Rioさんの映画レビュー・感想・評価

Rio

Rio

映画(36)
ドラマ(0)

ロブスター(2015年製作の映画)

3.6

まるでモダンアートのような作品でありこの映画を観た後、私の頭は混乱に陥った。
自分が感じたことが正しいのか、作り手が伝えたかったのは他のことなのか。

しかしながらブラックユーモアと皮肉が効いた奇妙で
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

Queen の結成から描いた映画であり、音楽やライブのシーンが圧巻ということで見てきた。

実際のQUEENがどうであったのかということは横に置いておいて、この映画を見て感じたことを書きたい。

想像
>>続きを読む

Love Comes to the Executioner(原題)(2006年製作の映画)

2.8

レビューの通りジェレミーの歌、最高に良かった。
あとChickくんのお腹のタトゥーが面白すぎて、というかChickくんのタトゥー全体的に面白い。
彼女寝取られてるのに、それを牢屋から鏡でのぞいてるのと
>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

この映画好きな方はあまり読まないでください。
私好みではなかったのか、ものすごく不完全燃焼だったため辛口です。




FBIの人にもう少し生きてて欲しかったというか、謎を解き明かして欲しかった。
>>続きを読む

Monkey Love(原題)(2002年製作の映画)

2.2

若い頃のレナーがかわいかったのですべてよし

釣りをしてるシーンの衣装に穴が開いていたのがとても気になる。
釣り針でも引っ掛けたのか、、、?

英語で見るしかないけれど、特に内容もなさそうなので問題な
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

バレエのくるみ割り人形が好きだったら絶対オススメしないです。

幼い頃から毎年クリスマス頃にくるみ割り人形のバレエ公演を観に連れて行ってもらった。
とても好きな作品の実写映画化ということで本当に楽しみ
>>続きを読む

サラ、いつわりの祈り(2004年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

内容が飲み込めてないので、追って感想書き直すかもしれないけれど、目が点になって終わった。

たぶん薬による幻覚とかそういう表現だろうなと言うところに全く頭がついていかない。
環境のめまぐるしい変化にも
>>続きを読む

ネオ・ネッド(原題)(2005年製作の映画)

4.6

本当に素晴らしい映画

海外DVDを取り寄せてリージョンフリーのプレイヤーを購入し視聴。(これで海外DVDこれからいくらでもみれる)

英語力がゴミのような私でも素晴らしいと感じる映画だったので、分か
>>続きを読む

ジェレミー・レナー 逆転のメソッド(2009年製作の映画)

3.2

ジャケット詐欺、主演詐欺、スーツ詐欺って言うレビューをたくさん見たので、逆にものすごく気になった。

期待しないで見たら結構面白かったし、ジェレミーレナー主役ではなくても、メインキャストではあったので
>>続きを読む

カジノ・ハウス(2017年製作の映画)

2.9

超絶くだらなかった笑

前半部の面白みが欠けてる気がするけど、笑いの好みの関係もあるかなとは思う。

血の量がやばい、面白い
ぶっ飛びすぎ

ザ、アメリカのコメディって感じで好き

ニュースのシーンの
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.2

ジェレミーレナーのアクションと笑い声を堪能できる。
とはいえ骨折はしてたけど、、、

めちゃくちゃ面白かった。
鬼ごっこするだけなのに壮絶な罠を仕掛けてくるジェリーすごすぎる。
それに負けず、鬼ごっこ
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

生まれ育った街、環境のシガラミから抜け出せずにいるダグがどうにかそこから抜け出そうとするお話。

強盗犯達が犯人でありながら、その人達に感情移入してしまう。

ジェムくんは血の気が多くすぐ問題を引き起
>>続きを読む

エヴァの告白(2013年製作の映画)

4.0

鬱々と淡々にでも美しく進んでいく。

酒場の喧騒も劇場の喧騒も全て心に膜が張ったような、エヴァ自身がいる世界であるのにエヴァの心から遠い世界であるように感じる。
ただ流され荒波に揉まれ、でもなおその現
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

〈最後の方にエンドロール後の話があるので特に注意〉
最高に面白い映画だった。

ちょうど良いコメディと、ちょうど良いアクション。
テンポも良く感じた。
自由自在にサイズを変えられると思っていたが調整器
>>続きを読む

プリズナー(2007年製作の映画)

3.3

死刑囚と被害者遺族の話。

キリスト教の救いより、神の赦しより、遺族の赦しが必要ということだろうか。

修復的司法を題材にしこれによって再犯率が下がるということだが死刑囚で描いてしまってはそれが伝わら
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.4

導入部分が長すぎるように感じた。

もう少しモンスターと戦うトムヒの姿、キングコングとの共闘する姿が観れると思っていた。

ほとんどRUNしてるイメージ。
ジュラシックパーク的な

とはいえ導入部分以
>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.3

美しかった、ただただ美しかった。
お耽美な感じ。
世界観に溺れる。

メッセージ性とかは何度か見ないと分からない気がしたので、現時点での感想は以上。

28週後...(2007年製作の映画)

3.2

もともとゾンビものは好まないものが多いので、、、ジェレミーレナー目当てで鑑賞。


子供達と家族に対してイライラしてしまう。
自分たちのせいでこうなってしまったとかもう少し反省だったりが見えれば良いの
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

2.3

アクションとかイーグルダイブとかはめちゃくちゃ興奮した。
アクションと映像を見る映画。

話を盛り込みすぎ、欲張りすぎ。
ゲームは本当に少々やっている程度だったので分かりづらかった。

でもアクション
>>続きを読む

ジェフリー・ダーマー(2002年製作の映画)

3.7

ジェフリーダーマーについて予備知識が必要な映画だと感じた。
現在の視点からジェフリーが過去について思い出す描写がとても多いため現在と過去の反復を繰り返して話が進んでいく。

予備知識なしで1度鑑賞。
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.5

ゴースト系ホラーが苦手ながらずっと気になっていた作品。
面白そうと思いつつもゴーストかと思い避けていたが、勇気を出して鑑賞。

1度目鑑賞。
ゴーストが怖すぎてきちんと見れない。

怖いのがマジで苦手
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

最高の気分を味合わせてくれる映画。

この世界では14年前から時が止まったままだったんだと感じ、懐かしさと嬉しさがこみ上げてきた。
2004年のMr.インクレディブルのあの時で、、、


映像は綺麗だ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

初っ端からローガンをネタにしてきて、心にダメージを受けた。
ウルヴァリンを殺したスタジオのことは本当に許していない。

でも最後にウルヴァリンが出てきたことが最高に嬉しかったのでプラマイゼロである。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

心地よいジャズ音楽と切ない恋物語。
カラフルな衣装とテンポの良いジャズ音楽とダンスに魅力を感じる。


人によって捉え方が変わるエンディング。

私はセブだけではなく、ミアからも2人で共に歩んでいたで
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

Dr.strangeが大活躍だったので大満足。
未来を見ることのできる彼からは最後すら余裕を感じた。
シリアスなストーリー展開の中、笑いの要素が至る所に散りばめられていて緩やかな緊張感で楽しむことがで
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

4.2

頭を空っぽにしてみる映画。
クセになる。
見終わって20分くらいするとまた見たくなる。

起こった出来事に対して何故なのか理由を求める人には向かない映画。
ハンセルはズボンを脱がないでパンツ脱げるし、
>>続きを読む

僕が星になるまえに(2010年製作の映画)

3.8

個人的にとても好きな映画だった。

末期ガンを宣告された主人公の本当の願いについて、私自身同じ立場に置かれた時同じように考えるだろうと思いとても共感してしまった。
また逆の立場だと考えても、本人が望む
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

テンポが良くミュージカルとしてとても良い作品だった。

歌を歌えば問題が解決するというテンポの良さがミュージカルの醍醐味。
まさに爽快感のあるミュージカルである。

PTバーナムが実際にどんな人物であ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

やはりジュラシックシリーズでは、人工的なパークではあるものあの島の広大な自然の中で悠々と暮らす恐竜の姿を見たいと感じた。
その中で起こる問題、逃げ場のない恐怖とハラハラドキドキするような感覚を味わいた
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

自然の脅威とそこに気丈に生きる人間。そして相反する人間の浅ましさと弱さ。最終的に自然が全ての運命を飲み込んでいく様。何より後悔を背負い、その痛みを受け止め前に進んでいく父の強さを感じた。

本作で扱わ
>>続きを読む