yさんの映画レビュー・感想・評価

y

y

映画(412)
ドラマ(52)

ペット2(2019年製作の映画)

-

かわゆい

やっぱり動物系のやつは
ほっこりする♡

弟ができた感覚なのか
親になった感覚なのか
全力で守ってくれるよね🐶
マックスは過保護すぎやけど。


ペット達が何を考えて生活してるのかわかった
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

-


南米のディカプリオ


そのキャッチフレーズが目に飛び込んだ瞬間
見にいくと決めていた

くそイケメン
あのクチビルさわりてーー笑笑


南米っぽい色使いがステキ🇦🇷


うまれながらのドロボーさん
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

-

美しい


最後の落ち葉がブファーーって
スキ

168分もなかったと思うくらい
のめり込んで見てしまった


男と女とか友だけでは表せれない関係


やっぱりフランス語が心地よい

牯嶺街少年殺人事件(1991年製作の映画)

-

これは、

これは、

ながい。



かたい友情と 淡い恋愛感情と

痴情のもつれってやつ!?


....青春の36ページ切り取って人殺しちゃったって感じ


チャンチャン

ロッタちゃん はじめてのおつかい(1993年製作の映画)

-


犯罪級のかわいさ❤️❤️
( 禁断の扉がひらく...かも 笑)


ニヤけがとまらねえ

こんな可愛い反抗期なら

抱きしめたくなる☺︎


バムセが大親友な所も。

北欧の感じが たまらなく ステ
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

-

あーさん のレビュで 目が

目があってしまいました 笑


なんとまあ気持ち悪い
残酷な

と 思いつつも
目が離せない


あんな大きな青い宇宙人
どこかの星で生活してるかと思うと
ワクワクするー
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

もお
これは

ごめんなさい。

いやだ。
あの発表から4年
待ちわびた
期待しすぎた

映像がキレイすぎてムリ。
昔のみたいに無様に走るウッディがすきなんだ。

“ トイストーリー4 ”と言わないで
>>続きを読む

オペラの怪人(1943年製作の映画)

-


大好きな
オペラ座の怪人

こんなにもたくさんあるだなんて
しらなかったよ

2004年のミュージカル映画しか知らなくて


この《オペラの怪人》はエリックがなぜ
オペラ座のオバケ扱いされるようにな
>>続きを読む

若葉のころ(2015年製作の映画)

-


やっとみれた
ずーーとみたかった♡

一言でゆうと
一言で終わらせないけど
台湾映画すき

ポップな
だけど爽やか


17歳の少女の話かと思ったら
お母さんが17歳の時の恋物語

振り向いてくれな
>>続きを読む

ポランスキーの 欲望の館(1972年製作の映画)

-


な、な、な、
なんだこれは

ほんとに
ポランスキー氏の欲望のままに
って感じ

でも原題は What?
邦題つくらんでもよかったんじゃないかと思うくらい、まさしくWhat!!!


もっと激しめの
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

-


いつか

遠いむかし

泣ける映画

で探して....



脱水症状なるかと思うくらい
泣いた
泣かされた
かってに涙がでてきた


純粋無垢な友情
あんなに友達のために行動できるエリックが愛おし
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

-


色の感じがすきー
鮮やかやけど
セピアっぽい所もあり


『しあわせ』って題名なだけに
日曜には森にいき
可愛い子ども と
かわいい妻
優雅なひと時を過ごす家族

子どもたちの演技じゃない
素の感
>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

-


これ....
つらい
辛い と言う 言葉 だけでは 表しきれない


これが実話だなんて

しかも調べたら10分の1以下の内容らしい

もおーどゆこと?
これの10倍以上の苦痛だなんて
胸が苦しい
>>続きを読む

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

-


わろた
最高にいい
ハッピー

80年代感でてるけど
まさかのミレニアム


ワックス脱毛の所はまじで
みてるこっちも痛い。
あれ自前なんかな?
んなわけないか...


日本語がちょいちょいでてく
>>続きを読む

少年と自転車(2011年製作の映画)

-


この少年のヤンチャぶりにはイラッとした。
でもそれは愛に飢えているからなのだろう。

自転車がきっかけで繋がった2人

父親に拒否され車の中でサマンサに抱きしめらた時はジーーーンときた
と同時にサマ
>>続きを読む

FOUJITA(2015年製作の映画)

-


藤田 嗣治

私は全く存じ上げておりませんでした

たまたまこの人の話になり

個性的な髪型に
独特な雰囲気
そしてなによりニャンコ大好き

調べてみると映画にまでなるお方でした

って事で鑑賞
>>続きを読む

私を忘れないで(2014年製作の映画)

-


わたしを
わすれないでーーーー

涙涙涙涙


ド 定番のやつ


わかってても泣かされる
( 今日は観るべきタイミングではなかった... 心が荒んでる日だったようで3滴ほどしか涙でなかった )
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

-


芸術的

独創的

エロティック

だけどエロくない

恋 と 病気 は紙一重

なんかすきー☺︎

おとなの事情(2016年製作の映画)

-

え!

怖い怖い。
マンマミーヤ。

初めから異様な雰囲気
皮肉を込めたジョーク

怖い。


予告を見たときは『めっちゃ面白そうなゲームするやん』
って思ってたけど
絶対あかんやつ!!


コジモは
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

-



奥さんと最期の時を過ごすシーンが好き♡


ハンバーガー屋さんで居心地の悪いメキシカン2人にサラリと放った一言。
のシーンが好き♡

スキな歌をききながら長旅ドライブのシーンも好き♡

パージ(2013年製作の映画)

-

なんだこれは!!!!

キチガイすぎる

絶対こんな世の中になってほしくない...


でも昔々から
『1人だけ殺していいってなったら誰殺す?』
って話を友人としてる私は
もおキチガイの仲間入り☺︎
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

-


前から気になってた作品

友人から『めっちゃ微妙やで』
の一言で観るのをやめた作品


ちょーーーなんやねん なんでやねん
って思う場面ばかり...

ほんとタイミングって大事だね


リリーコリ
>>続きを読む

ミルク(2008年製作の映画)

-


泣いた
心揺さぶられた

この人のおかげて
世界はかわっていったのだろう

ゲイだけではなく
この世界にある全ての差別から救われた人がどれだけいるのだろう


《 希望がないければ人生は生きる価値な
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

-


おもーーい。

キリスト教ってこんなに残酷な宗教なんや。
神が見守ってくれてる 自分を信じ 神を信じて Thanx GOD ハッピー
な感じやと思ってたよ。

同性を好きな気持ちを懺悔したら神
>>続きを読む

メトロで恋して(2004年製作の映画)

-


んんーーーもお♡

この電車での出会いが好き
川沿いで歌って踊ってるのが好き
電車の中でいんじゃんも好き
フランス語ってのがたまらなくいい

こんな恋愛したーい
(心の声がダダ漏れ注意)



展開
>>続きを読む

16歳の合衆国(2002年製作の映画)

-


んーー
よくわからんかった。


なんだかどんより

重いわけではない

1週間 雨の日が続いた時の様な気持ち


“ 心に突き刺さる衝撃の感動作 ”

心に突き刺さるものもなければ
感動でもない
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

-

アメリカの田舎町

路線バスの運転手をしてる

いつもと同じ 変わりない街並み

奥さんは好奇心旺盛

ゆるーい

大きな出来事はないが

充実してる日々

それこそが幸せな日常

また、マーヴィ
>>続きを読む

アルジャーノンに花束を(2006年製作の映画)

-


驚き!!!!!

同一人物やと思われへんくらい
素晴らしい演技




みるみるうちに症状は改善
知能も倍以上に

『わたしの名前はシャルル』
も書けへんかったのに
3ヶ月ちょっとでIQ190まで
>>続きを読む

先に愛した人(2018年製作の映画)

-


『君を愛してるだけなのに』
の言葉がしみた。



息子は毎日ガミガミうるさい母に嫌気。

母は愛人に夫を寝取られ さらに保険金までとられ怒り狂う。

愛人はただ内縁の夫を愛していた。


色んな形
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

-


まさかの【グリーンブック】とはその事だったのか!!!!

そんな物はビリビリに破いてしまえ。
と言いたくなる..

けど当時ではとても大切な物だったのだろう..

胸がいたくなる。


でも

ケン
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

-

ライオンキングの様な始まり☺︎

私も一度でいいから生オーケストラで目覚めてみたい。笑


絵に描いたようなラブストーリー

ステキ



30年前のクイーンズは恐ろしいほどにスラム街
私の知ってるク
>>続きを読む

>|