剛毛さんの映画レビュー・感想・評価

剛毛

剛毛

  • List view
  • Grid view

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.0

ゲームはやった事ないです。だから世界観はよく分かりません。
あんな怪獣みたいなのに機関銃とか、効くわけないでしょう。

インベイド(2020年製作の映画)

3.2

映像は悪くない!スターウォーズっぽい。
これの前があるのを知らずにレンタル。いきなりドンパチは、前作があってこそか。
続くのね。何一つ解決してないし。

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実(2019年製作の映画)

3.8

調査を命じられた主人公は、初めは面倒臭い仕事だと思った。
段々当時の事が分かり、どうして勲章にこだわるのかも理解。
ラストは泣けた。

アウトポスト(2020年製作の映画)

3.8

あんな場所に基地かよ!毎日怖くて眠れないぞ。

クライシス(2021年製作の映画)

3.4

3つの話、最後までほぼ別々のまま。どこかで合流すると思ったのに。

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.7

ブリッジ封鎖はあまり目立たなかった。
解決が早いと思ったら、もうちょっと。ここからJKシモンズが出てる意義が。あの相棒も、そういう事か。

名も無き世界のエンドロール(2021年製作の映画)

3.6

岩ちゃんは新田真剣佑と共演。この前までドラマで弟と共演してたな。
仲間3人は同級生には見えない。
謳い文句のラスト20分、そうするか!とは思った。長くないし、結構面白かった。

天外者(2020年製作の映画)

3.6

大河ドラマで「青天を衝け」をやっている。同時進行でこういうドラマがあったわけだ
本当は2時間では収まらない位濃密な話だ。

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.7

主役クラスの三浦春馬や松山ケンイチを脇役にしてる。歴史上はメインキャストだが。
剣道が死んだ時点で、よく映る体育系部員には死亡フラグが立ったよね。
原作を多少知ってる者からすると、だいぶ端折ってるけど
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.6

小さい時観たトムとジェリーは、人間は足しか見えなかったのに。
久々に観た。おなじみのドタバタだ。相変わらず、トムの悲鳴が好き。
キック・アスの娘、大きくなったなぁ。

シティーコップ 余命30日?!のヒーロー(2020年製作の映画)

3.7

「シティーハンター」が面白かったので、同じスタッフが製作したこれも期待した。
ひたすらギャグ。スベりは少なく、おそらく観ている間ずっとニヤけていた。

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

3.4

ラブホの客に纏わる話で、ラブホ側の人達にも話。
心中するとは。
従業員、最初森三中の大島かと思った。

ロックダウン(2021年製作の映画)

3.4

日本はここまで制限されてないけど、基本外出禁止となると、色々溜まってしまって吐き出したくなるでしょう。元々危うかっただろうし。
前半はそういうリアルな所、悪くなかった。後半は予想外の展開でしたね。結末
>>続きを読む

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.5

タイトルの意味が、最後でようやく。
一連の事件の犯人は誰?実はデンゼル・ワシントンが色々やらかしている、って事は分かったが。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.6

事前の情報は無しで鑑賞。
タイトルとか前半の雰囲気で、楽しい作品だと思った。
ところが後半はガラリと変わった。えー❗️

望み(2020年製作の映画)

3.9

どう転んでもハッピーエンドではなかった。
親としては、どんな形であれ生きていて欲しいだろう。
まだ確定してないのに、中傷や周囲の眼は酷い。落書きなんか、先に犯罪やってるやん。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.6

松坂桃李がちゃんとオタクに見えるのは、流石だと思う。
ただのアイドルオタクの話ではない。後半はしんみりする。

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

脚本が野木亜紀子。ヒットドラマを多数書いている。原作があるけど、面白いのは間違い無い。
私49歳。モチーフがあの事件だというのは、感慨深い。

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.7

ノーマンは「青天を衝け」で慶喜の弟をやってた子か。
北川景子が悪役とは。原作はほとんど知らないが、良いんじゃないか。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.8

流行りに乗って、これまでの話はアマプラで観ていた。漫画は読んでない。
煉獄さんは長くない登場シーンで、強烈な爪痕!
禰󠄀豆子はあまり出てこなかった。

REVENGE リベンジ 鮮血の処刑人(2020年製作の映画)

3.0

夫を殺されたとはいえ、やり過ぎとも思える。敵が弱過ぎとも思える。

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.7

次から次へと、罵倒の言葉。
あれだけ言われても、やろうとするし。
やらせないけど、出て行かない。ツンデレみたいなものか。

カポネ(2020年製作の映画)

3.3

当方49歳。この作品のカポネと同年代。
梅毒って分からないが、ここまでなってしまうのか。完全にお爺ちゃんじゃん。

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.6

おばあちゃんがいい。頼れるし、なんとなく可愛い。中の人は割と若いと思うが。
ネズミのままなのか。もう恐るものはないから、それなりに楽しいかもしれない。

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

3.2

豪華な出演者で、予告とか面白そうだった。思ったほどではなかった。
西島秀俊に傷があるけど、話の筋には関係無い。管理官は同期ってだけ。
あの主婦はただ巻き込まれただけじゃない、とは思ったけど、なんだかな
>>続きを読む

トランス・フューチャー(2020年製作の映画)

3.6

タイムトラベルを扱った作品の中では、分かりやすい方だ。結構面白かった。
たしかに、前に観たアレやアレに似ている。

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

3.6

キアヌのコメディって、観た記憶がない。何となくぎこちない。そういうキャラなんだろうけど。
何でもありのコメディ。

浅田家!(2020年製作の映画)

4.2

前半の家族写真は笑えた。
後半の写真返却は泣けた。お父さんの写真が見つからないのは、ずっと向こう側にいたから。

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

3.0

やたら豪華な出演者に釣られてレンタル。
よく分からんかった。

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.0

この前の「今日から俺は」もだが、映画という感じがあまりしない。
ドラマのスペシャル版もしくは長いコントみたいだ。撮影現場は楽しいだろうが。

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

3.8

イーサン・ホークが演じるラース、ヅラを被って犯行。
グンナー役のマーク・ストロング、ヅラを被って演じる。
警察の方が悪人に思えた。

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.8

横浜流星はすごいね。これみたいな繊細なのもできる。作品によっていろんなキャラをやってる。アクションもできるし。
吉高由里子もすごいね。

>|