ポーリニアンさんの映画レビュー・感想・評価

ポーリニアン

ポーリニアン

映画(473)
ドラマ(0)

ジョエル=ピーター・ウィトキン 消し去れぬ映像(1993年製作の映画)

4.5

中身というよりウィトキンの芸術家としての姿勢や態度がすごく良かったです。

さすらいの二人(1974年製作の映画)

4.5

かなり面白かった。『夜』や『赤い砂漠』の気だるくてバカバカしいかんじみたいなのはなかったが(それが好きだったんだけど)これはこれで良かったです。
あと邦題がすごい良いと思いました。

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

4.8

リンチまじで好き〜💕 それにしてもウケる。あの聖歌みたいな歌好き。

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

4.0

この手の話にしては全く陳腐な感じはしなかったし、すごく爽やかな感じだと思いました。
ただ鼻血が出るほどは感動しませんでした。特に、特攻隊の人がちょっとどうかと思いました。突っ込む直前に「バンザイ」の代
>>続きを読む

イタリアにおける闘争(1970年製作の映画)

3.3

何か観たら元気が出て面白い映画を観たい!って思ったのにこれは酷すぎる。
時間を返せ!😡
映画に限らず芸術は観ていて明るい気分になるものじゃなきゃダメだと確信した!
暗くて重苦しいものに、未来はない。(
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

4.0

基本的に姉妹のネチネチした関係に終始していて、あまり広がりが感じられず面白くなかった。脱出劇も別にハラハラしない。
ただ最後の海辺のシーンは良かった。やっぱり、映画には海や山などの自然の風土が映ってた
>>続きを読む

人情紙風船(1937年製作の映画)

4.8

シンザが漢っぷりですごい😄
ウンノさんの虚無やばい😅
しかし『百萬両の壺』とはあまりにテイストが違うので、驚きました。私は『百萬両の壺』の方が断然なくらいに好きですが😃

レネットとミラベル/四つの冒険(1986年製作の映画)

5.0

最高最高最高!!超好き!!鼻血出るくらい好き!!!
ミラベルがほんとに素晴らしい美しい女性でやばい!!

ロング・グッドバイ(1973年製作の映画)

5.0

このクールさと馬鹿っぽさがシニカルに結合してる感じ、最高に好きです😊

階級関係 -カフカ「アメリカ」より-(1984年製作の映画)

4.7

あんまりカフカ的だとは思わなかったけど、そういうの関係なく良かったです(会話の部分はどうしても眠くなる)。
私が「カフカ的」だと思う映画は例えば、『第三の男』の前半部分や、リンチの『インランド・エンパ
>>続きを読む

乱れる(1964年製作の映画)

5.0

この加山雄三みたいなキャラクターは大っ嫌いだが有無を言わさない映画であることは間違いない!😎

赤い靴(1948年製作の映画)

4.6

まさかこのままあのバレエのシーンがずっと終わりまで続くのかと思ってそしたらこれはほんとにすごい映画だと思って興奮してもしほんとにそうなってたら俺はきっとすごい感動したと思うけどでもそうはならずでもそう>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

4.8

途中ちょっと退屈したけど、やっぱりこれは映画は最高だったーー😄

>|