Zzzさんの映画レビュー・感想・評価

Zzz

Zzz

映画(1336)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

わがままなヴァカンス(2019年製作の映画)

3.3

フランス人は開放的で、優雅なヴァカンスを楽しんでますね。美貌と若さ勝負だとすごく危ういね。

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

2.8

息子の債務者に対する仕打ちは度を超してる。そんな息子を母はどう思うのか。改心させるのか、お茶を濁す形で説教に止まるか。ラストは覚悟があるのかわからないうちは、ドッキリかと思ってたけど。全体的に内省的に>>続きを読む

パーフェクション(2018年製作の映画)

3.1

ウィルス感染的なのかと思ってたので、短いから観れたなと。ただそうじゃないから何なのってなったよね。

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.2

変なメイク。そろりそろり向かってくるのは怖いね。倒し方があっけなかった。

フローズン・ブレイク(2019年製作の映画)

3.3

寒いに視点がいっちゃってるけど、高いところでわちゃわちゃやってるので、そっちに寄ってスリリングなのが作れたんじゃないかと思いました。

サラの鍵(2010年製作の映画)

4.0

幼い弟が壁の中でって気が気でなく、決死の覚悟で救出しに行く健気さに胸が締め付けられます。酷い歴史の断片は現在にも当然繋がっていることを痛感させられますね。なんか永遠の0に構成が似てるね。

シリアスマン(2009年製作の映画)

3.3

本編は他人から見るとどうでもいいようなトラブルが続き、ラスト盛り上がってきたと思ったら終わっちゃう変な映画。歯の裏の文字とかよく分からない。ジャケットの屋根から見下ろすものは、何なのか。やっぱりどうで>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.9

電話と潜入捜査官を分けるとか流石にバレるだろう。そこでのアダムドライバーのどっしりとした神経の太い演技が良かったね。プラスチック爆弾のところで、全て丸く収まりをつけた感じ。

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017年製作の映画)

3.4

浮気癖が引き金になってるのかね。性欲の強い描写が多々あります。たいしたことないのに偉そうにできる人ってすごいね。ラストは腹上死みたいに天に召される神々しさがあります。

ある女流作家の罪と罰(2018年製作の映画)

3.5

やったもん勝ちの精神でも、普通倫理観からやれない。効率的な儲けのある犯罪には見えないけど、作家としての承認欲求が有名作家の手紙偽造という手法を続けさせたのかもね。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.9

法律が感情を補完できてないから、離婚、親権問題は不条理になりがち。感情も些細なことでコントロールできなくなるから、要らんこと言っちゃうよね。もう離婚しなくて良いんじゃと思っても、お互いストレスになるか>>続きを読む

ウォール街(1987年製作の映画)

3.3

お父さんとの対比はわかりやすく、私淑するゲッコーの冷徹でスタイリッシュな振る舞いに若者は憧れちゃうよね。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.3

バカのくせしてやることデカいね。イメージした通りにうまく行かないもんだけど、リカバリー力もなさ過ぎて逆に映画になるわ。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

元夫を小説の中の人物に投影させているようだけど、イマイチわかりにくい。小説の中身が胸糞で、そこに元夫の精神性を叩きつけてこられた感じか。

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.6

AIが暴走して人類の脅威になるってもろに使い古された設定。でもその設定自体が面白いからね。人体も太陽電池もシュワシュワと修復してしまったり、飛躍しまくりの現象とか理屈抜きで観てるとたのしいね。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.0

ペニーの魅力がこの映画を最後まで観る気力になりました。

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

2.9

同情心があるかないかで味わいが変わってきてしまう。とにかくこの監督のは眠くなっちゃうよね。

遥か群衆を離れて(2015年製作の映画)

3.2

3タイプの男が出てきますが、一番モテないのはお金持ち一途男、一番モテるのは兵隊さん。ガブリエルは真面目だけど仕事ができなそうなので、一旦様子見されちゃうタイプ。結婚が重い意味があった時代、消去法でそこ>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

こういう非常事態には頭のネジを外せてしまうモチベータータイプの指導者が必要なのかもね。ランチに酒を呑むのが鍛錬と言い切れるならず者気質が、この時代にはあってたね。逆に平常時は当たり障りのない指導者が適>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

アロハシャツ似合うね。ラスト20分のボコボコシーンのための前ブリが長いけど、火炎放射器でカリッカリにしてる所に感銘を受けました。あと顔面に犬エサの缶ぶん投げんのも。

スイミング・プール(2003年製作の映画)

3.4

南仏のバカンス、若い女、プール、これだけで絵になるからすごいね。内容はちょっと何言ってるかわからないです。

キーピング・ルーム(2014年製作の映画)

3.2

アライグマに足噛まれて生死をさまようなんてドジっ子だね。ちょっとパニックルームに似てるけど、北軍兵の思いつきの強姦が動機だから、呆気なく決着がついてしまう。ラストはわちゃわちゃしてだけど何してたの。

デビル(2011年製作の映画)

3.7

定期的にライトが消えると次々に乗員が殺されていくってすごい恐怖心を煽られる。刑事の存在もラストをよく締めくくってたね。

ブラザーズ・グリム(2005年製作の映画)

3.6

馬が少女を飲み込むシーン、森を豪快に燃やすけど、吹き消されるシーンが印象的。

カイジ 動物世界/動物世界(2018年製作の映画)

3.6

極限状態での人間性をよく表してると思う。裏切るヤツはホントにつまらない所で裏切るからね。マイケルダグラス出ているのは意外。

ラバーボーイ(2014年製作の映画)

3.3

サウナ閉じ込めはいいけど、他がパッとしないよね。もっといいアイテムあったから、ビリヤードのキューも微妙な使い方。ファイナルデスティネーションは秀逸だったんな。

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.3

幼い子供だから成立する構成。子役がピュアで拙い感じが大人たちの誤解や勘違いを生んでいてホントに騙された。母親とおばぁちゃんの話は泣けるね。そして大どんでん返し、よくできてます。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.9

奥さんのプライドを取り戻すというモチベーションも純粋で応援したくなるよね。
モノづくり起業の要所を偶然つかんでいた。5億人という市場にニッチな商品の開発、事業資金を調達して、しまいには追加融資を申し込
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.4

デニーロ若いけど若くない。個人的にベビーカー葛藤と屋上射殺せず突き落としが見せ場です。

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

4.1

ゴージャスな視覚的インパクトがすごい。すべてをかけると大抵失敗するから、そして失敗した後は悲惨だよね。Greatを付け加えるラストは理想像を壊したくない作者の思いが伝わってきた。とにかくドラマチックな>>続きを読む

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

3.7

ヒヨスがそこらへんに自生してるって結構やばいんじゃないか。今回もどんよりとした重苦しい天気にマッチしたクソ動機でした。前三作品に比べて印象に残るシーンは少なかったな。

>|