハンターだった⁉馬アクション、斧アクションがたまらない。良いものは何度観ても良いですなあ。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.5

予告編で期待高まりすぎたけどそれなりに面白く鑑賞できた。ラストがやや物足りないけれど、それが迫ってくる雰囲気なんかは結構よかったと思える。

斬、(2018年製作の映画)

3.5

京都での初日舞台挨拶に参加し監督に質問もしサインもしてもらったのにどうやって感想を書いて良いかわからずここの更新も滞ってしまった。観た人には確実に何かを残す映画だと思う。先入観前知識なしに観てほしい。>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

2.7

このシリーズなぜかはまらないのですが。ジョシュ・プローリンとデルトロは文句なくカッコいいのになぜなのか。続編ありきのエンディングは良かった。次回作も見ますよ。

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

2.5

うーん、うーん。評価するの難しい作品かも。伝えたい事はまあ分かるけど。イットフォローズ的な何かを期待するとだいぶ裏切られるかも。予告もね。雰囲気は良いけど、うーん。

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

2.8

ビル・ナイはいいなあ。あとこの映画の世界観はすごく独特な気がしてそこは良かった。純粋に推理もの?としてみるとちょっとあれだけど、雰囲気映画としては良かったのではないか。もちろん見たことはないけど昔のロ>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

いろんな人に観てほしい映画だった。みんないい人ばっかりでほっこりする。主人公の雰囲気が絶妙にはまってる感じでよかった。そしてマーク・ハミルがいい仕事してるなと思った。

カムガール(2018年製作の映画)

2.7

ラストシーン一歩手前までは不穏な雰囲気も良くグイグイ引き込まれて鑑賞していた、その分消化不良を感じてしまう。なんでもすっきり解決すればいいってもんじゃないだろうけど。
全然知らない世界を垣間見れたのは
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

マーベルほとんど見てないのにトム・ハーディが好きなだけで前知識ほぼ0で観に行った。息つく暇ない展開で、体感時間があっという間で驚いた。トム・ハーディのやれた感じにヴェノムが合っているなと思った。
エン
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

生涯でこれほど涙した映画はありません。開始すぐ、20世紀フォックスロゴのあるしかけからすで泣きました。観て良かった。クイーンの事をちょっとでも好きな人は全員観てほしい。メンバーが激似で(特にブライアン>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.0

30年近く前の映画だと言われると驚く。個人的には物語としてあまり魅力を感じなかったがそれでも4時間近く観させることのできる映像がすごいのかもしれない。登場人物の区別がつきにくく、人によっては二つ名もあ>>続きを読む

人間機械(2016年製作の映画)

3.0

他の人も書いてるように案外メッセージ性が低いところが残念というかなんというか。ただ、作中で監督?が労働者に問いかけられる場面があるが、直接こちらに向かって言われているようで、何とも言えない気持ちになっ>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.3

リマスター版を映画館で鑑賞。何回目かの鑑賞だけど映画館だと迫力が違うし結構驚かされた。造形が素晴らしいので大画面で観られてよかった。いいものはいいというのを改めて感じた。
閉鎖的状況で疑心暗鬼になる中
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.4

低予算なんだろうけど限定的状況をうまくストーリーに活かしてると思った。どう落とし前つけるのかと思ったら衝撃のラスト。まあこれしか無いかなあ。

ポーカーナイト 監禁脱出(2014年製作の映画)

3.0

最初は結構何が起きててどれが現在かわかりにくい感じで進んでいくが、理解しだすと中々に面白いし、トリック?がよく出来ていて驚いた。あと結構リアルで痛そう。マスクのセンスはなかなかだと思う。

YARN 人生を彩る糸(2016年製作の映画)

3.0

手芸好きの家人に見せようとしたら自分も全部見てしまった。編み物と言ってもいろんな表現方法があるのだなと驚いた。遊具になったり、サーカスで表現したりもしている。どちらも体験したいと思った。編み物はあくま>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな映画は出てこないよなと思って、まあまあ楽しく観てたらシャイニングがバンバンに出てきて感動した。今日たまたまシャイニングの双子Tシャツ着てたので余計に。ガンダム登場シーンではぐっときてしまった。お>>続きを読む

カイジ 動物世界/動物世界(2018年製作の映画)

2.2

中国版のカイジ(っていってもカイジの映画は見てないけども)。大胆なアレンジを好きか嫌いかでだいぶ変わってくるだろうな。個人的には期待外れ気味でテンションが続かなかったのでやや残念。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

予告最高本編大したことないやつやろと思いつつ予告につられて観たら思いの外面白かった。無音状態の表現がうまく、登場人物になったようにドキドキハラハラしまくりしながら鑑賞。帰り道ニールヤング聴きながら帰り>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

自分が映画好きになるきっかけにもなっているであろう映画。何回も何回も観てるので、不届きにも今回は床にワックスをかけながら鑑賞。タランティーノは好きな人は好き、ダメな人はダメだと思うのですが好きからした>>続きを読む

スパイナル・タップ(1984年製作の映画)

4.0

ベース3本うち1つはダブルネックに度肝抜かれる。斬新。くだらな面白くて終わるのあっという間だった。そしてなぜか感動した。歴代ドラマーシリーズ面白すぎる。園芸中の事故の詳細を知りたい笑。

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.0

モーガン・フリーマンがだんだんネルソンマンデラに見えてくる。ラグビーの試合シーンがなかなかの迫力であり、中にはどう撮ったのかよくわからない映像もある。皆が融和していくのは大変なことだっただろうなと深く>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.6

連休にクリントイーストウッド観まくりだった。
前半のタメを後半ですべて返してくる感じの映画。まずなんといってもグラントリノがカッコいい、もっと走らせてくれてもいい。頑固でめんどくさい爺役がはまりにはま
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.7

基本的にクリント・イーストウッド監督作品は無条件で好き。何の気なしに久々に観たらしっかり観てしまった。冒頭のコーランと戦車の対比からズンと来る。真剣に考えだすと誰が悪いのか誰が正しいのかわからなくなる>>続きを読む

>|