QvQさんの映画レビュー・感想・評価

QvQ

QvQ

いわゆるミニシアター系を観ることが多い。中でも音楽ものは多いかも〜。

  • List view
  • Grid view

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.7

だいぶ前にこの時代を終えた人間ですが、気持ちがわかるとこも多くて楽しめました。

結局、案外恵まれてる主人公。
それに気づけて良かったねってことではあったけど、話がよく出来ていたので最後まで飽きずに観
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

とりあえずゴジラ映画が好きか嫌いかと言ったら、好き。
庵野バージョンは割と好みではあった。

今回はざっと流した程度に観てしまったので、も一回ちゃんと観る。

しかしいまの日本にこれだけ国を思い、危機
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

真ん中辺でやたらと泣けてきたのは何故だったのか。

サルーが本当に賢い子で、ひとりの子の人生が兎にも角にも悪意に導かれなくて良かったなと思ったのと、
里親のパパママが立派で、偽善的でも過度でもなく子ど
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

最後どういう形で終わらせるのか、救われるのかヒヤヒヤしながら観た。

キスとその後の行為は、心根の優しい者たちがたどり着いた愛の形か。それはたとえ性別を越えたものであっても美しいものだと改めて教えられ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

なるほど。これは良い。
劇場で観るべきだった、と思ってもあとの祭り(^^;

ホントに「セッション」と同じ監督なの?って言うくらい軽やか。でもちゃんと残るものあるし、夢を追う気持ち、音楽や演劇・エンタ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

良いアニメの雰囲気はよく出ていた。ただ、どこか浅い。もっと深い何かを感じたい欲求不満が残る。
かけがえのない忘れたくない人であるなら、もう少しそこに意味づけがあっても良かったのでは?

雰囲気は楽しめ
>>続きを読む

バチカンで逢いましょう(2012年製作の映画)

3.6

破茶滅茶でところどころ支離滅裂。でも、なんか清々しい。
オマに「いいね!」しとこう。

細かいとこ気にしなければ楽しめる。
楽しんで観ようという気持ちが大事。

常識以外の価値観で物ごとを見ることも、
>>続きを読む

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

3.6

偏屈な爺さんが隣人との関わりの中で幸せを見つけていく話はいっぱい観てきたが、まあその中じゃ予定調和的だし、だいたい先も見えるし、取り立てて面白い展開もないしで、ある意味平凡な映画だとは思うんだけど、>>続きを読む

愛する人(2009年製作の映画)

3.8

う〜ん、久しぶりに涙してしまった。何が私の胸を詰まらせたんだろう?

なんか似てる。カレンとエリザベス。そう思っただけでダメだった。
物語とはいえこの結末はなあ、う〜ん…。

子どもを産む、育てる、想
>>続きを読む

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

3.5

結局、夫婦のすきま風の薬はちょっとした刺激、って話かな。

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

3.7

ウム〜、これはレビューするのが難しい…。
ただ泣けましたーというのも違う気がするし、ツッコミどころを指摘するのもヤな感じだし。
とりあえず、印象に残った言葉や場面を胸にとどめて素直に参考にさせていただ
>>続きを読む

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

3.7

イニャリトゥ作品を観るのはこれでたぶん3作目。ハビエル・バルデムは記憶にある中では「海を飛ぶ夢」以来かな。
お正月からこれ観るかという話だけど、イニャリトゥっぽさにハビエル・バルデムがはまっててさすが
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

3.8

予備知識なしで観たため、正直この作品の重みがちゃんとわかってない気はしますが、話自体は重くは全然ないし、逆に運転手に扮してる監督の人柄や姪っ子の少女の賢さを見ていて、イランの人に対して私自身無意識に偏>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.7

体調悪い中無理して観たのでちゃんとした評価が出来てるかわかりませんが、高い感性や志で作られたファッションがアートとして評価されないのはおかしいと思うし、この取り組みに関わってる人々は大変意義のあること>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

正直、観終わった直後は「え?これで終わり?」だった。ただ、カウリスマキ映画は後から後からじんわりくるから、観終わって1時間、何だかやたらとジーンとしてる自分に気がついてなるほどと思う。

まあとにかく
>>続きを読む

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状(2014年製作の映画)

3.5

正直、同じ美術館の舞台裏ドキュメンタリーだったら「みんなのアムステルダム国立美術館へ」の方が面白かった。
ただ、なんでも舞台裏が見れるっていうのはそれなりに興味をそそられるからこの手の作品は嫌いじゃな
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.9

手を繋いで、ずっと一緒に居られる。そんな相手がいるという幸せ。
世界中どこにだってこんな愛しい営みがあることに改めて気付かされる。
韓服がこんなに可愛いと思ったことは今までなかった。

泣けるというよ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

自閉症スペクトラムの主人公が自分を確立していく過程の話。思春期までだが、そこに父母や教師の人生も重ねつつ、それなりに様々な葛藤があって、やはり人生はそれぞれ簡単ではないと思わせて話に厚みをつけている。>>続きを読む

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

3.6

久しぶりのアルモドバル映画。面白くなかったわけじゃないんだけど、若い頃によくこの人の作品を観て感じていたような気持ちにはあまりなれず…。

愛と憎しみは表裏一体、巡り合わせや偶然に翻弄され、あの時こう
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

いやぁ、もう。なんて言うか、いい映画観れた。人の一生はこんな風、ああそうであって欲しい!という映画でした。

観ればわかることだけど、いいことばかりじゃない、どっちかって言ったら辛いことだらけの人生で
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.6

イーサン・ホークにやられる。流れる甘いジャズと合わさって恋をしてしまいそう(^^;

ただ、薬物は嫌だ。そんなものなくったって心湧き立つ音楽は奏でられるはずだ。それがなんか悔しい。

個人的にジャズは
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.5

正直そこまで面白いと思えなかった。やりたいことも空気感もそんなに嫌いじゃないんだけど。
何だろう?何か響かない。そこまでつまんないって訳でもないんだけど…。

悪くはない。それなりにいろんな要素が散ら
>>続きを読む

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

3.7

きっと観るタイミングが良かった。今でも十分未熟過ぎる私だが、10年前の私が観ていたらたぶん哲学的な会話や言葉についていけず、ただの面倒臭さいドキュメンタリーにしか思えなかっただろう。

クラッシック音
>>続きを読む

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.7

う〜ん、どう言ったらいいのか。
とりあえず、見とけて良かったかな…。

自分がその時に尊厳死を選ぶ権利が持てるかも定かではないし、ひとりで生きてるわけでもないので、たとえ権利が持てたとしてもその選択が
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.7

もどかしすぎて、私の性格では彼の優しさは見ていられず…。

フーシ、君はもっと努力の仕方を考えなさい!まず、少し体重を落とし身なりを整えて、もっともっと素敵な出会いに備えなさい!明るい人生を生きなさい
>>続きを読む

ゲート・トゥ・ヘヴン(2003年製作の映画)

3.6

名作でも秀作でもないけど、ドキドキしたりキュンキュンとしたり、なんかいい感じで楽しめる映画でした。

多少、不法入国やら何やら諸々の問題にも触れつつ、夢を見たり人を好きになったりすることの大事さをちゃ
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.6

運命の人と出会いながら素直になれない二人が、愛を育み貫いて、奇跡まで起こすという、女子には堪らんラブストーリーです。

まあ、こういう話も人が愛を信じる気持ちになるためには必要かなとは思うので、ありか
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.9

面白い。14歳くらいの子が考えそうな事が詰まってる。
ミシェルゴンドリーのアーティスティクさは今回控えめか。でもその分、脚本構成の質がいい。
ラストの場面はクスッとなる。

質のいい映画を観れた満足感
>>続きを読む

シアター・プノンペン(2014年製作の映画)

3.8

カンボジアにも映画が根付いていて、悲惨な歴史の中で多くの映画人が粛清によって亡くなり、その事実をまたこうして映画にするものが現れて、私たちに事実を見せてくれる。

映画や音楽や、そういったものが人々に
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.4

前作にも相当な評価を付けていたのに、公開当時金欠で劇場に行けず…。
期待感MAXのまま観始めて、最初はアレアレ?という感じだったのに、最後はやはりこの評価です。相当いい!やっぱりね、笑。

今この手の
>>続きを読む

約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー(2014年製作の映画)

3.7

私程度の知識でも知ってる名前や曲が出て来て、好きな人や詳しい人にはたまらないだろうなと思ったが、映画自体にはあまり工夫もなく、ちょっと退屈な場面もあった。

だけど、記録としてこういう映画はきっと必要
>>続きを読む

ジャニス リトル・ガール・ブルー(2015年製作の映画)

3.8

同様のドキュメンタリーは何時ぞやに見た事があるし、そういう意味では取り立ててどーのってこともなかったけど、だがしかし!やはりジャニスは稀有なシンガーであって、それを思い返すためにきっとこれからもずっと>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

やっと観たー(;_;)良かったーー‼︎(;_;)

劇場でちゃんと観なかったことを後悔していた映画。それでもとにかく早く観たかったけど、そうやって気持ちが募ってしまってから見る映画って、期待が大きくな
>>続きを読む

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.6

自己肯定感の乏しかった人間が全面的に喝采を浴びる。それも自分が一番やりたかったことで。

泣かないわけないよなあ、これは。

とにかくラスト付近の番組場面。喝采を浴びるポール。それまでの運のなさや失敗
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.7

今の時期ちょうどいいんじゃないかな、これ。自分自身、地方出身者として、都会に出てきたってことをもう一回振り返る機会をもらった気がします。
田舎帰って同窓会出たりすると、「自分にもここに残って別の人生過
>>続きを読む

ラスト・タンゴ(2015年製作の映画)

3.8

彼女がタンゴを愛し、タンゴに愛されたのは真実だとして、彼女の本心はやはり女性としての幸せを求めていたのだと思うとそれはそれで切ない。男の言い分もわかるけどさ、やっぱり勝手だよね(^^;
ただ、一人の人
>>続きを読む

>|