yaekoさんの映画レビュー・感想・評価

yaeko

yaeko

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

3.9


病気と付き合っていくしかないと認めるまで、どれだけの苦労と後悔と涙と向き合ってきたのだろう。

なりたくてなった訳じゃないのに、
大好きな人に迷惑をかけたくなんかないのに、
普通の人が、普通にできる
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.8


どうして、この世界が気になったの?
この世界は、愛せそう?

いつかは明るさに出会えるかと思って観続けたけれど、
ウニが生きる世界が孤独で過酷で、彼女の立場を言葉に表したら、とても辛いだろうなって思
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


想像でしかないけれど、なにかの瞬間に、なにかの拍子に、今まで縁遠いと思っていた、知らなかった感情に出会うことも、人生ではあるんだろうな。

葛藤とか戸惑いとか、どうしようもない愛おしさとか、そういう
>>続きを読む

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

4.3


ああ、そういえば、って、そんなことあったなって、本当にちょっと思い出しただけだった。
一間のうたた寝みたいに。

意外と何年か前のなんでもない日のことって、覚えてなかったりするんだよね。だけどまるで
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.3


最近、これから大切にしていきたいなって思う言葉に出会うことが多いのだけれど、この映画も仲間入り。

上手く言葉にできない、曖昧でモヤモヤした気持ちでさえも、ちゃんと拾って整えて表してくれているようで
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


覚悟してたけれど、とても重くて苦しくて、息がしづらかった。

出て来る人ひとりひとりが、悲しさとか憤りとか後悔だったり、罪悪感だったり、あるいは責任感とか正義感とか使命感とか、そういったものを象徴し
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.0


やっぱりガイ・リッチーのテンポ感というかスタイリッシュさというか、とても好き〜!最高〜!
ボーッとして観るのとか疲れた時とかに観るのは向いてないかもだけど(慣れるまでめっちゃ巻き戻した)、それでも話
>>続きを読む

さがす(2022年製作の映画)

4.2


『さがす』って、、、そういうことだったのか。
こんなに何重にも掛け合わさっていたのか。
前半と後半で、見えるモノがガラッと変わるし、それこそ楓、山内、原田と三者三様の視点があって、中盤から後半に至っ
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

-


時の流れが速くて、いまいち感情移入できなかった、、、。
多分史実をひとつずつ見せてくれたので、起こったことは分かったのだけれど、なぜ彼がそこまで嫌われたのかとか、イギリス留学の経験の反映の仕方とか、
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

3.9


厳しくも、優しさと暖かさに満ちた、とても深い物語だった。

親元を飛び出し、夢見た新しい世界で仕事を学び、恋をして、人生を謳歌するホーマーのその様は瑞々しくて、わたしまで眩しい気持ちになったけれど、
>>続きを読む

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

3.6


予告とか映画紹介でものっっっすごいアクション展開されてて圧倒されたので観てみたんだけれど、
謎解き?のところとかその後の戦い?とかは逆に、妙にいやいやいや、、、って冷静になってしまい、ロートーンのま
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.6


初めてタイトルを見た時、それがとてもうるさいものを示していて、どちらかというと避けたいものだったから、正直敬遠してた。

なのに実際観てみたら、わたしが体感したのは静寂だった。
この映画に、聞こえる
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿2(2022年製作の映画)

4.2


ねええ、2作目やってくれるなんて嬉しすぎて!知った時どれだけテンション上がったか!
その興奮冷めやらぬまま観たけれど、前作よりも本格化しててボリュームアップしてて、めっっっちゃ良かった!です!

>>続きを読む

グッド・ナース(2022年製作の映画)

3.7


エディ目当てで観たけれど、彼がこういう役をやるのは、正直ちょっとショックだったな、、、
ファンタビシリーズとか『イントゥ・ザ・スカイ』とか、彼には夢見る好青年がとても良く似合っていたから、いや、さす
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.3


どことなく奇怪で、神秘的で、寂しくて、怖ささえもあって、
そんなダークファンタジックな物語、わりと好きです。
前に観た『マーメイド・イン・パリ』をふと思い出した。
深夜に観たからかより雰囲気が出て、
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.6


おもしろかったけれど、うん、長かったな、、、
そして設定に惹かれて観たけれど、お話としてはあんまり新鮮さはなくて、でもトム・クルーズのアクションはやっぱり安定感がすごかった。安心して観ていられるよね
>>続きを読む

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

3.9


難アリな人ばっかり出てくるけれど、根っこはみんな可愛いくて素直な子たちが店員さんを勤める、エンパイアレコード。
多分面食らうだろうなって事前に踏まえた上で、彼らに1回接客されて、イチオシの曲とかオス
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます


ハッピーエンド至上主義な訳では決してないんだけれど、心の奥ではどこかでまだそれを夢見ているわたしがいて、
けれどこれはきっと、その通りの結末だったらこんなに胸に溶け込むように、切ないけれど暖かいみた
>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

3.8


一見青春エモい系映画なんだけれど、実はなかなかに抉られる。
ジャケットにあるー佐々木、青春に似た男ーっていうこれがもう全てで答え。
佐々木に会ったことがあると思う人は、きっとわたしだけではないはず。
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.0


ほぼ3時間もあるこの映画を、まさか1日で観終えるとは思わなかった。
それくらい、長尺なのにそれを忘れるくらい、例えば山に降った雪が長い時間かけて地層に濾過されて綺麗な水になるような、深い時間を過ごせ
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.7


ドランの映画ってどうしてか、ヒリヒリするような胸騒ぎや、ジリジリするような痛みさえあるのに、目を背けられないから不思議。

親の何もかもが目に付いて、気に障って、
自分が正しく見えて、
嫌だよね、嘘
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8


好きな雰囲気ぃ〜と思ったら、マーク・ウェブさん!
やっぱりな〜お洒落だもんな〜!

わたしもその界隈の方々と堂々と、偶にはジョークも交えた会話を楽しめるくらい知識や感性を豊かにして、ニューヨークの街
>>続きを読む

おろかもの(2019年製作の映画)

3.7


なぜか心のちょうどいい場所にふわっと収まるような、とても不思議な空気感があるお話で、良い心地で観られた。

だって、妹と、兄の浮気相手との関係なんて、普通はポジティブなものになる訳ないのに、
どうし
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.7


”想像力の支払う代償は恐怖だ。”

レクター博士3部作、なんとか完走。
まさかの続編があるということを知って勢いと成り行きで観始めたけれど、いやもうとてもとても疲れたし削られた、、、
わたし、ミステ
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.6


しまった、こっちだったか。
前作ではそういう話だけどそういうシーン出てこなかったから、観られるな、良かったなって思ってたのに、続編のこっちの後ろの方にとんでもないの出てきた。
まじで無理無理無理無理
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0


名作と評判に聞く作品だけれど、同じくらい怖さがわたしの中であって、手を出せずにいたんだけれど、もう勢いで観た。

ねえ、、、レクター博士ってアンソニー・ホプキンスだったの?知らなかった、、、
気にな
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.6


『クリミナル・マインド』にも登場した未解決事件を扱った本作、尺が長くて躊躇してたんだけれど、この度やっと、、、観られました。
こんな謎が謎を呼ぶような、渾沌とした事件だったのか。

冒頭の、不吉なこ
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.6


作り手さんたちの思惑通りに、最初からガッツリ誘導されてしまったであろうわたし。
だからその分、種明かしの時はなかなかに良い爽快感を味わえたよ。この、全部のピースが繋がる瞬間って何回味わってもたまらん
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.8


いやもうこのジャケットさ、ホラー丸出しなんよ。
だからあらすじ読みもせずスルーしてたんだけれど、面白いと聞いて勢いでみて観たら、うん、めっちゃおもしろかったです、、、。
観れて良かった!

なのでこ
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


ちょっと捻くれた女子の遅めの青春系ムービーかと思ったら。
全然、結構、辛かったししんどかった。
完全に身に覚えなくはないような、いや、そんなことないような。なんだろう?、この感じ。

清浦がどういう
>>続きを読む

そらのレストラン(2019年製作の映画)

3.5


北海道の広大な大地のように、のんびりとした優しいお話。
海の見える牧場、なんて美しくて癒されるロケーションなの、、、。
そしてやっぱり食べ物がどれも美味しそう!
レストランのメニューがもれなく美味し
>>続きを読む

雨を告げる漂流団地(2022年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます


団地が漂流するなんておもしろい!しかも『ペンギン・ハイウェイ』の監督さんだ!と思って観てたんだけれども、
子ども達にとって過酷だろうなってシーンが多くて、場面もあんまり変わり映えしないので長く感じて
>>続きを読む

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

3.9


インドのお弁当事情。
中国に次ぐ人口の多さを誇るインドのお弁当宅配システム、シンプルにえっ、すご!ってなった。
日本だと、お弁当は朝家出る時に持って行くものっていうイメージで固定化してるせいか、弁当
>>続きを読む

HOMESTAY(2022年製作の映画)

3.8


これ、たしか小学生くらいの頃に、原作読んだことあるんだけれど、なんとなく怖い話だって記憶してて、
死について触れている作品でもあるから、その時は多分子ども心に、なんとも言えない不安感とか、悲しさとか
>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.6


ダコタ・ジョンソン、相変わらずめっちゃ可愛いくてスタイル美しくて、なに食べたらあんな風になれるの?
子どもの頃夢見たお洒落な大人の女性って感じ、、、いや、同世代から見ても全然憧れちゃうね。はぁ(溜め
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


パチンと鳴る暖炉の火、遠くにさざめく波、デッサンの時の擦れる音、あとはただ、彼女たちの話す声だけ。

とても静かな映画だけに、お祭りの時の女性たちの歌と、ラストのオーケストラがとても際立ってる。
>>続きを読む

>|