ジョーさんの映画レビュー・感想・評価

ジョー

ジョー

元気ない時によく映画を観る。
4.0はおすすめ映画の境目線?

映画(205)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

正直アイデアとして凄く評価したいけど、映画としてはそこまでいい映画と思わないね。

前半は真面目に観るとけっこう酔っちゃうし、たまに気持ち悪くなる。予告もネタバレも観てないけど、伏線もなんとなくそうい
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

3.9

元社会学部生として、けっこうこれ好き。正しいとは何か的な質問は、社会が存在する限りに、問われ続けるだろうな。

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.5

もはや物語がどうでもよく、スターたちの顔を順番で観るだけで楽しむ映画だ。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

ロポットvsロポットは熱い。話がおかしくなって、国別の機体とかの設定が良かったのに…なんか、1より普通の映画になっちゃった。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

最後の逆転が凄く良かった。うん、面白かった。笑。

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

ブルース ウィリスさんはなにしに来たの……笑。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

18.06.08

ずっと期待した是枝さんの新作。上映初日だからチケット取れないかなって、案外取れてた。梅雨の季節に似合う映画でした。

本当の家族とはなにかって、ずっと是枝さんが作った話で検討、かつ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.7

俳優陣みんなそれぞれ魅力があって素晴らしいが、トリックとして案外少し簡単の気がする。

まぁ、このぐらいの大スターの顔たちが2時間に詰めて観るのも、満足じゃないとはならないね。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

全編佐藤二朗さんのアドリブのほう面白いかもしれない。

内田有紀は相変わらず可愛い。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

ディストピアとアイデンティティの話。

自分が選ばれた者と思っていた自分、と自分はただ普通の自分のギャプは大きい。だから、そのギャプから人は、ある意味アノミ状態に陥る。

一見未来の話だが、内容はとて
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.1

2018.02.11

信頼と裏切り?
原作読んでないかもしれないが、正直意味不明のところが多かった。

銀魂(2017年製作の映画)

3.1

08.01.04

ストーリーが全部分かったから、菅田くんの突っ込みと、ムロ二郎のボケがみところ。

吉沢亮は案外演技が上手だった。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

17.12.25
時間に勝った愛はまるでロックのような。

今を大事に。

冬にふさわしい素敵なラブストーリーでした。

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

4.2

17.11.13

ザ ・ ミュージックムービーって感じでした。60、70年代の音楽を、映画で画面付けて、50年後の今でも踊り出せる。エンディングの時に、デヴィッド・ボウイの『let's dance』
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

10.11.08

音楽映画よりスポーツ映画の感じがします。

自分の限界を一センチに突破するか、夢を諦めて平凡の自分を受け入れるか、どちらを選ぶの難しいし、人によって正解が違うと思う。

まあ、映画
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.2

17.11.06

とても平凡だけど、素敵な映画でした。木村多江さんとリリーさんの夫婦生活と共に、悲したり、喜んだり、笑ったり、感動したり、そういう映画でした。

バブルの後の90年代の日本、何にか混
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.6

17.10.23 @新宿ピカデリー

一人で観ても全然しんどくない恋愛ストーリーでした。それとも、僕が一人映画観るのレベルアップしたのかしら…

ガッキーはいつもと通り可愛い。瑛太さんも相変わらずイケ
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

17.10.21 @池袋シネマ・ロサ

前編の余韻に浸っているうちに、早速後編を観てしまった。しかも、明日の丸の内ピカデリーのチケットを買って、映画館着いて発券した後に、そのミスを気付いて、2000円
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.2

17.10.20 @池袋シネマ・ロサ

まだ後編を観てないけど、恐らく今年の邦画のNO.1だと思います。前編だけ観ても、今凄く映画の余韻に浸っています。BRAHMANの「今夜」が頭の中にずっと流れてい
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.7

10.10.11
思ったよりやや普通だった。
映画としても、なんか予定調和感がします。でも、高良健吾と尾野真千子の演技本当にすごい。池脇千鶴さんもすごかった。高良健吾が演じた新人先生の変化のストーリー
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.3

17.10.06

この最高に素敵な夫婦に出会ったの時間は、本当に幸せでした。

東中野で上映した時も、ずっと観たいと思ってた。やっとアップリングで観れば良かった。

来年社会人なる予定の自分にとって
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.6

17.10.05

まず、もっといいタイトルあったのになぁと思った。笑。

映画の雰囲気や美術など、ビジュアル的に凄く美しかった。人物の性格や感情の変化なども、ウディアレンにとって良かったと思う。でも
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.6

17.10.03 
また騙された気がするけど、1よりマジックの時間がかなり減ってて、少しもの寂しい気がする。アックジョン映画に近くなってきた。

でも、爽快感はあいかわらず、3も期待している。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

17.10.02

騙されました。

最初からホースメン線、FBI線、モーカンフリーマン線で話しを進めていて、いつの間に捜査官のディラン線も増えて、四つの視覚でストーリーを進ました。それも監督のトリッ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

17.09.11 @新宿バルト9

戦争映画館といっても、やはりノーラン監督の作品とすぐ分かった。映画の時間軸の構造は相変わらず複雑で精確でした。

「陸(一週)、海(一日)、空(一時間)」という三軸
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

17.09.02

好きな人の夢が実現できるという夢。ユメマカセ。

牯嶺街少年殺人事件(1991年製作の映画)

4.2

17.08.28

弱者から弱者のひと刺。

まなざしは地獄。

人は変われるか、世界は変われるのか。変わろうとした人たちと諦めた人たち。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

17.08.22
最後のヨンドゥはさすがにかっこ良すぎる。
ベビー・グルートが可愛くてたまらない。フィギュア買いたいぐらい。

家族とは何かってこの映画からのけっこう大きな質問で、やはり血縁だけではな
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.8

17.08.20

- What are you doing ?
- l'm dancing.
星を壊滅する寸前に踊り出したシーンが最高でした!

あと、『cherry bomb 』の音楽で、最終決戦
>>続きを読む

>|